ビッド・マクフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビッド・マクフィー
Bid McPhee
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
生年月日 1859年11月1日
没年月日 1943年1月3日(満83歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
152 lb =約68.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1882年
初出場 1882年5月2日
最終出場 1899年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2000年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ビッド・マクフィー(John Alexander "Bid" McPhee, 1859年11月1日 - 1943年1月3日)は、19世紀に活躍したアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは二塁手ニューヨーク州メセナ生まれ。右投げ右打ち。"Bid (Biddy)"はニックネーム(「ひよっ子」の意)。高い守備能力を誇った二塁手でありながら、1895年までグラブをつけず、素手でプレーしていた。

経歴[編集]

1882年、22歳の時に当時アメリカン・アソシエーションに加盟したシンシナティ・レッドストッキングスと契約。同年レッズはリーグを制覇し、彼は正二塁手の座を射止める。契約当初から守備の上手さを買われており、既にグラブを使ってプレーしていた選手もいる中で、リーグ最高の守備率を何度もマークし(当時まだ素手で守っていたマクフィーの守備率は.920から.940もあった)、また併殺の数はデビューから1890年まで9年連続でリーグ最多だった。マクフィーがはじめてグラブをはめてプレーしたのは引退の3年前、1896年のことである。

打撃面ではレッズの先頭打者をつとめ、100得点以上を挙げたシーズンが10度に及ぶ。また1887年には95盗塁をマークしたのを最高に、1880年代後半は毎年50盗塁以上をきめていた。1899年に選手を引退。通算2250安打は、引退当時二塁手としての最多安打記録でもあった。

現役引退後、1901年と1902年にはレッズの監督をつとめ、その後スカウトなどでずっとレッズと関わっていた。球界を退いた後カリフォルニア州に移り、1943年にサンディエゴで死去。ベテランズ委員会がアメリカ野球殿堂入り選手に選出したのは、引退から100年以上過ぎた2000年のことである。また2年後の2002年には、レッズの球団殿堂入り選手にもなっている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"(+)"は、記録不明の箇所があることを示す。

































O
P
S
2135 8291 2250 303 188 53 1678 1067 568(+) 229(+) 981 87(+) 56(+) .271 .355 .372 .727

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最多本塁打:1回(1886年)
  • 二塁手最高守備率:8回(1882年、1883年、1885年、1886年、1888年、1889年、1891年、1896年)
  • 併殺数リーグ最多:11回(1882年 - 1890年、1892年、1893年)
  • サイクル安打:1回(1887年8月26日)
  • 7年連続100得点以上(1889年 - 1896年)
  • 三重殺に通算9度かかわっており、これは二塁手としてメジャーリーグ最多である。

監督としての戦績[編集]

特筆・エピソード[編集]

  • 野球のグラブはナショナルリーグ創設(1876年)の頃には普及し始めていたが、当時はまだ、グラブをはめるのは男らしくない、という風潮があった。マクフィーは1895年までその使用を否み、自分の手を塩水につけて手の皮を硬くしていたという。

出典・外部リンク[編集]