ビッグレッドマシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビッグレッドマシン(The Big Red Machine)とは、1970年代メジャーリーグにおいて圧倒的強さ、人気を誇ったシンシナティ・レッズの愛称。

1970年から1978年にかけて、名将スパーキー・アンダーソンのもと、史上最高の捕手と言われるジョニー・ベンチ、歴代メジャー屈指の二塁手であるジョー・モーガン、通算379本塁打のトニー・ペレスといった後に殿堂入りする選手、さらに史上最多の通算4256安打のピート・ローズ、本塁打王2回・打点王3回のジョージ・フォスター、90年代最高の5ツールプレイヤーであるケン・グリフィー・ジュニアの父ケン・グリフィー・シニアといったスター選手を揃え、地区優勝6回、リーグ優勝4回、ワールドチャンピオンに2度輝いた。

当時の日本においてもその人気は絶大であり、1978年の日米野球で来日した際には、ベンチが9本塁打を記録するなど、14勝2分け1敗という圧倒的な成績でその強さを証明したが、帰国直後にアンダーソンは監督を解任され、ローズもFA権を取得してフィラデルフィア・フィリーズに移籍した。翌、1979年には、地区優勝を果たすも、1982年にはジョニー・ベンチを除き、その多くはチームを去り、ビッグレッドマシンは「解体」となった。

1976年時の基本オーダー[編集]

打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 ピート・ローズ .323 10 63 9 リーグ最多得点、リーグ最多安打、リーグ最多二塁打
2 ケン・グリフィー .336 6 74 34
3 ジョー・モーガン .320 27 111 60 ナショナルリーグ最優秀選手(2年連続2度目)
ゴールドグラブ賞(二)、リーグ最高出塁率、リーグ最高長打率
4 ジョージ・フォスター .306 29 121 17 打点王
5 トニー・ペレス .260 19 91 10
6 ジョニー・ベンチ .234 16 74 13 ゴールドグラブ賞(捕)
7 シーザー・ジェロニモ .307 2 49 22 ゴールドグラブ賞(中)
8 デーブ・コンセプシオン .281 9 69 21 ゴールドグラブ賞(遊)
9
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
一/左 ダン・ドリーセン .247 7 44 14 77年以降は正一塁手
  1. ピート・ローズは得点・二塁打が3年連続リーグ最多、さらにリーグ最多安打も過去5年経験しており、通算安打歴代1位など数々のメジャー記録を打ち立てた。
  2. ジョー・モーガンは出塁率・長打率・OPSがリーグ最高。背番号「8」は後にレッズの永久欠番となる。
  3. ジョージ・フォスターはこの年から3年連続の打点王、さらにオールスターMVPを受賞した。
  4. トニー・ペレスは後に米国野球殿堂入り。同年、ペレスのつけていた背番号「24」がレッズの永久欠番になった。
  5. ジョニー・ベンチはこの年ワールドシリーズMVPとベーブ・ルース賞を受賞。背番号「5」はレッズの永久欠番となり、1989年には野球殿堂入りを果たす。
  6. デーブ・コンセプシオンの現役時代の背番号「13」が永久欠番になる。

成績[編集]

年度 チーム 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/
チーム数
備考
1970 CIN NL西 36 162 102 60 .630 1 / 6 リーグ優勝 WSBALに1勝4敗で敗退
1971 37 162 79 83 .488 5 / 6  
1972 38 154 95 59 .617 1 / 6 リーグ優勝 WSOAKに3勝4敗で敗退 
1973 39 162 99 63 .611 1 / 6 地区優勝 NLCSNYMに2勝3敗で敗退
1974 40 163 98 64 .605 2 / 6  
1975 41 162 108 54 .667 1 / 6 WS優勝 WSBOSに4勝3敗で勝利
1976 42 162 102 60 .630 1 / 6 WS優勝 WSNYYに4勝0敗で勝利
1977 43 162 88 74 .543 2 / 6  
1978 44 161 92 69 .571 2 / 6 11月にスパーキー・アンダーソン解任

関連項目[編集]