ボブ・ホーサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ボブ・ホーザム
  • ボブ・ホウサム
  • ボブ・ホウザム
  • ボブ・ハウサム

ロバート・リー・ホーサムRobert Lee Howsam, 1918年2月28日 - 2008年2月19日)は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー出身。NFLデンバー・ブロンコスのオーナー、MLBセントルイス・カージナルスシンシナティ・レッズゼネラルマネージャー (GM)を務めた。

経歴[編集]

プロ野球と関わったのは1947年にマイナーリーグのアメリカン・アソシエーションに所属するAAA級デンバー・ベアーズのオーナーとなったところから。1950年代後半、アメリカンリーグナショナルリーグに次ぐ大リーグ「第3のリーグ」として、ロサンゼルス・ドジャースのオーナーであるブランチ・リッキーが「コンチネンタル・リーグ」の創設を提唱すると、ホーサムはその計画に賛同。MLB球団の本拠地にふさわしい球場にすべく、50万ドルをかけて18000人収容の本拠地ベアーズ・スタジアム1969年よりマイル・ハイ・スタジアムと改称)を23000人収容とする拡張を行った。

しかしMLB機構は新リーグ構想を認めず、球団数を増やすことでこれに対応した。デンバーには将来の新球団設立が確約されたとはいえ、結局そのときはチーム創設はならなかった。結果としてホーサムは無駄に球場を拡張したことになり、大きな負債を抱えた。

解決策を模索したホーサムはフットボールに目をつけ、1960年AFL(現在のNFLAFC)設立に参加し、デンバー・ブロンコスを自らの球場に招き入れた。しかしチームの成績は芳しくなく、負債も一向に減らないので、ホーサムはAFLから撤退し、球場も地元自治体に売却した。

そしてホーサムは再び野球界に戻った。しかし、今度はオーナーではなくGMとしてセントルイス・カージナルスシンシナティ・レッズで活躍することになる。特にレッズでの11年間(1967年 - 1977年)は、監督のスパーキー・アンダーソンと共にビッグレッドマシンと呼ばれた強力なチームを作り上げている。

一方、ホーサムが創設したブロンコスも1970年代から成績が上向いてきたため、チケット販売も増加していった。球場はどんどん拡張され、収容人数が70000人を超えるようになった。そして黄金時代は1990年代後半に訪れ、1997年から2年連続でスーパーボウル優勝を果たしている[1]

GM引退後の1993年にはコロラド・ロッキーズがMLBに新規参入し、故郷デンバーにMLB球団ができるという長年の夢が実現する。なお、ホーサムはロッキーズの創設についてもコロラド・ベースボール・コミッションという委員会に属して関わっていた。

2008年2月19日に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 綱島理友「アメリカン・ベースボールの歴史」『綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック』ベースボール・マガジン社、2015年、雑誌 978-4-583-10814-8 、58-59頁。

外部リンク[編集]