サイ・セイモアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイ・セイモアー
Cy Seymour
Cy-seymour.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州オールバニ
生年月日 1872年12月9日
没年月日 (1919-09-20) 1919年9月20日(満46歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手投手
初出場 1896年4月22日
最終出場 1913年7月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

サイ・セイモアー(James Bentley "Cy" Seymour 、 1872年12月9日 - 1919年9月20日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州オールバニ出身のプロ野球選手外野手投手)。左投げ左打ち。

投手部門(最多奪三振)と打撃部門(打率、打点)の両方でリーグ1位を獲得した数少ない選手の一人である。

経歴[編集]

1896年にイースタン・リーグのスプリングフィールド球団からニューヨーク・ジャイアンツに昇格する前は、月1000ドルの報酬でニューヨークのセミプロチームでプレーしていたそうである。1年目は11試合に登板し2勝4敗の成績だった。翌1897年に18勝を記録し、1898年には45試合に登板して25勝19敗の成績を残す。この年の奪三振数239はリーグ最多であったが、与四球数、与死球数、暴投数も同じくリーグ最多という成績を残している。

1901年にジャイアンツからオリオールズ(現ヤンキース)に移った際、たっての希望から外野手へ転向し、今度は打撃の面で活躍するようになった。シンシナティ・レッズに移籍後の1903年には.342の打率を残し、1905年には219安打を記録、打率.377、打点121で首位打者と打点王の二冠を獲得した。1906年シーズン中にジャイアンツに復帰した後は、37歳になる1910年シーズン中までジャイアンツに在籍し、その後イースタンリーグのボルチモアに降格したが、40歳になった1913年ボストン・ブレーブスからメジャーに復帰し39試合に出場している。メジャーリーグ出場はこの年が最後であった。1918年まではマイナーリーグのニューアークなどで投げていたが、次の年の1919年には野球をやめニューヨークの造船所で働いていた。同年結核のため死去。

詳細情報[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1528 5682 1723 229 96 52 737 799 222 32* 354 30 138 .303 .347 .405

投手成績[編集]























防御率
140 123 1029.0 61 6 56 1 584 951 25 655 84 60 430 3.76

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最多奪三振:1回(1898年)
  • リーグ最多与四球:1897-1899年
  • 首位打者:1回(1905年)
  • 最多打点:1回(1905年)
  • 最多安打:1回(1905年)
  • シンシナティ・レッズ球団記録(2007年現在):
  • 通算打率(.332)
  • シーズン打率(.377、1905年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]