1907年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1907年の野球から転送)
移動先: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1907年のできごとを記す。1907年4月11日に開幕し10月12日に全日程を終え、ナショナルリーグシカゴ・カブスが2年連続優勝し、アメリカンリーグデトロイト・タイガースが優勝した。

ワールドシリーズはシカゴ・カブスが4勝1引き分けでデトロイト・タイガースを破りシリーズを制した。

できごと[編集]

  • この年から打点が公表されるようになり、打点王もこの年から始まっている。ただし後年の記録調査から今では1876年からの各年の最多打点者は明らかになっている。
  • デトロイト・タイガースタイ・カッブ がメジャーリーグ3年目で頭角を現し、この年に打率.350で初の首位打者となり以後9年連続して通算12回首位打者に輝く大打者へ第一歩を踏み出した。そして打点119、安打数212もリーグ最多であった。同じチームメイトでランニング・ホームランの記録を持つサム・クロフォードがこの年打率.323、後にメジャーリーグ歴代最多の通算309本の三塁打を打って三塁打王と呼ばれるクロフォードはこの年に得点102で最多得点となり、1910年代までいわゆる「三冠王」は打率・安打数・得点数の部門を制した選手を指していたとすれば(本塁打数はこの時期は注目されていなかった)、カッブとクロフォードで三冠を分け合ったことになる。ただし、この時期の「三冠王」は打率・安打数・打点の部門を制した選手とする別の説があり、その説に従えばこの1907年にカッブは打撃部門の「三冠王」を取ったことになる。しかし公式には2年後の1909年に打率.377、打点107、本塁打9本でカッブは三冠王になった、とされている。
  • シカゴ・カブスは監督兼一塁手フランク・チャンス、二塁手ジョニー・エバース、遊撃手ジョー・ティンカーは併殺トリオと呼ばれ多くの併殺プレーを見せ、さらに忘れられた三塁手ステンフェルトが攻守に活躍して黄金の内野陣と呼ばれ、また投手陣は「スリーフィンガー(三本指)」の愛称で知られるモーデカイ・ブラウンをはじめ、エド・ロイルバックジャック・フィースター、カール・ラングレン、オーバル・オーバーオールといったシーズン防御率1点台の投手を多く抱える投手王国を形成していた。、
  • この年のワールドシリーズは、前年にホワイトソックスに苦杯をなめたカブスだったが、第1戦の引き分けの後に4連勝して、しかもその4勝がジャック・フィースターエド・ロイルバック、オーバル・オーバーオール、そしてモーデカイ・ブラウンとそれぞれ先発投手が1勝して豊富な投手陣のカブスが圧勝した。タイガースはカッブが、5試合で4安打.200、クロフォードが5安打.238で、チーム打率.209と完全に打線は沈黙させられた。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 デトロイト・タイガース 92 58 .613 --
2 フィラデルフィア・アスレチックス 88 57 .607 1.5
3 シカゴ・ホワイトソックス 87 64 .576 5.5
4 クリーブランド・ナップス 85 67 .559 8.0
5 ニューヨーク・ハイランダース 70 78 .473 21.0
6 セントルイス・ブラウンズ 69 83 .454 24.0
7 ボストン・アメリカンズ 59 90 .396 32.5
8 ワシントン・セネタース 49 102 .325 43.5

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・カブス 107 45 .704 --
2 ピッツバーグ・パイレーツ 91 63 .591 17.0
3 フィラデルフィア・フィリーズ 83 64 .565 21.5
4 ニューヨーク・ジャイアンツ 82 71 .536 25.5
5 ブルックリン・スーパーバス 65 83 .439 40.0
6 シンシナティ・レッズ 66 87 .431 41.5
7 ボストン・ドゥーブス 58 90 .392 47.0
8 セントルイス・カージナルス 52 101 .340 55.5

ワールドシリーズ[編集]

  • タイガース 0 - 1 - 4 カブス
10/ 8 – タイガース 3 - 3 カブス
10/ 9 – タイガース 1 - 3 カブス
10/10 – タイガース 1 - 5 カブス
10/11 – カブス 6 - 1 タイガース
10/12 – カブス 2 - 0 タイガース

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 タイ・カッブ (DET) .350
本塁打 ハリー・デービス (PHA) 8
打点 タイ・カッブ (DET) 119
得点 サム・クロフォード (DET) 102
安打 タイ・カッブ (DET) 212
盗塁 タイ・カッブ (DET) 49

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 アディ・ジョス (CLE) 27
ドク・ホワイト (CWS)
敗戦 アル・オース (NYY) 21
バーニー・ペルティ (SLA)
防御率 エド・ウォルシュ (CWS) 1.60
奪三振 ルーブ・ワッデル (PHA) 232
投球回 エド・ウォルシュ (CWS) 422⅓
セーブ ビル・ディニーン (BOS/SLA) 4
トム・ヒューズ (WS1)
エド・ウォルシュ (CWS)

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ホーナス・ワグナー (PIT) .350
本塁打 デーブ・ブレイン (BSN) 10
打点 シェリー・マギー (PHI) 85
得点 スパイク・シャノン (NYG) 104
安打 ジンジャー・ビューモン (BSN) 187
盗塁 ホーナス・ワグナー (PIT) 61

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 クリスティ・マシューソン (NYG) 24
敗戦 ストーニー・マグリン (STL) 25
防御率 ジャック・フィースター (CHC) 1.15
奪三振 クリスティ・マシューソン (NYG) 178
投球回 ストーニー・マグリン (STL) 352⅓
セーブ ジョー・マクギニティ (NYG) 4

出典[編集]

  • 『米大リーグ 輝ける1世紀 ~その歴史とスター選手~』 48-49P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『オールタイム 大リーグ名選手 101人』158-159P参照 「タイ・カッブ」 1997年10月発行 日本スポーツ出版社 
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  上田龍 著 86P参照 2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク[編集]