ヒューイー・ジェニングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒューイー・ジェニングス
Hughie Jennings
Stars players of the Baltimore Orioles2.jpg
ボルチモア・オリオールズ時代(1895年頃)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ピッツトン
生年月日 1869年4月2日
没年月日 1928年2月1日(満58歳没)
身長
体重
5' 8.5" =約174 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
初出場 1891年6月1日
最終出場 1918年9月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1945年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ヒューイー・ジェニングス(Hugh Ambrose "Hughie/Hughey" Jennings, 1869年4月2日 - 1928年2月1日) は、1890年代から1920年代のアメリカメジャーリーグの野球選手、及び監督。選手時代の主なポジションは遊撃手ペンシルベニア州生まれ。右投げ右打ち。

略歴[編集]

1891年に、当時のアメリカン・アソシエーションのルイビル・カーネルズで野球を始める。1894年には当時のボルチモア・オリオールズで、チームメートのジョン・マグローウィリー・キーラーと共にナショナルリーグを3連覇、自身も1896年に209安打、打率.401をマークする。非常にアグレッシブなプレースタイルだったそうで、死球数は1894年から1898年の5年連続でリーグ最多、また1896年の彼の51死球は、2014年現在もメジャーリーグのシーズン最多記録である。

1899年からはブルックリン・スパーバスに所属し、ここでもチームはリーグ2連覇を経験するが、彼自身はシーズンの途中にコーネル大学に入学、法律の勉強をし始める。選手としての実働は1903年までで、1907年からは、後に殿堂入りするタイ・カッブサム・クロフォードを擁するデトロイト・タイガースの選手兼任監督となり、その年から3年連続でタイガースをリーグ制覇に導く。コーチボックスで踊りながら采配を振る姿はユーモラスで、独特の"Ee-Yah"という掛け声が彼のトレードマークになった。選手兼任だったシーズンは12年にも及ぶが、この間実際に試合に出場したのはわずか9試合である。

タイガースを1920年まで指揮した後、1924,1925年には、ジョン・マグロー率いるニューヨーク・ジャイアンツのコーチとなり、監督不在の際指揮をとっていた。1928年結核から髄膜炎を患い、ペンシルベニアにて死去。

1945年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明の箇所があることを示す。

































O
P
S
1286 4904 1527 232 88 18 994 840 359 117* 347 287 119* .311 .390 .406 .796

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]



















1907 DET AL 153 92 58 .613 1位 1試合出場
1908 154 90 63 .588 1位
1909 158 98 54 .645 1位 2試合出場
1910 155 86 68 .558 3位 1試合出場
1911 154 89 65 .578 2位
1912 154 69 84 .451 6位 1試合出場
1913 153 66 87 .431 6位
1914 157 80 73 .523 4位
1915 156 100 54 .649 2位
1916 155 87 67 .565 3位
1917 154 78 75 .510 4位
1918 128 55 71 .437 7位 1試合出場
1919 140 80 60 .571 4位
1920 155 61 93 .396 7位
1924 NYG NL 44 32 12 .727 3位 5月21日7月6日
1925 32 21 11 .656 1位 5月4日6月8日
通算成績 2202 1184 995 .543

出典・外部リンク[編集]