フランク・チャンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランク・チャンス
Frank Chance
Frank Chance.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州フレズノ
生年月日 1876年9月9日
没年月日 1924年10月15日(満48歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
初出場 1898年4月29日
最終出場 1914年4月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

選手歴:

監督歴:

Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1946年
選出方法 ベテランズ委員会選出

フランク・チャンス(Frank Leroy Chance, 1877年9月9日 - 1924年9月15日)は、1900年~1910年代のアメリカメジャーリーグで活躍した選手、及び監督。主なポジションは一塁手カリフォルニア州フレズノ生まれ。右投げ右打ち。1906~1908年のカブスのリーグ3連覇を支えた「ダブルプレー・トリオ」の一人であり、監督である。

経歴[編集]

1898年にカブスに入団。当初は主に捕手として試合に出ていたが、1903年頃からは主に一塁を守るようになる。それに伴って打率も上昇し、同年から1906年まで4年続けて打率3割をマークする。

1905年途中から、フランク・セレーに替わってチームを率いる監督兼任選手となる。チームは1906年から1910年までリーグを4度制覇、ワールドシリーズも2度制覇する。1906年にはメジャーリーグ記録となるレギュラーシーズンでの116勝を挙げ、チームの牽引役であったチャンスは、"the Peerless Leader" (比類なきリーダー)と呼ばれるようになる。1910年のワールドシリーズ第3戦では、シリーズ史上最初の退場者となった。

1913年から2年間はニューヨーク・ヤンキースの監督を務めたものの、チームは上位に浮上できず、1914年途中で監督を退く。長いブランクの後、1923年にレッドソックスの監督を1年だけ務める。監督を退いた翌年の1924年に、ロサンゼルスにて他界。

1946年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。かつてのダブルプレー・トリオであるジョー・ティンカージョニー・エバースと共に、3人揃っての選出であった。


詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1898 CHC 53 162 147 32 41 4 3 1 54 14 7 -- 2 -- 7 -- 6 14 -- .279 .338 .367 .705
1899 64 213 192 37 55 6 2 1 68 22 10 -- 2 -- 15 -- 4 9 -- .286 .351 .354 .705
1900 56 187 149 26 44 9 3 0 59 13 8 -- 8 -- 15 -- 15 12 -- .295 .413 .396 .809
1901 69 283 241 38 67 12 4 0 87 36 27 -- 4 -- 29 -- 9 24 -- .278 .376 .361 .737
1902 76 289 242 40 70 9 4 1 90 31 29 -- 2 -- 37 -- 8 23 -- .289 .401 .372 .773
1903 125 531 441 83 144 24 10 2 194 81 67 -- 2 -- 78 -- 10 41 -- .327 .439 .440 .878
1904 124 514 451 89 140 16 10 6 194 49 42 -- 11 -- 36 -- 16 21 -- .310 .382 .430 .812
1905 118 502 392 92 124 16 12 2 170 70 38 -- 15 -- 78 -- 17 26 -- .316 '.450 .434 .883
1906 136 574 474 103 151 24 10 3 204 71 57 -- 18 -- 70 -- 12 31 -- .319 .419 .430 .849
1907 111 451 382 58 112 19 2 1 138 49 35 -- 5 -- 51 -- 13 21 -- .293 .395 .361 .756
1908 129 513 452 65 123 27 4 2 164 55 27 -- 16 -- 37 -- 8 37 -- .272 .338 .363 .701
1909 93 370 324 53 88 16 4 0 112 46 29 -- 12 -- 30 -- 4 32 -- .272 .341 .346 .686
1910 88 348 295 54 88 12 8 0 116 36 16 -- 6 -- 37 -- 10 15 -- .298 .395 .393 .788
1911 31 124 88 23 21 6 3 1 36 17 9 -- 6 -- 25 -- 5 13 -- .239 .432 .409 .841
1912 2 9 5 2 1 0 0 0 1 0 1 -- 1 -- 3 -- 0 0 -- .200 .500 .200 .700
1913 NYY 12 33 24 3 5 0 0 0 5 6 1 -- 1 -- 8 -- 0 1 -- .208 .406 .208 .615
1914 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- ---- ---- ---- ----
通算:17年 1288 5103 4299 798 1274 200 79 20 1692 596 403 0 111 -- 556 -- 137 320 -- .296 .394 .394 .788
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位



















1905 CHC NL 90 55 33 .625 3位 7月1日
1906 155 116 36 .763 1位 勝利数メジャーリーグ記録[1]
1907 155 107 45 .704 1位 WS優勝
1908 158 99 55 .643 1位 WS優勝
1909 155 104 49 .680 2位
1910 154 104 50 .675 1位
1911 157 92 62 .597 2位
1912 152 91 59 .607 3位
1913 NYY AL 153 57 94 .377 7位
1914 137 60 74 .448 6位 9月14日
1923 BOS 154 61 91 .401 8位
通算 1620 946 648 .593

脚注[編集]

出典・外部リンク[編集]