グレート・アメリカン・ボール・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレート・アメリカン・ボール・パーク
Great American Ball Park
グレート・アメリカン・ボール・パーク
施設データ
所在地 100 Main Street
Cincinnati, Ohio 45202
座標 北緯39度05分49.77秒 西経84度30分23.21秒 / 北緯39.0971583度 西経84.5064472度 / 39.0971583; -84.5064472座標: 北緯39度05分49.77秒 西経84度30分23.21秒 / 北緯39.0971583度 西経84.5064472度 / 39.0971583; -84.5064472
起工 2000年10月4日
開場 2003年3月28日
所有者 シンシナティ市 、ハミルトン郡
グラウンド 天然芝
照明 照明灯 - 12基
建設費 3億2500万ドル
(シンシナティ市:2億8000万ドル、
レッズ:4500万ドル)
設計者 HOK Sport 、GBBN Architects
建設者 Hunt Construction Group, Inc.
使用チーム • 開催試合
シンシナティ・レッズ(2003年 - 現在)
収容能力
42,059人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 328 ft (約100.0 m)
左中間 - 379 ft (約115.5 m)
中堅 - 404 ft (約123.1 m)
右中間 - 370 ft (約112.8 m)
右翼 - 325 ft (約99.1 m)
バックネット - 49 ft (約14.9 m)
フェンス 左翼 - 12 ft (約3.6 m)
その他 - 8 ft (約2.4 m)

グレート・アメリカン・ボール・パークGreat American Ball Park)は、アメリカオハイオ州シンシナティにある野球場MLBシンシナティ・レッズのホーム球場である。

概要[編集]

レッズとNFLシンシナティ・ベンガルズリバーフロント・スタジアムを共用の本拠地としていたが、それぞれの専用新球場の建設を要望。「老朽化したうえに兼用球場では客が呼び込めない。小さいマーケットでは致命的ダメージになる」と両球団は考えていた。

1996年3月に住民投票が行われ、シンシナティ市が両新球場の建設に公金を投入することが承認された。これにより、シンシナティ市民に特別消費税が課されることとなった。1998年11月に行われた住民投票では、いくつかの球場建設プランの中から、オハイオ川沿岸に建設する案が選ばれた。2000年10月4日に工事開始。ネーミングライツは、グレート・アメリカン・インシュランス社が30年7500万ドルで買い取った。

白い鉄骨や照明灯の形状など、同じオハイオ州内のプログレッシブ・フィールドに似ている箇所が見受けられる。

フィールドの特徴[編集]

  • 以前の本拠地リバーフロント・スタジアムよりかなり狭く造られている。
  • またファウルゾーンが狭く、右中間や左中間にふくらみがないのでホームランバッターに有利。
  • 芝が長く、内野ゴロを打たすのに有利である。

設備、アトラクション、演出[編集]

  • ザ・ギャップ:本塁と三塁の中間の位置で内野スタンドが分断されている。ここを境にスタンドの構造が変わり、三塁側が3層、一塁側が2層+中2階(スイート席)になっている。
  • 煙突:右中間スタンドに2本の煙突が設置されており、レッズの選手がホームランを打ったときなどに花火が打ち上げられる。2015年5月15日の試合中に右側の煙突でぼや騒ぎがあり、消防隊が鎮火する一幕があった[1][2]

主要な出来事[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

前本拠地:
リバーフロント・スタジアム
1970 - 2002
シンシナティ・レッズの本拠地
2003 - 現在
次本拠地:
n/a
-
先代:
ターゲット・フィールド
MLBオールスターゲーム開催場
第86回(2015年
次代:
ペトコ・パーク