ペトコ・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペトコ・パーク
PETCO Park
ペトコ・パーク
施設データ
所在地 19 Tony Gwynn Way
San Diego, California 92101
座標 北緯32度42分27.37秒 西経117度09分25.44秒 / 北緯32.7076028度 西経117.1570667度 / 32.7076028; -117.1570667座標: 北緯32度42分27.37秒 西経117度09分25.44秒 / 北緯32.7076028度 西経117.1570667度 / 32.7076028; -117.1570667
起工 2000年5月
開場 2004年4月8日
所有者 サンディエゴ市(70%)
サンディエゴ・パドレス(30%)
グラウンド 天然芝
建設費 4億4,940万ドル
設計者 HOK Sport
建設者 San Diego Ballpark Builders
使用チーム • 開催試合
MLB / サンディエゴ・パドレス(2004年 - )
IRB / USAセブンズ(2007年 - 2009年)
収容能力
42,445人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 334 ft (約101.8 m)
左中間 - 367 ft (約111.9 m)
中堅 - 396 ft (約120.7 m)
右中間 - 385 ft (約117.3 m)
右翼 - 322 ft (約98.1 m)
フェンス 左翼 - 4 ft (約1.2 m)
中堅 - 7 ft (約2.1 m)
右翼 - 12 ft (約3.7 m) 一部は 10 ft (約3.0 m)
球場正面
上から見たペトコ・パーク
Western Metal Supply Company Building

ペトコ・パーク(PETCO Park)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴにある野球場メジャーリーグベースボール(MLB)サンディエゴ・パドレスが本拠地球場としている。

概要[編集]

パドレスは1969年の球団創設以来クアルコム・スタジアムを本拠地にしていた。クアルコム・スタジアムはアメリカンフットボールNFLサンディエゴ・チャージャーズとの兼用だった。しかし、1990年代に入ってからの野球専用球場ブームに加え、スタジアムの老朽化が進んでいたことから、新球場建設を求める声が高まった。

1998年、パドレスが出場したワールドシリーズ終了後に住民投票が行われ、新球場建設のためにサンディエゴ市が公金を投入することが認められた。

しかし、当初2002年に開場する予定だったが、2000年10月に建設資金が底を突いてしまい、工事が1年以上にわたって中断した。2001年11月、サンディエゴ市は1億6,600万ドルの公債を発行。工事は再開され、2004年4月開場にこぎつけた。

新古典主義の流れを汲むデザインであるが、使用する建材の色を他の球場とは違うものにすることで差別化を図っている。一般的な新古典主義球場では赤レンガに黒い鉄骨の梁、深緑の観客席が用いられているが、ペトコ・パークの場合はインド産の砂岩化粧漆喰を施し、白い鋼鉄の梁、ダークブルー(ネイビーブルー)の観客席と組み合わせた。「サンディエゴの砂浜と青い空、海に浮かぶボートの白い帆」をイメージしたものである。また、ネイビーブルーは、サンディエゴが米海軍の港町であることからパドレスのチームカラーにもなっている。

球場名は地元に本拠を置くペット用品販売チェーンのペトコ・アニマル・サプライ社が命名権を買い取り、名付けられた。

フィールドの特徴[編集]

外野が広く形状も複雑で、狭い左中間への打球も左翼方向からの風の影響を受ける。そのため打者にとっては本塁打が出にくい。特に右中間は非常に深く左の強打者泣かせの球場である。守備側にも、守備範囲が広くて強肩の外野手が必須である。フライで打たせて取るタイプの投手には有利な球場である。パークファクターを見ても、ほとんどの年でホームランの出る確率は最下位を争っている[1]

このような状況が続いたため、2012年オフに右中間を狭くして打者不利を是正する改修工事を開始した[2]

またブルペンの位置にも特徴があり、使用するベンチと反対側のファウルグラウンド内にあるブルペンを使用する。(例:3塁側ベンチを使用するチームはライト側のブルペンを使用)

設備、アトラクション、演出[編集]

ウェスタン・メタル・サプライ・コンパニー・ビルディング(Western Metal Supply Company Building)
球場建設予定地内に建っていた地元金属メーカーの旧本社社屋(築100年)。当初は解体予定だったが、球場の一部として組み込んだ。ビルの角が左翼ポールになっている。1階にはチームストア、2階と3階にはスイート席、4階にはレストラン、屋上には800の観客席が設置されている。2005年の地区優勝時には、WESTERN以降のMETAL SUPPLY CO.の文字の上にDIVISION CHAMPSと上書きし、WESTERN DIVISION CHAMPS(西地区王者)と読めるようにしていた。
ビーチ・エリア
内野から見てバックスクリーン右側に砂浜がある。子供たち専用のプレイ・スポット。
パーク・アット・ザ・パーク
左翼スタンド大型スクリーンの背後に小さな野球場が併設されており、子供たちはそこで野球ができる。ペトコ・パークと同じ芝と土が使用されている。

主要な出来事[編集]

野球[編集]

初のMLB公式戦

ペトコ・パーク初のMLB公式戦は2004年4月8日、サンフランシスコ・ジャイアンツを相手に行われた。パドレスの先発左腕デビッド・ウェルズがジャイアンツの1番打者レイ・ダーラムに初球を投じて試合が始まり、球場初安打は初回裏にパドレスのブライアン・ジャイルズが放った。試合はパドレスの1点リードで迎えた9回表、抑えのトレバー・ホフマンがダーラムに2点二塁打を浴び逆転されたものの、その裏にショーン・バローズの中前打でパドレスが同点に追いつき、延長戦に突入した。10回表にジャイアンツがマーキス・グリッソムの球場初本塁打で勝ち越したが、その裏パドレスはミゲル・オヘーダの二塁打とバローズの左前打で2点を奪い、新本拠地初試合を逆転サヨナラ勝利で飾った。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3 10 0
サンディエゴ・パドレス 0 0 1 0 0 0 0 0 1 2x 4 11 0
  1. : エディ・オロペサ(1勝1敗)  : マット・ハージェス(1敗2S)  
  2. :  SF – マーキス・グリッソム1号ソロ
  3. 審判:球審…マイク・ウィンタース、塁審…一塁: デイナ・デムス、二塁: ブライアン・ランジ、三塁: カーウィン・ダンリー
  4. 試合時間: 3時間30分 観客: 4万1400人
    詳細: Baseball-Reference.com / FanGraphs
当球場で達成された主な記録

2006年9月23日、パドレスの抑え投手トレバー・ホフマンピッツバーグ・パイレーツ戦で1点リードの9回表に登板、1イニングを三者凡退で締めてセーブを挙げた。これにより彼は通算セーブ数を478に伸ばし、リー・スミスが持つ歴代最多記録に並んだ。さらに翌24日のパイレーツ戦でも、同じく1点リードの9回表を三者凡退に抑えてセーブを挙げ、スミスを抜き新記録を達成した。

2007年8月4日、サンフランシスコ・ジャイアンツの外野手バリー・ボンズが2回表に本塁打を放った。これが自身通算755本目の本塁打で、ボンズはハンク・アーロンの持つ歴代最多記録に並んだ。ただ当時、ボンズはドーピング疑惑(バルコ・スキャンダル)の渦中にあったため、ペトコ・パークの観客は「参考記録」を意味するアスタリスク入りのボードを掲げたり、ボンズにブーイングを浴びせたりした[3]

2013年7月13日、ジャイアンツの先発投手ティム・リンスカムがパドレス打線を無安打に封じたまま148球で9イニングを投げ切り、球場史上初のノーヒッターを達成した[4]

MLBポストシーズン

この球場では、ポストシーズンが計3試合開催されている。

シーズン シリーズ 日付 ビジターチーム(先攻) スコア ホームチーム(後攻) 観客動員
2005年 ディビジョンシリーズ 第3戦 10月08日(土) セントルイス・カージナルス 7-4 サンディエゴ・パドレス 45,093人
2006年 ディビジョンシリーズ 第1戦 10月03日(火) セントルイス・カージナルス 5-1 サンディエゴ・パドレス 43,107人
第2戦 10月06日(木) セントルイス・カージナルス 2-0 サンディエゴ・パドレス 43,463人
MLBオールスターゲーム

2016年7月12日、MLBオールスターゲームが当球場で開催され、アメリカンリーグナショナルリーグを4-2で下した。当球場はナショナルリーグに所属するパドレスの本拠地球場であるため、本来ならばこの試合ではナショナルリーグがホームチームとなるはずだが、実際にはアメリカンリーグがホームチームとなった。これは、どちらのリーグがホームチームとなるかは1年ごとに入れ替わることになっており、前年のオールスターゲームでもナショナルリーグがホームチームだったためである[5]

映像外部リンク
MLB.comによるハイライト動画(英語、6分8秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ナショナルリーグ 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2 10 1
アメリカンリーグ 0 3 1 0 0 0 0 0 X 4 8 1
  1. : コーリー・クルーバー  : ジョニー・クエト  S: ザック・ブリットン  
  2. :  NL – クリス・ブライアント1号ソロ  AL – エリック・ホズマー1号ソロ、サルバドール・ペレス1号2ラン
  3. 審判:球審…マイク・ウィンタース、塁審…一塁: カーウィン・ダンリー、二塁: マーティ・フォスター、三塁: ビル・ウェルキー、外審…左翼: エイドリアン・ジョンソン、右翼: ダン・ベリーノ
  4. 試合時間: 3時間5分 観客: 4万2386人 気温: 72°F(22.2°C)
    詳細: MLB.com Gameday / Baseball-Reference.com
ワールド・ベースボール・クラシック

国際大会のワールド・ベースボール・クラシックでは、2006年・第1回大会の決勝トーナメント、2009年・第2回大会2017年・第4回大会の2次ラウンドが開催された。第1回大会では、日本キューバとの決勝戦に10-6で勝利し、大会の初代王者になった。

大会 ラウンド 日付 ビジターチーム(先攻) スコア ホームチーム(後攻) 観客動員
2006年
(第1回)
決勝トーナメント 準決勝 03月18日(土) キューバ キューバの旗 3-1 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 41,268人
日本 日本の旗 6-0 韓国の旗 韓国 42,639人
決勝 03月20日(月) 日本 日本の旗 10-6 キューバの旗 キューバ 42,696人
2009年
(第2回)
2次ラウンド プール1 03月15日(日) 日本 日本の旗 6-0 キューバの旗 キューバ 20,179人
メキシコ メキシコの旗 2-8 韓国の旗 韓国 22,337人
03月16日(月) キューバ キューバの旗 7-4 メキシコの旗 メキシコ 09,329人
03月17日(火) 日本 日本の旗 1-4 韓国の旗 韓国 15,332人
03月18日(水) 日本 日本の旗 5-0 キューバの旗 キューバ 09,774人
03月19日(木) 日本 日本の旗 6-2 韓国の旗 韓国 14,832人
2017年
(第4回)
2次ラウンド プールF 03月14日(火) ドミニカ共和国 ドミニカ共和国の旗 1-3 プエルトリコの旗 プエルトリコ 16,637人
03月15日(水) ベネズエラ ベネズエラの旗 2-4 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 16,635人
03月16日(木) ベネズエラ ベネズエラの旗 0-3 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 16,390人
03月17日(金) アメリカ合衆国 アメリカ合衆国の旗 5-6 プエルトリコの旗 プエルトリコ 32,463人
03月18日(土) プエルトリコ プエルトリコの旗 13-2 ベネズエラの旗 ベネズエラ 20,778人
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国の旗 6-3 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 43,002人

野球以外のイベント[編集]

7人制ラグビー

7人制ラグビーのナショナルチームによる年間シリーズ戦 "ワールドラグビーセブンズシリーズ" のアメリカ合衆国大会が、2007年から2009年の3年間、毎年2月に当球場で開催されていた。この3年間で同大会はサンディエゴ市に約1400万ドルの税収をもたらしており、その期間におけるペトコ・パークでの特別行事による税収の半分以上を占めている[6]。しかし同大会は2010年以降、開催地をネバダ州ラスベガスサム・ボイド・スタジアムに移している。

脚注[編集]

  1. ^ ESPN Park Factor
  2. ^ http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20121022&content_id=39980186&vkey=news_mlb&c_id=mlb
  3. ^ Associated Press, "Bonds hits 755th homer in second to tie all-time record," ESPN.com, August 5, 2007. 2017年5月27日閲覧。
  4. ^ Dennis Lin, "Lincecum at home throwing Petco no-no," The San Diego Union-Tribune, July 13, 2013. 2017年5月27日閲覧。
  5. ^ Mike Axisa, "2016 MLB All-Star Game: What you need to know and 10 predictions ahead of the game," CBSSports.com, July 12, 2016. 2017年5月27日閲覧。
  6. ^ Brent Schrotenboer, "City aims to repeat booking success at Petco Park," The San Diego Union-Tribune, August 26, 2009. 2017年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ワールド・ベースボール・クラシック決勝戦開催球場
第1回(2006年)
次代:
ドジャー・スタジアム2009年
先代:
グレート・アメリカン・ボール・パーク
MLBオールスターゲーム開催球場
第87回(2016年)
次代:
マーリンズ・パーク