フォロ・ソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フォロ・ソル
Infierno Solar
Foro Sol
施設データ
所在地 Mexico City, Mexico
開場 1993
所有者 アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
管理・運用者 CIEグループ
グラウンド フィールドターフ
使用チーム • 開催試合
メキシコ・タイガース (LMB) 2000-2001
メキシコシティ・レッドデビルズ (LMB) 2000-現在
収容能力
コンサート: 55,000
野球: 26,000
グラウンドデータ
球場規模 野球: LF: 319フィート (97 m),
CF: 409フィート (125 m),
RF: 325フィート (99 m)

フォロ・ソル西:Foro Sol )は、メキシコ首都メキシコシティ東部にある屋外コンサート会場兼野球場1995年に、エルマノス・ロドリゲス・サーキットのコースの内側に建設された。野球場として使用されるようになったのは2000年からのことである。野球場としては25,000人収容。

ローリング・ストーンズデペッシュ・モードU2マドンナブリトニー・スピアーズシャキーラコーンマリリン・マンソンらが当会場でコンサートを開催したことがある。

野球では、メキシカンリーグ(メキシコ夏季リーグ)のメキシコシティ・レッドイーグルスが本拠地にしている。フィールドの広さは左翼326フィート(約99.4メートル)、左中間402フィート(約122.5メートル)、中堅417フィート(約127.1メートル)、右中間377フィート(約114.9メートル)、右翼333フィート(約101.5メートル)[1]

2009年3月開催の第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは、1次リーグ・プールBの会場として[2]、地元メキシコ前回大会準優勝のキューバオーストラリア南アフリカの4チームがこの球場で試合を行った。

標高約2,300mの高地に位置しているため打球が非常に飛びやすく、これは標高約1,600mで「打者天国」と呼ばれる米国・デンバークアーズ・フィールド以上だとされる。そのため、WBCでは当球場で行なわれた6試合で合計28本(1試合あたり4.7本)もの本塁打が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ "Mets' Cone roughed up by Dodgers," SportingNews.com, March 15, 2003. 2007年2月1日閲覧。
  2. ^ "Four international venues to host first round of 2009 World Baseball Classic / Rounds one and two to feature double-elimination format," The Official Site of Major League baseball, March 23, 2008. 2008年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]