レイ・クロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイモンド・アルバート・クロック
Raymond Albert Kroc
Ray kroc 1976.jpg
1976年のクロック
生誕 (1902-10-05) 1902年10月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州
シカゴオークパーク
死没 (1984-01-14) 1984年1月14日(81歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
サンディエゴ
職業起業家
配偶者レセル・フレミング (1922年 - 1961年)
ジェーン・グリーン (1963年 - 1968年)
ジョアン・クロック (1969年 - 1984年、死別)

レイ・クロック英語: Ray Kroc, 1902年10月5日 - 1984年1月14日[1])は、アメリカ合衆国実業家。本名はレイモンド・アルバート・クロック(Raymond Albert Kroc)。

マクドナルドを買収し、マクドナルドコーポレーションを設立した創業者で、マクドナルドをフランチャイズ展開して、世界最大のファストフードチェーンに仕立て上げた人物として著名である[2]

経歴[編集]

チェコ系ユダヤ人[3][4]の両親のもとにイリノイ州シカゴ西郊のオークパークに生まれた。

高校中退後の第一次世界大戦中に15歳で救急車ドライバーの訓練を受け衛生隊に所属し、同じ衛生隊にはウォルト・ディズニーもいた。終戦後はピアニスト、紙コップのセールスマン、ジャズ演奏家、バンドメンバーなど職を転々とした。

1941年には5種類のミルクセーキを同時に作る機械「マルチミキサー」の独占販売者となり、国中を旅して周った。1954年、カリフォルニア州サンバーナーディーノで1940年に最初のマクドナルドを開いたマクドナルド兄弟と出会う。クロックは効率化された調理システムに興味を持ち、兄弟と交渉してフランチャイズ権を獲得、1955年4月にイリノイ州デスプレーンズに最初のフランチャイズ店を出店した。

1955年3月、52歳の時にマクドナルドシステム会社を設立(1960年にマクドナルドコーポレーションに社名変更)。1961年にマクドナルド兄弟から商権を270万ドルで買収、1965年に株式公開、1984年までには世界34か国で8300店舗を開いた。1955年から1968年までマクドナルド社長、1968年から1977年まで会長、1977年から1984年まで上級会長を務め、生涯で6億ドルの富を築いた。『タイム』誌の「Time 100」にも選出された。1974年にはMLBサンディエゴ・パドレスのオーナーに就任した。

クロックのネームを表す「RAK」。
サンディエゴ・パドレスの永久欠番扱いとして1984年指定。

1984年1月14日、長年の糖尿病により、カリフォルニア州サンディエゴで死去した。81歳。没後、オーナーを務めていたパドレスはクロックの功績を称えて、名前をもって永久欠番と同格で顕彰した。また、マクドナルドは創業者追悼キャンペーンと銘打ったセールを1年間行ったが、これを知ったマクドナルド兄弟の弟リチャードは激怒したとされる。

逸話[編集]

  • マクドナルドを270万ドルで買収した際には「売上げの0.5%を将来的に支払う」といった「紳士協定」があったが、クロックは守らなかった[5]
  • 買収後はマクドナルド兄弟は「マクドナルド」の名称使用を認められず、やむなく「ビッグ・マック」という店名に変更するも、クロックはその筋向いにマクドナルドの大型店舗を出店し、倒産に追い込んだ[6]

脚注[編集]

著書[編集]

  • レイ・クロック、ロバート・アンダーソン『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男―マクドナルド創業者』野地秩嘉(監修・構成)、野崎稚恵(訳)、プレジデント社、2007年。ISBN 9784833418454

映画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]