サラ・カサノバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サラ・カサノバSarah L. Casanova1965年4月6日 - )は、カナダ出身。日本マクドナルドホールディングス株式会社日本マクドナルド株式会社代表取締役社長CEO[1]

来歴[編集]

2013年8月27日に、原田泳幸の後任として、日本マクドナルド株式会社代表取締役社長兼CEOに就任。事業会社の社長に日本人以外が就任するのは初めてである[2]

2004年から2009年にかけても人材交流で日本での勤務経験があり、その際にはマーケティング本部長として「えびフィレオ」、「メガマック」、「クォーターパウンダー」のマーケティングを担当した[3]

また、マクドナルド ロシア・ウクライナではマーケティングシニアディレクターとして、ロシア1号店の出店を担当した[4]

2014年3月25日、 日本マクドナルドホールディングス株式会社代表取締役社長兼CEOに就任[5]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当社連結子会社の役員人事について 日本マクドナルドホールディングス株式会社、2013年8月27日
  2. ^ マック、事業会社新社長に女性のカサノバ氏 原田氏は会長に専念、HDトップは変わらず MSN産経ニュース、2013年8月27日
  3. ^ “マック後継社長は「メガマック」生みの親”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年8月27日). オリジナル2013年8月29日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/zDaNg 
  4. ^ マクドナルド「原田神話」、終わりの始まり 東洋経済オンライン、2013年8月28日
  5. ^ 日本マクドナルドHD、カサノバ氏が社長兼CEOに就任へ Reuters JP、2014年2月19日
先代:
原田泳幸
日本マクドナルドホールディングス社長
第4代:2014年 -
次代:
(現職)