マックジョブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マックジョブ(McJob)とは、低地位・低賃金・単調・重労働(長時間労働、過剰な疲労を伴う労働)の職種を賎しめて言う語。代表例として、ファーストフード店のように、独創性が無く、機械的な動作を繰り返すだけの職種を指す。「マック」はハンバーガーショップのマクドナルドに因む。

経緯[編集]

オックスフォード英語辞典』によれば、1986年8月のワシントン・ポストの見出しが初出である。これが一般化したのは、ダグラス・クープランドの小説『ジェネレーションX 加速された文化のための物語たち』である。

この語は、アメリカなどにおいて中産階級がかつて就いていた職が減らされている事を強調する為に使われている。オートメーションリストラが推進された結果、或いはは工場など生産拠点・コールセンター・会計・総務・コンピュータプログラミングなどを第三世界の国々へ移転させた結果、かつてブルーカラーホワイトカラーとして働いていた人々が職を失った。

こうした人々は、長期に亘って特別な教育や訓練を受けて経験を積んできただけに、新しい分野で一からやり直したがらない。又、企業は年少の新卒者を新しく採用する傾向が強い為、年長の失業者にはスーパーマーケットのレジ打ちやマクドナルドの店員など、非正規雇用プレカリアート)が多く、非熟練で単調な職種しか選べない。地域や国全体に求職が無い場合には、高学歴の青年や、教育を満足に受けられなかった青年も、非熟練で単調な職種を強いられる場合もある。こうして、「マクドナルドの店員みたいな、くだらない仕事」として「マックジョブ」という語が使用されるようになった。

マクドナルド自身はこの用語の使用に反発しており、2003年6月の改訂でこの語句を掲載し、なおかつ「安い給料で、将来性の無い仕事」「犬に食わせるような仕事」と定義した『Merriam-Webster's Collegiate Dictionary』に対して、「レストラン産業で働く1200万人の従業員を侮辱するもの」として削除を要請した。しかし、「マックジョブを生んでいる会社こそが、むしろ従業員を侮辱している」と考える編集部によって却下されている[1]2007年には、イギリスのオックスフォード英語辞典に対して同じく要請した。一方、すでにマクドナルド内部のジョブ・トレーニングの名称としてMcJOBSという単語が1984年5月に商標登録されている。

関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ テイラー・クラーク『スターバックス 成功の法則と失敗から得たもの』 (二見書房): p.297.