クアーズ・フィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クアーズ・フィールド
Coors Field
クアーズ・フィールド
施設データ
所在地 2001 Blake Street
Denver, Colorado 80204
座標 北緯39度45分22.51秒 西経104度59分38.99秒 / 北緯39.7562528度 西経104.9941639度 / 39.7562528; -104.9941639座標: 北緯39度45分22.51秒 西経104度59分38.99秒 / 北緯39.7562528度 西経104.9941639度 / 39.7562528; -104.9941639
起工 1992年10月16日
開場 1995年4月26日
所有者 Denver Metropolitan
Baseball Stadium District
グラウンド 天然芝
建設費 2億1500万ドル
(地元6郡:1億6800万ドル
ロッキーズ:4700万ドル)
設計者 HOK Sport
建設者 Mortenson and Barton Malow
使用チーム • 開催試合
コロラド・ロッキーズ(1995年 - 現在)
収容能力
50,445人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 347 ft (約105.8 m)
左中間 - 390 ft (約118.9 m)
中堅 - 415 ft (約126.5 m)
右中間 - 375 ft (約114.3 m)
右翼 - 350 ft (約106.7 m)
バックネット - 56 ft (約17.1 m)
フェンス 右翼 - 17 ft (約5.2 m)
その他 - 8 ft (約2.4 m)

クアーズ・フィールドCoors Field)は、アメリカ合衆国コロラド州デンバーにある野球場。1995年に完成し、MLBコロラド・ロッキーズのホーム球場となっている。

デンバーは30年以上にわたってMLB球団を誘致してきたため、マイル・ハイ・スタジアムで開かれた1993年の新球団ロッキーズの開幕戦には80,227人の大観衆がつめかけ、年間で大リーグ史上最多の4,483,350人を動員した。当初クアーズ・フィールドは43,800人収容の予定だったが、この凄まじい観客動員を考慮して50,445人収容に上方修正された。

ナショナルリーグでは1962年のドジャー・スタジアム開場以来33年ぶりとなる野球専用球場。典型的な新古典様式の球場で、外観は赤レンガと鉄骨を組み合わせた。赤レンガは球場周辺の古倉庫に調和させたもので、また鉄骨はかつてあった鉄道駅に由来している。また、センターバックスクリーンから、その一塁側に双方設置されているブルペンにかけてコロラドの自然を模した噴水付きの庭園が設置されており、ロッキーズの選手にホームランが出るとこの噴水が高く吹き上がる演出が行われる。また、隣接するアウェー用ブルペンからは歩いて立ち入れるようになっており、2015年9月19日にトム・マーフィーのMLB初ホームランがここに飛び込んでしまった際に、対戦相手のサンディエゴ・パドレスのブルペンスタッフがボールの捜索のために立ち入る珍事が発生している[1]

寒さの厳しい地域にあり、芝を守るためにグラウンドに温水を流すパイプを埋設している。

球場名はビール会社クアーズにちなむ。

マイル・ハイ[編集]

標高1マイル(約1600メートル)地点にあることから、通称「マイル・ハイ」と呼ばれている。

高地で気圧が低いため空気抵抗が少なくなり、結果として打球の飛距離が伸びる。ロッキーズ公式サイトでは「クアーズ・フィールドでは、海面と同じ高さに設けられた他球場に比べ、約9パーセントも飛距離が伸びる。具体的な例としては、ヤンキー・スタジアムでの400フィート(約122メートル)の打球は、クアーズ・フィールドで440フィート(約134メートル)になる」と記述されている[2]。一方、本塁打の多さは標高が原因ではないとする研究結果もある[3]

球場自体が広いゆえに長打も出やすく、外野手が深めのシフトで守ればシングルヒットにつながり、フライボールピッチャーフライアウトを取る割合が多い投手)にとっては鬼門である。

上記の理由からこの球場での試合は乱打戦になりやすかったが、それを改善するべく2002年以降はボールに加湿処理を施して打球が飛び過ぎないようにしている[4]。ボールに加湿処理を施すこと自体は、MLB機構もボールの品質保持のために認めているが、事前の許可が必要である。ロッキーズは、2002年に無許可で加湿器を使用したため、MLB機構の調査を受けている。その後、2007年シーズンより、試合球はすべての球場で同条件で管理することとなった。

他球場では決して珍しくない1-0のスコアがこの球場で記録されたのは、2016年シーズン終了までの21年間で、以下のわずか9試合しかなく、初めて記録されるまでに要したレギュラーシーズンの試合数は847と、MLB史上最長である。

2017年現在、この球場でノーヒットノーランを達成したのは野茂英雄(1996年9月17日)のみである。なお、上記のボールを湿らせる処理については野茂のノーヒットノーランが雨の中達成されたことにヒントを得ているという。

エピソード[編集]

標高1マイルを示す紫色の座席
  • 座席の色は緑色だが、3階席20列目の座席だけがロッキーズのチームカラーである紫色になっている。その高さが正確な標高1マイルである。同様にコロラド州会議事堂Colorado State Capitol)の階段にも1マイルを示す印がある。
  • 球場建設中に恐竜化石が見つかり、球場名を「ジュラシック・パーク」にしようとの案が出た。却下されたものの、チームのマスコットには恐竜の「Dinger(ディンガー)」が採用されている[5]

主要な出来事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.youtube.com/watch?v=HQftmVHXW_c
  2. ^ http://colorado.rockies.mlb.com/NASApp/mlb/col/ballpark/history.jsp
  3. ^ http://alliance.la.asu.edu/gcu496/PGCoorsField.pdf
  4. ^ http://www.aps.org/publications/capitolhillquarterly/200611/you-asked.cfm
  5. ^ http://www.flickr.com/photos/pauldineen/234327498/

外部リンク[編集]

前本拠地:
マイル・ハイ・スタジアム
1993 - 1994
コロラド・ロッキーズの本拠地
1995 - 現在
次本拠地:
n/a
-
先代:
ジェイコブス・フィールド
MLBオールスターゲーム開催場
第69回(1998年
次代:
フェンウェイ・パーク