2009 ワールド・ベースボール・クラシック 1組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2009 ワールド・ベースボール・クラシック 1組 は、ワールド・ベースボール・クラシック第2回大会サンディエゴで開催された第2ラウンド。2009年3月15日から3月19日にかけて行なわれ、会場はペトコ・パーク。なお、3月11日12日に行なわれたエキシビジョンマッチについても、ここで記述する。

試合形式[編集]

A組の1位・2位とB組の1位・2位の4か国が出場。ダブルエリミネート方式トーナメント戦にて試合を行い、上位2か国(ゲーム4の勝者とゲーム5の勝者)がロサンゼルスドジャー・スタジアムで行われる決勝トーナメントへ出場する。

試合結果[編集]

下記(青帯)表記は、以下の通り。

ゲームNo. 試合開始時間 (試合時間、入場者数)

x - x

第1日目(3月15日)[編集]

ゲーム1 13:11 (3時間33分、20,179人)[1]

キューバの旗キューバ 0 - 6 日本の旗日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗日本 0 0 3 1 1 0 0 0 1 6 12 2
キューバの旗キューバ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0
  1. 日 : ○松坂大輔岩隈久志馬原孝浩藤川球児 - 城島健司
  2. キ : ●アロルディス・チャップマンノルベルト・ゴンサレスイスメル・ヒメネスユリエスキ・ゴンサレスユニエスキ・マヤヨレクシス・ウラシアガルシア - アリエル・ペスタノローランド・メリーニョ
  3. : 松坂大輔  : アロルディス・チャップマン  

ゲーム2 20:00 (3時間43分、22,337人)[2]

大韓民国の旗韓国 8 - 2 メキシコの旗メキシコ


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
メキシコの旗メキシコ 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 9 1
大韓民国の旗韓国 0 2 0 1 1 0 4 0 x 8 12 1
  1. メ : ●オリバー・ペレスエルマー・デセンスラファエル・ディアスデビッド・コルテスデニス・レイエスアヤラホアキム・ソリア - ロッド・バラーハス
  2. 韓 : 柳賢振、○鄭現旭鄭大炫金廣鉉尹錫珉呉昇桓 - 朴勍完
  3. : 鄭現旭  : オリバー・ペレス  
  4. :  韓 – 李杋浩(2号ソロ・2回(オリバー・ペレス))、金泰均(2号ソロ・4回(オリバー・ペレス))、高永民(1号ソロ・5回(オリバー・ペレス))

第2日目(3月16日)[編集]

ゲーム3 20:00 (3時間09分、9,329人)[3]

メキシコの旗メキシコ 4 - 7 キューバの旗キューバ


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
キューバの旗キューバ 1 0 1 0 3 0 2 0 0 7 11 0
メキシコの旗メキシコ 0 0 1 1 0 0 0 1 1 4 7 0
  1. キ : ○ノルヘ・ベラペドロ・ラソ - ローランド・メリーニョアリエル・ペスタノ
  2. メ : ●ホルヘ・カンピーヨパブロ・オルテガFr・ロドリゲスアヤラ - ミゲル・オヘーダ
  3. : ノルヘ・ベラ  : ホルヘ・カンピーヨ  S: ペドロ・ラソ  
  4. :  メ – ホルヘ・カントゥ(2号ソロ・8回(ペドロ・ラソ))、クリスチャン・プレシチ(1号ソロ・9回(ペドロ・ラソ))

第3日目(3月17日)[編集]

ゲーム4 20:00(3時間21分、15,332人)

大韓民国の旗韓国 4 - 1 日本の旗日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗日本 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 1
大韓民国の旗韓国 3 0 0 0 0 0 0 1 x 4 4 0
  1. 日 : ●ダルビッシュ有山口鉄也渡辺俊介涌井秀章岩田稔田中将大 - 城島健司石原慶幸
  2. 韓 : ○奉重根尹錫珉金廣鉉林昌勇 - 朴勍完
  3. : 奉重根  : ダルビッシュ有  S: 林昌勇  

第4日目(3月18日)[編集]

ゲーム5 20:00(3時間26分、9,774人)

キューバの旗キューバ 0 - 5 日本の旗日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗日本 0 0 0 2 1 0 1 0 1 5 8 0
キューバの旗キューバ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. 日 : ○岩隈久志杉内俊哉 - 城島健司
  2. キ : ●ユニエスキ・マヤユリエスキ・ゴンサレスイスメル・ヒメネスノルベルト・ゴンサレスガルシアダニー・ベタンコート - アリエル・ペスタノローランド・メリーニョ
  3. : 岩隈久志  : ユニエスキ・マヤ  S: 杉内俊哉  

第5日目(3月19日)[編集]

ゲーム6 18:00(3時間42分、14,832人)[4]

大韓民国の旗韓国 2 - 6 日本の旗日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗日本 0 2 0 0 0 0 0 3 1 6 15 3
大韓民国の旗韓国 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 6 3
  1. 日 : 内海哲也小松聖田中将大山口鉄也、○涌井秀章馬原孝浩藤川球児 - 阿部慎之助
  2. 韓 : 張洹三李承浩李在雨、●呉昇桓金廣鉉林泰勲 - 姜珉鎬朴勍完
  3. : 涌井秀章  : 呉昇桓  
  4. :  日 – 内川聖一(1号ソロ・2回(張洹三))  韓 – 李机浩(3号ソロ・7回(田中将大))

エキシビジョンマッチ[編集]

A組1位の韓国と2位の日本は第2ラウンドを前に調整の場としてエキシビジョンマッチが行われた。

試合結果[編集]

下記(青帯)表記は、以下の通り。

試合開始時間 (試合時間、入場者数)

x - x

第1日目(3月11日)[編集]

13:05 (3時間04分、6,592人)[5]

サンフランシスコ・ジャイアンツ 4 - 6 日本の旗日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗日本 0 0 0 1 1 4 0 0 0 6 11 0
サンフランシスコ・ジャイアンツ 2 0 2 0 0 0 0 0 0 4 8 1
  1. 日 : 田中内海、○涌井渡辺岩田 - 阿部石原
  2. SF : リンスカムイングリッシュタシュナー、●Ju・ミラーヒンショーウィルソンベルトラン - B・モリーナウィリアムズ
  3. : 涌井秀章  : ジャスティン・ミラー  S: 岩田稔  
  4. :  SF – レンテリア(1号ソロ、3回(内海))

19:05 (3時間04分、5,998人)[6]

サンディエゴ・パドレス 10 - 4 大韓民国の旗韓国


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大韓民国の旗韓国 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 8 1
サンディエゴ・パドレス 0 0 3 6 0 0 1 0 x 10 14 1
  1. 韓 : ●金廣鉉孫敏漢李承浩李在雨呉昇桓 - 姜珉鎬
  2. SD : ○コレイアルブランノバパターソン - ハンドリーロバトン
  3. : ケビン・コレイア  : 金廣鉉  

第2日目(3月12日)[編集]

13:05 (3時間01分、6,591人)[7]

シカゴ・カブス 2 - 3 日本の旗日本


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本の旗日本 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3 6 0
シカゴ・カブス 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 10 1
  1. 日 : ○ダルビッシュ小松山口杉内馬原藤川 - 城島石原
  2. CHC : ●C・ザンブラーノグレッグパットンA・グーズマンコッツR・ウェルズ - バコM・ジョンソン
  3. : ダルビッシュ有  : カルロス・ザンブラーノ  S: 藤川球児  

13:05 (3時間12分、5,810人)[8]

ロサンゼルス・ドジャース 4 - 2 大韓民国の旗韓国


チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大韓民国の旗韓国 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 6 2
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 1 0 0 1 2 x 4 8 1
  1. 韓 : 張洹三鄭現旭鄭大炫林泰勲、●林昌勇 - 朴勍完
  2. LAD : ウルフマゾーニトロンコソスリーツエステス郭泓志、○デバーヘイガー - マーティンアードワンA・J・エリス
  3. : ニック・デバー  : 林昌勇  S: チャーリー・ヘイガー  

テレビ・ラジオ中継[編集]

日本国内での放送[編集]

  • 地上波でのテレビ中継では、テレビ朝日TBSが放映権を獲得しており、第2ラウンドの日本戦はTBSが全試合生中継した。コメンタリー・スタッフは実況が林正浩(TBSアナウンサー。対キューバ戦(3月16日)、対韓国戦(3月18日)、対キューバ戦(敗者復活戦。3月19日)を担当。3月20日の対韓国戦はベンチレポーター)、初田啓介(TBSアナウンサー。対韓国戦(順位決定戦。3月20日)を担当。それ以外はベンチレポーター)、解説は槙原寛己佐々木主浩(佐々木は3月18日から出演)、スペシャルコメンテーターに清原和博(元オリックス・バファローズ。3月16日、3月18日のみ出演)、TBSのスタジオ担当は土井敏之(TBSアナウンサー)が務めた。
  • J SPORTSでは全試合を完全放送。ラジオ放送はニッポン放送が担当する。なお、日本代表のエキシビジョンマッチについては、カブス戦をJ SPORTSが中継した。

脚注[編集]

  1. ^ Boxscore MLB.com: Stats”. MLB.com. 2009年3月17日閲覧。
  2. ^ Boxscore MLB.com: Stats”. MLB.com. 2009年3月17日閲覧。
  3. ^ Boxscore MLB.com: Stats”. MLB.com. 2009年3月18日閲覧。
  4. ^ TBSが行った中継の視聴率は平均40.1%、瞬間最高は9回裏の48.1%(関東地区)を記録した。
  5. ^ Boxscore: Japan vs. San Francisco - March 11, 2009 MLB.com: News”. MLB.com. 2009年3月14日閲覧。
  6. ^ Boxscore: Korea vs. San Diego - March 11, 2009 MLB.com: News”. MLB.com. 2009年3月14日閲覧。
  7. ^ Boxscore: Japan vs. Chi Cubs - March 12, 2009 MLB.com: News”. MLB.com. 2009年3月14日閲覧。
  8. ^ Boxscore: Korea vs. LA Dodgers - March 12, 2009 MLB.com: News”. MLB.com. 2009年3月14日閲覧。

関連項目[編集]