クリス・ブライアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ブライアント
Kris Bryant
シカゴ・カブス #17
2016-10-26 Kris Bryant receives Hank Aaron Award (cropped).jpg
2016年10月26日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネバダ州ラスベガス・バレー
生年月日 (1992-01-04) 1992年1月4日(25歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2013年 ドラフト1巡目(全体2位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 2015年4月17日
年俸 $652,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ブライアントKristopher L. Bryant, 1992年1月4日 - )は、 アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス・バレー出身のプロ野球選手三塁手)。右投右打。MLBシカゴ・カブス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

地元ラスベガス・バレーのボナンザ高校在籍時の4年間で、打率.418・長打率.958・103安打・47本塁打を記録した[2]2010年MLBドラフトにて18巡目(全体546位)でトロント・ブルージェイズから指名されたが、入団せずにサンディエゴ大学へ進学した[3]

大学時代、好成績を記録し2011年にはNCAA・ウェストコースト・カンファレンスの最優秀投手にマルコ・ゴンザレスと共に選出された[4]2013年にはその年の大学最優秀選手に贈られるゴールデンスパイク賞を受賞した[5]

プロ入りとカブス時代[編集]

MLBドラフトにて1巡目(全体2位)でシカゴ・カブスから指名され、670万ドルの契約金で契約[6][7]。ショートシーズンA-級ボイシ・ホークスでプロデビューし、18試合に出場して打率.354・4本塁打を記録。8月12日にA+級デイトナ・カブスに昇格し[8]、16試合に出場して打率.333・5本塁打を記録した。

2014年はAA級テネシー・スモーキーズでプレーし、6月にサザンリーグのオールスターゲームのホームランダービーで優勝した[9]6月18日にAAA級アイオワ・カブスに昇格し、68試合に出場して打率.355・22本塁打を記録[10]。この活躍からベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞USAトゥデイ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞した[11][12]。同年、マイナーリーグ(AA級テネシーとAAA級アイオワ)では計138試合に出場し、打率.325・43本塁打・110打点という好成績を残し、打棒を発揮した。

2015年スプリングトレーニング中のオープン戦で14試合に出場して打率.425・9本塁打という好成績を残しながら、FA資格取得を遅らせたいという球団の意向からAAA級アイオワで開幕を迎えることになった[13]。開幕後、AAA級アイオワでは7試合に出場して打率.321・3本塁打・10打点の成績を残した。そして4月17日、満を持してメジャー初昇格を果たした[14]。デビュー戦となった同日のサンディエゴ・パドレス戦では4番・三塁手で先発起用されたが、ジェームズ・シールズを相手に初打席から3連続三振を喫するなど4打数無安打3三振と結果を残せなかった。翌18日の同カードで初安打と初打点を記録した。5月9日ミルウォーキー・ブルワーズ戦ではカイル・ローシュからメジャー初本塁打を放った。また、5月は打率.265、7本塁打、22打点、OPS.879などを記録し、ナ・リーグ月間最優秀新人を受賞した[15]オールスターゲームの投票では三塁手部門で3位だった[16]ものの、怪我で辞退したジャンカルロ・スタントンに代わって選出され、ホームランダービーにも出場した。8月には打率.330、7本塁打、20打点、OPS1.042などを記録し、2度目となる月間最優秀新人を受賞した。9月6日、本拠地リグレー・フィールドで行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦では、ルビー・デラロサからこの年のメジャー最長となる495.3フィート(約151.0メートル)の本塁打を左中間に放った[17]。最終的に新人で両リーグ最多の31二塁打、26本塁打、99打点を記録し、サンフランシスコ・ジャイアンツマット・ダフィーらを抑えて、史上20人目となる満票での新人王を受賞した。また、26本塁打はビリー・ウィリアムズ(1961年)の25本塁打を上回り、99打点はウィリアムズ、ジオバニー・ソト(2008年)の86打点を上回り、それぞれ球団の新人記録を更新した。チームにとって7年ぶりとなったポストシーズンでは、9試合に出場し2本塁打、5打点を記録したものの、打率.176、12三振と精彩を欠いた。

2016年は更なる飛躍のシーズンとなった。6月27日のシンシナティ・レッズ戦、5打数5安打6打点と大活躍した。この日の5本のヒットはすべて長打(3本塁打、2二塁打)であり、これは1900年以降では史上9人目の記録であった。前半戦をリーグトップの25本塁打、同3位の65打点として、ファン投票によって2年連続のオールスター選出となった。最終的に155試合に出場し、打率.292・39本塁打・102打点・OPS.939と昨年を上回る好成績をマーク。三振率も30.6%から22.0%へ改善された。守備では本職こそ三塁だが、二塁以外の内外野6ポジションをこなすユーティリティぶりを見せた(遊撃では守備機会なし)。また盗塁数は8つと決して多くなかったものの、BsR(走塁による得点貢献度)は7.3と走塁も優れていた。これらの走攻守にわたる活躍もあり、総合指標のfWARはリーグ1位の8.4を記録した。10月26日にはハンク・アーロン賞を受賞した[18]

2年連続で迎えたポストシーズンは、サンフランシスコ・ジャイアンツとのディビジョンシリーズでは主力打者の多くが不振に陥る中にあって、打率.375、1本塁打、3打点と活躍。第3戦では2点ビハインドの9回無死1塁でセルジオ・ロモから試合を振り出しに戻す2ランを放った。ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは本塁打こそなかったが打率.304、3打点の成績を記録した。チームにとって71年ぶりとなったクリーブランド・インディアンスとのワールドシリーズでは第4戦まで打率.071の不振に陥ったが、1勝3敗とインディアンスに王手をかけられて迎えた第5戦で1点ビハインドの4回にトレバー・バウアーから同点に追いつくソロ本塁打を放ち、続く第6戦でも1回にジョシュ・トムリンから先制のソロ本塁打を放った。ワールドシリーズでの成績は7試合の出場で打率.269、打点はこの本塁打による2点のみだった。チームは第5戦から3連勝で108年ぶりのワールドチャンピオンとなった。シーズンオフには投票権を持つ全米野球記者協会(BBWAA)の会員30人のうち29人から1位票を集め(残りの1人は2位票)、ナ・リーグのMVPに輝いた。新人王受賞の翌年にMVPを獲得したのは、カル・リプケン・ジュニアライアン・ハワードダスティン・ペドロイアに次ぐメジャー史上4人目の快挙だった[19]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 CHC 151 650 559 87 154 31 5 26 273 99 13 4 0 5 77 0 9 199 7 .275 .369 .488 .858
2016 155 699 603 121 176 35 3 39 334 102 8 5 0 3 75 5 18 154 3 .292 .385 .554 .939
通算:2年 306 1349 1162 208 330 66 8 65 607 201 21 9 0 8 152 5 27 353 10 .284 .377 .522 .900
  • 2016年度シーズン終了時[20]
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 17 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Kris Bryant Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月2日閲覧。
  2. ^ Brewer, Ray (2010年3月6日). “All eyes on Bonanza slugger Kris Bryant, a likely first-round draft pick - Las Vegas Sun News”. Lasvegassun.com. 2013年4月20日閲覧。
  3. ^ Ex-Bonanza star improves his baseball stock as collegian”. Lasvegassun.com. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ Times. “In brief: Gonzales, Carpenter lead way for Zags on WCC team - Spokesman.com - June 2, 2011”. Spokesman.com. 2013年6月2日閲覧。
  5. ^ San Diego’s Bryant wins 36th Golden Spikes Award as nation’s best player”. USA Baseball. NCAA.com (2013年7月20日). 2013年8月11日閲覧。
  6. ^ Future 50: Appel No. 1”. Insider.espn.go.com (2013年3月14日). 2013年4月20日閲覧。
  7. ^ Law, Keith. “Thurman, Bryant both first-rounders”. Insider.espn.go.com. 2013年4月20日閲覧。
  8. ^ Rogers, Jesse. “Kris Bryant promoted to Single-A Daytona - Chicago Cubs Blog - ESPN Chicago”. Espn.go.com. 2013年8月13日閲覧。
  9. ^ Bryant slugs way to Double-A Home Run Derby crown
  10. ^ Cubs' prospect Bryant promoted to Iowa
  11. ^ Miller, Bryce (2014年9月3日). “Electrifying Cubs prospect Kris Bryant earns player of year honor”. USA Today. 2014年9月3日閲覧。
  12. ^ Cooper, J.J. (2014年9月9日). “2014 Minor League Player Of The Year: Kris Bryant”. Baseball America. 2014年9月9日閲覧。
  13. ^ カブス大物新人が開幕登録外れた真相は…”. スポーツニッポン (2015年4月26日). 2015年6月28日閲覧。
  14. ^ Rogers, Jesse (2015年4月16日). “Cubs to promote 3B Kris Bryant, 23, for major league debut”. ESPN.com. 2015年6月28日閲覧。
  15. ^ ナショナルズ勢2人が5月MVP 同一球団独占は7年ぶり”. スポーツニッポン (2015年6月5日). 2015年6月28日閲覧。
  16. ^ 2015 MLB All Star Game Voting Update: Leaders, Snubs, Ballots & Results for AL and NL Rosters”. Latin Post (2015年7月2日). 2015年12月19日閲覧。
  17. ^ Watch NL Rookie of the Year Kris Bryant club a 495-foot homer”. USA Today (2015年11月16日). 2015年12月19日閲覧。
  18. ^ Eric, Stephen (2016年10月26日). “David Ortiz, Kris Bryant win 2016 Hank Aaron Awards - SBNation.com” (英語). SBNation.com. http://www.sbnation.com/2016/10/26/13429724/david-ortiz-kris-bryant-2016-hank-aaron-awards-mlb 2016年11月5日閲覧。 
  19. ^ 大リーグ、ブライアントがMVP アはトラウトが2度目受賞”. デイリースポーツ (2016年11月18日). 2016年11月18日閲覧。
  20. ^ Kris Bryant Statistics and History - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]