トッド・フレイジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • トッド・フレイジアー
  • トッド・フレイザー
トッド・フレイジャー
Todd Frazier
ニューヨーク・メッツ #21
Todd Frazier at bat, July 7, 2018 (cropped).jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2018年7月7日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州ポイントプレザント
生年月日 (1986-02-12) 1986年2月12日(32歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手左翼手
プロ入り 2007年 ドラフト1巡目(全体34位)でシンシナティ・レッズから指名
初出場 2011年5月23日 フィラデルフィア・フィリーズ
年俸 $8,000,000 (2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トッド・ブライアン・フレイジャーTodd Brian Frazier , 1986年2月12日 - )は、 アメリカ合衆国ニュージャージー州ポイントプレザント出身のプロ野球選手(主に三塁手)。右投右打。MLBニューヨーク・メッツ所属。愛称はトッド・ファーザー[2]

経歴[編集]

プロ入りとレッズ時代[編集]

2007年MLBドラフト1巡目(全体34位)でシンシナティ・レッズに入団[3]

2011年5月23日フィラデルフィア・フィリーズ戦メジャーデビュー[3]

2012年は衰えていたスコット・ローレンに代わって、シーズン途中から三塁手のレギュラーを掴んだ。また、チームの主砲であるジョーイ・ボットの離脱時には、一塁手としても試合に出場した。規定打席には到達しなかったが、128試合に出場し、19本塁打・67打点を記録[3]。ナ・リーグ新人王の投票では、ブライス・ハーパーWSH)、ウェイド・マイリーARI)に次いで3位に入った。

2013年は三塁のレギュラーの座を完全に射止めて、150試合に出場[3]。うち140試合でサードのスタメンを務めた。打率こそ.273から.234まで低下し、29二塁打・2年連続となる19本塁打を記録した[3]。一方で、前述の打率低下に加え、三振が125まで増えるなどミート面では課題を残した。

2014年は三塁を中心に、ボットが戦線を離脱した際には一塁も務めて157試合に出場し、大ブレイクを果たす。打撃面では、三振の数こそ前年から大幅に増やして139個だったが、打率は.273と、2012年と同水準まで回復。更にホームランも前年から10本上乗せし、7月20日に自身初の20本塁打に到達すると、その後1か月間ほど本塁打が出ない時期が続いたが、最終的にはナ・リーグ4位となる29本塁打を放った。打点でもメジャー4年目で初となる80打点を記録し、本塁打・打点・安打はチームトップの数字だった。打撃以上に長足の進歩を遂げたのがスピードで、2011年 - 2013年までの3年間で通算盗塁数は10個だったが、この年だけでその倍に当たる20盗塁を決め、「20本塁打20盗塁」を同時達成した。2014年のナ・リーグで「20本塁打・20盗塁」を同時に達成したのはフレイジャーを含めて3人だけという記録だった。2014年のレッズは、主砲のボットの戦線離脱とジェイ・ブルースの大不振に見舞われ、ブランドン・フィリップスライアン・ラドウィックといった他の主力打者の成績も軒並み低調なものに終わった。そんな中フレイジャーは、新鋭の正捕手であるデビン・メソラコと共に大砲として打線を支えた。

2015年2月8日、2年総額1200万ドルで契約を延長した。この年は、前半戦で打率.284・25本塁打・57打点・8盗塁・OPS0.922という好成績を記録[4]し、2年連続でオールスターのメンバーに選出された。また、ホームランダービーのメンバーにも選出され、1回戦プリンス・フィルダーを14-13で下し準決勝に進出すると、準決勝ではジョシュ・ドナルドソンを10-9で下し決勝に進出。15-14でジョク・ピーダーソンを下し、ホームのシンシナティで優勝を果たした。オールスターの試合には「2番・三塁」でスタメン出場したが、3打数無安打に終わった[5]。トータルで157試合に出場し、打率.255・35本塁打・89打点・13盗塁・OPS0.806という好成績をマーク。打数がナ・リーグ最多だったほか、43二塁打は同2位タイ・308トータルベースと35本塁打が同4位と、パワー面の多くのスタッツでリーグ上位にランクインした。

ホワイトソックス時代[編集]

2015年12月16日にレッズ、シカゴ・ホワイトソックスロサンゼルス・ドジャース間の三角トレードで、ホワイトソックスに移籍した[6]

2016年は158試合に出場し、打率.225・40本塁打・98打点・15盗塁という成績を記録[3]。ホームランは自身初の40本台で、リーグ6位にランクインしたが、シーズン通じて低打率に苦しんだ。163三振はリーグ8位だった。それでも、89得点は自己ベスト、本塁打と打点は3年連続で増加した。

ヤンキース時代[編集]

2017年7月19日タイラー・クリッパードイアン・クラーキン英語版ブレイク・ラザフォード英語版ティト・ポロ英語版とのトレードで、トミー・ケインリーデビッド・ロバートソンとともにニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[7]。8月24日のタイガース戦でアレックス・ウィルソンから故意死球を受け、両チームから選手が入り乱れる乱闘になった[8]。オフの11月2日フリーエージェント(FA)となった[9]

メッツ時代[編集]

2018年2月7日に、ニューヨーク・メッツと2年総額1700万ドルで契約を結んだ[10]

人物[編集]

長兄のチャーリー・フレイジャー・ジュニア、次兄のジェフ・フレイジャー英語版は共に元プロ野球選手。チャーリー・ジュニアは元フロリダ・マーリンズ傘下の外野手で、現在は故郷のニュージャージー州で野球教室を開いている。ジェフも外野手で、2010年デトロイト・タイガースでメジャーデビューを果たした[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 CIN 41 121 112 17 26 5 0 6 49 15 1 0 0 0 7 0 2 27 2 .232 .289 .438 .727
2012 128 465 422 55 115 26 6 19 210 67 3 2 0 4 36 1 3 103 9 .273 .331 .498 .829
2013 150 600 531 63 124 29 3 19 216 73 6 5 2 3 50 1 14 125 14 .234 .314 .407 .721
2014 157 660 597 88 163 22 1 29 274 80 20 8 0 4 52 2 7 139 9 .273 .336 .459 .795
2015 157 678 619 82 158 43 1 35 308 89 13 8 1 7 44 3 7 137 19 .255 .309 .498 .806
2016 CHW 158 666 590 89 133 21 0 40 274 98 15 5 1 7 64 1 4 163 11 .225 .302 .464 .767
2017 81 335 280 41 58 15 0 16 121 44 4 3 0 3 48 1 4 71 4 .207 .328 .432 .761
NYY 66 241 194 33 43 4 1 11 82 32 0 0 0 2 35 1 10 54 6 .222 .365 .423 .788
'17計 147 576 474 74 101 19 1 27 203 76 4 3 0 5 83 2 14 125 10 .213 .344 .428 .772
MLB:7年 938 3766 3345 468 820 165 12 175 1534 498 62 31 4 30 336 10 51 819 74 .245 .321 .459 .779
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (2011年 - 2017年7月18日)
  • 29 (2017年7月19日 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ Todd Frazier Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年2月8日閲覧。
  2. ^ Kyle Beery (2017年8月24日). “Yanks Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2018年2月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2018年2月8日閲覧。
  4. ^ Todd Frazier 2015 Batting Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年2月19日閲覧。
  5. ^ July 14, 2015 All-Star Game Play-By-Play and Box Score - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年2月19日閲覧。
  6. ^ Andrew Simon (2015年12月16日). “White Sox acquire Frazier in 3-team deal”. mlb.com. 2015年4月13日閲覧。
  7. ^ Bryan Hoch (2017年7月19日). “Yanks get Frazier's power, extra relief in blockbuster” (英語). MLB.com. 2017年7月20日閲覧。
  8. ^ Yanks-Tigers dust up a prelude to punishment” (英語). MLB.com (2017年8月24日). 2017年8月25日閲覧。
  9. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2018年2月8日閲覧。
  10. ^ Anthony DiComo (2018年2月7日). “Frazier thrilled to be a Met: 'This is my home' / New York introduces new third baseman at Citi Field news conference” (英語). MLB.com. 2018年2月8日閲覧。
  11. ^ Meggie Zahneis (2012年8月10日). “Frazier looks back on his path to the big leagues” (英語). MLB.com. 2018年2月8日閲覧。
  12. ^ “今季メジャーで熱い選手は?ハート&ハッスル賞発表 過去に川崎も候補”. スポニチアネックス. (2016年11月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/16/kiji/K20161116013735030.html 2016年11月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]