デーブ・コンセプシオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デーブ・コンセプシオン
Dave Concepción
Dave Concepción.jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アラグア州
生年月日 1948年6月17日(68歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
155 lb =約70.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1967年
初出場 1970年4月6日
最終出場 1988年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デーブ・コンセプシオンDavid Ismael Concepción Benitez , 1948年6月17日 - )はベネズエラアラグア州出身の元プロ野球選手遊撃手)。右投右打。

経歴[編集]

1967年シンシナティ・レッズに入団した。投手として入団したがすぐに内野手に転向。

1970年4月6日にメジャーデビューを果たす。

1973年にはレギュラーに定着し、オールスターゲームに初選出されるが、その2日前に発症した肘の故障で出場できず、そればかりかシーズン後半戦も棒に振った。

1974年は160試合に出場して打率.281、14本塁打、82打点、41盗塁と活躍。初のゴールドグラブ賞に選ばれ、この年からの4年連続を含めて以後通算5回同賞を受賞した。ジョー・モーガンと共に二遊間コンビの受賞を4年連続で達成したのは史上2人組目で歴代最長タイ記録である。

1975年1976年にはチームの2年連続ワールドシリーズ制覇に貢献。 この頃のレッズは「Big Red Machine」と呼ばれたメジャー史上に残る最強チームの1つで、捕手ジョニー・ベンチ一塁手トニー・ペレス二塁手ジョー・モーガン三塁手ピート・ローズ左翼手ジョージ・フォスター中堅手シーザー・ジェロニモ右翼手ケン・グリフィー・シニアらとともにその一員として他球団に脅威を与えた。

1982年7月13日、初めてアメリカ国外(カナダモントリオールオリンピック・スタジアム)で開催されたオールスターゲームで2本塁打を打ち、MVPに選ばれた。

1986年シーズン後半には、長年務めたショートの定位置をバリー・ラーキンと配置転換されたが、代打や、内野全てを守る貴重な控え要員として活躍。ただし、遊撃手としての2,222試合出場のナ・リーグ記録(ラリー・ボーワ)には44試合及ばなかった。

1988年限りで現役引退した。なお、その年の6月3日には大敗している試合で投手として登板。1回1/3イニングを投げ、2安打を許したが失点はなく、三振を1つ奪った[1]

2006年3月の第1回WBCベネズエラ代表のコーチを務めた。

2007年8月25日、現役時代の背番号13」が永久欠番となる。その際、「13番は不吉な番号なんかではない。ラッキーナンバーだ。」と述べた。MLBの全球団の永久欠番で、「13」はコンセプシオンが唯一である。

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 CIN 101 296 265 38 69 6 3 1 84 19 10 2 3 2 23 5 3 45 10 .260 .324 .317 .641
1971 130 354 327 24 67 4 4 1 82 20 9 3 8 1 18 2 0 51 10 .205 .246 .251 .497
1972 119 421 378 40 79 13 2 2 102 29 13 6 5 4 32 8 2 65 11 .209 .272 .270 .542
1973 89 357 328 39 94 18 3 8 142 46 22 5 2 5 21 3 1 55 7 .287 .327 .433 .760
1974 160 653 594 70 167 25 1 14 236 82 41 6 5 4 44 10 6 79 20 .281 .335 .397 .732
1975 140 558 507 62 139 23 1 5 179 49 33 6 6 4 39 4 2 51 17 .274 .326 .353 .679
1976 152 636 576 74 162 28 7 9 231 69 21 10 4 6 49 11 1 68 11 .281 .335 .401 .736
1977 156 630 572 59 155 26 3 8 211 64 29 7 6 6 46 6 0 77 15 .271 .322 .369 .691
1978 153 624 565 75 170 33 4 6 229 67 23 10 3 4 51 4 1 83 14 .301 .357 .405 .762
1979 149 666 590 91 166 25 3 16 245 84 19 7 6 6 64 5 0 73 18 .281 .348 .415 .763
1980 156 668 622 72 162 31 8 5 224 77 12 2 2 6 37 2 1 107 20 .260 .300 .360 .660
1981 106 468 421 57 129 28 0 5 172 67 4 5 2 7 37 1 1 61 13 .306 .358 .409 .767
1982 147 623 572 48 164 25 4 5 212 53 13 6 2 4 45 4 0 61 20 .287 .337 .371 .708
1983 143 593 528 54 123 22 0 1 148 47 14 9 2 7 56 9 0 81 21 .233 .303 .280 .583
1984 154 600 531 46 130 26 1 4 170 58 22 6 8 9 52 5 0 72 9 .245 .307 .320 .627
1985 155 620 560 59 141 19 2 7 185 48 16 12 3 4 50 3 3 67 23 .252 .314 .330 .644
1986 90 346 311 42 81 13 2 3 107 30 13 2 5 4 26 1 0 43 13 .260 .314 .344 .658
1987 104 311 279 32 89 15 0 1 107 33 4 3 1 3 28 5 0 24 10 .319 .377 .384 .761
1988 84 216 197 11 39 9 0 0 48 8 3 2 1 0 18 5 0 23 4 .198 .265 .244 .509
通算:19年 2488 9640 8723 993 2326 389 48 101 3114 950 321 109 74 86 736 93 21 1186 266 .267 .322 .357 .679
  • 各年度の太字はリーグ最高

受賞歴[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

コーチ歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ June 3, 1988 Cincinnati Reds at Los Angeles Dodgers Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference (1988年6月3日). 2016年9月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]