1972年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1972 MLBオールスターゲーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
AL 0 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 6 0
NL 0 0 0 0 0 2 0 0 1 1 4 8 0
開催日時 1972年7月25日
開催球場 アトランタ・スタジアム
開催地 ジョージア州アトランタ
監督 AL - アール・ウィーバー (BAL)
NL - ダニー・マートー (PIT)
MVP ジョー・モーガン (CIN)
観客動員数 53,107人
MLBオールスターゲーム
 < 1971 1973 > 

1972年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた43回目のオールスターゲームである。1972年7月25日アトランタ・ブレーブスの本拠地アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムで行われた。試合結果は3 - 4でナショナルリーグが勝利した。

MVPは10回にサヨナラ適時打を放ったジョー・モーガンが受賞した。

凡例[編集]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手 RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手

試合結果[編集]

先発メンバー[編集]

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ロッド・カルー (MIN) 2B
2 ボビー・マーサー (NYY) CF
3 レジー・ジャクソン (OAK) RF
4 ディック・アレン (CWS) 1B
5 カール・ヤストレムスキー (BOS) LF
6 ボビー・グリッチ (BAL) SS
7 ブルックス・ロビンソン (BAL) 3B
8 ビル・フリーハン (DET) C
9 ジム・パーマー (BAL) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ジョー・モーガン (CIN) 2B
2 ウィリー・メイズ (NYM) CF
3 ハンク・アーロン (ATL) RF
4 ウィリー・スタージェル (PIT) LF
5 ジョニー・ベンチ (CIN) C
6 リー・メイ (HOU) 1B
7 ジョー・トーリ (STL) 3B
8 ドン・ケッシンジャー (CHC) SS
9 ボブ・ギブソン (STL) P

試合経過[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカンリーグ 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 4 1
ナショナルリーグ 0 1 0 2 1 0 1 2 X 3 10 1
  1. : タグ・マグロウ (1-0)  : デーブ・マクナリー (0-1)  
  2. :  AL – クッキー・ロハス (1)  NL – ハンク・アーロン (1)

選出選手[編集]

先発は野手はファンの投票、投手は各チームの監督によって選ばれた。

先発選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ジム・パーマー (BAL) 3
C ビル・フリーハン (DET) 9
1B ディック・アレン (CWS) 5
2B ロッド・カルー (MIN) 6
3B ブルックス・ロビンソン (BAL) 13
SS ルイス・アパリシオ (OAK)[1] 10
OF レジー・ジャクソン (OAK) 3
ボビー・マーサー (NYY) 2
カール・ヤストレムスキー (BOS) 9
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ボブ・ギブソン (STL) 8
C ジョニー・ベンチ (CIN) 5
1B リー・メイ (HOU) 3
2B ジョー・モーガン (CIN) 3
3B ジョー・トーリ (STL) 8
SS ドン・ケッシンジャー (CHC) 5
OF ハンク・アーロン (ATL) 18
ロベルト・クレメンテ (PIT) 12
ウィリー・スタージェル (PIT) 5

控え選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ジョー・コールマン (DET)[1]
パット・ドブソン (BAL)
ケン・ホルツマン (OAK)
キャットフィッシュ・ハンター(OAK) 4
ミッキー・ロリッチ (DET) 3
デーブ・マクナリー (BAL) 3
ゲイロード・ペリー (CLE) 3
ノーラン・ライアン (CAL)
ウィルバー・ウッド (CWS) 2
C カールトン・フィスク (BOS)
エリー・ロドリゲス (MIL) 2
1B ノーム・キャッシュ (DET) 4
2B クッキー・ロハス (KC) 3
3B サル・バンドー (OAK) 2
SS バート・キャンパネリス (OAK) 2
ボビー・グリッチ (BAL)
トビー・ハラー (TEX)[1]
フレディ・パテック (KC)[1]
OF カルロス・メイ (CWS) 2
エイモス・オーティス (KC)[1] 3
ルー・ピネラ (KC)
ジョー・ルディ (OAK)
リッチー・シェインブラム (KC)
レジー・スミス (BOS) 2
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P スティーブ・ブラス (PIT)
スティーブ・カールトン (PHI) 4
クレイ・キャロル (CIN) 2
ファーガソン・ジェンキンス (CHC) 3
タグ・マグロウ (NYM)
ゲーリー・ノーラン (CIN)[1]
トム・シーバー (NYM) 6
ビル・ストーンマン (MON)
ドン・サットン (LAD)
C マニー・サンギーエン (PIT) 2
テッド・シモンズ (STL)
1B ネイト・コルバート (SD) 2
2B グレン・ベッカート (CHC) 4
3B ロン・サント (CHC) 8
SS クリス・スパイアー (SF)
OF ルー・ブロック (STL) 3
シーザー・セデーニョ (HOU)
ウィリー・メイズ (NYM) 19
アル・オリバー (PIT)
ビリー・ウィリアムズ (CHC) 5

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 出場辞退

出典[編集]