1955年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1955 MLBオールスターゲーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
AL 4 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 5 10 2
NL 0 0 0 0 0 0 2 3 0 0 0 1 6 13 2
開催日時 1955年7月12日
開催球場 ミルウォーキー・カウンティ・スタジアム
開催地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
監督 AL - アル・ロペス (CLE)
NL - レオ・ドローチャー (NYG)
観客動員数 45,643人
MLBオールスターゲーム
 < 1954 1956 > 

1955年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた22回目のオールスターゲームである。1955年7月12日ミルウォーキー・ブレーブスの本拠地ミルウォーキー・カウンティ・スタジアムで行われた。試合結果は6 - 5でナショナルリーグが勝利した。

凡例[編集]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手 RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手

試合結果[編集]

先発メンバー[編集]

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ハービー・キーン (DET) SS
2 ネリー・フォックス (CWS) 2B
3 テッド・ウィリアムズ (BOS) LF
4 ミッキー・マントル (NYY) CF
5 ヨギ・ベラ (NYY) C
6 アル・ケーライン (DET) RF
7 ミッキー・バーノン (WS1) 1B
8 ジム・フィニガン (KCA) 3B
9 ビリー・ピアース (CWS) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 レッド・ショーエンディーンスト(STL) 2B
2 デル・エニス (PHI) LF
3 デューク・スナイダー (BRO) CF
4 テッド・クルゼウスキー (CIN) 1B
5 エディ・マシューズ (ML1) 3B
6 ドン・ミューラー (NYG) RF
7 アーニー・バンクス (CHC) SS
8 デル・クランドール (ML1) C
9 ロビン・ロバーツ (PHI) P

試合経過[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
アメリカンリーグ 4 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 5 10 2
ナショナルリーグ 0 0 0 0 0 0 2 3 0 0 0 1 6 13 1
  1. : ジーン・コンリー (1-0)  : フランク・サリバン (0-1)  
  2. :  AL – ミッキー・マントル (1)  NL – スタン・ミュージアル (1)

選出選手[編集]

先発は野手はファンの投票、投手は各チームの監督によって選ばれた。

先発選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ビリー・ピアース (CWS) 2
C ヨギ・ベラ (NYY) 8
1B ミッキー・バーノン (WS1) 5
2B ネリー・フォックス (CWS) 5
3B ジム・フィニガン (KCA) 2
SS ハービー・キーン (DET) 3
OF アル・ケーライン (DET)
ミッキー・マントル (NYY) 4
テッド・ウィリアムズ (BOS) 12
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ロビン・ロバーツ (PHI) 6
C ロイ・キャンパネラ (BRO) [1] 7
1B テッド・クルゼウスキー (CIN) 3
2B レッド・ショーエンディーンスト(STL) 9
3B エディ・マシューズ (ML1) 2
SS アーニー・バンクス (CHC)
OF デル・エニス (PHI) 3
ドン・ミューラー (NYG) 2
デューク・スナイダー (BRO) 6

控え選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ディック・ドノバン (CWS)
ホワイティ・フォード (NYY) 2
ビリー・ホーフト (DET)
ハーブ・スコア (CLE)
フランク・サリバン (BOS)
ボブ・ターリー (NYY) 2
ジム・ウィルソン (BAL) 2
アーリー・ウィン (CLE)
C シャーム・ローラー (CWS) 3
1B ビック・パワー (KCA)
2B ボビー・アビラ (CLE) 3
3B アル・ローゼン (CLE) 4
SS チコ・カラスケル (CWS) 4
OF ラリー・ドビー (CLE) 7
ジャッキー・ジェンセン (BOS) 2
アル・スミス (CLE)
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ルイス・アローヨ (STL)
ジーン・コンリー (ML1) 2
ハービー・ハディックス (PHI) 3
サム・ジョーンズ (CHC)
ドン・ニューカム (BRO) 4
ジョー・ナックスホール (CIN)
C スモーキー・バージェス (CIN) 2
デル・クランドール (ML1) 3
スタン・ロパタ (PHI) [2]
1B ギル・ホッジス (BRO) 7
スタン・ミュージアル (STL) 12
2B ジーン・ベイカー (CHC)
3B ランディ・ジャクソン (CHC) 2
SS ジョニー・ローガン (ML1)
OF ハンク・アーロン (ML1)
ウィリー・メイズ (NYG) 2
フランク・トーマス (PIT) 2

脚注[編集]

  1. ^ 出場辞退
  2. ^ ロイ・キャンパネラの出場辞退により代替選出

外部リンク[編集]