カールトン・フィスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カールトン・フィスク
Carlton Fisk
Carlton Fisk - Baseball HOF Induction 2013.jpg
2013年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バーモント州ベローズフォールズ
生年月日 (1947-12-26) 1947年12月26日(69歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1967年 MLBドラフト1巡目(全体4位)
初出場 1969年9月18日
最終出場 1993年6月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2000年
得票率 79.6%
選出方法 全米野球記者協会選出

カールトン・アーネスト・フィスクCarlton Ernest Fisk, 1947年12月26日 - )は、アメリカ合衆国バーモント州ベローズフォールズ出身の元プロ野球選手捕手)。愛称は「Pudge」。

経歴[編集]

ボストン・レッドソックス[編集]

1967年1月のMLBドラフトMLBボストン・レッドソックスから1巡目(全体4位)に指名を受け入団。同年9月18日の対ボルチモア・オリオールズ戦でMLBデビュー。

1971年9月12日の対デトロイト・タイガース戦でMLB初本塁打を記録。

1972年にレギュラーを獲得し、前半戦で打率.310・15本塁打の成績でオールスターゲームに初選出される。打率.293・22本塁打・61打点、リーグトップの9三塁打、共にリーグ2位の長打率.538・OPS.909を記録し、新人王を満票で受賞[1]MVPの投票でも4位に入り、ゴールドグラブ賞も獲得した。

1973年ニューヨーク・ヤンキースとの開幕戦で満塁本塁打を含む2本塁打を放ち6打点を記録するなど、前半戦で18本塁打を放つが、後半戦で打率.196と不振に陥った。

1974年は故障で出遅れ、復帰後は好調だったものの6月28日を最後に左足を骨折して離脱し、52試合の出場に留まる。同年のオールスターゲーム前の開会式では、松葉杖に支えられながらアメリカンリーグのスター選手達とファウルライン上に並び、スタンドのファンの大喝采を受けた[2]

1975年も故障で出遅れ、6月下旬に復帰。79試合の出場ながら打率.331・10本塁打・52打点を記録しチームの地区優勝に貢献。ワールドシリーズ3連覇中のオークランド・アスレチックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.417と活躍し、チームは3連勝で8年ぶりのリーグ優勝。シンシナティ・レッズとのワールドシリーズでは王手をかけられ、本拠地フェンウェイ・パークで迎えた第6戦の延長12回裏に先頭打者として打席に立ち、レフトポールを直撃するサヨナラ本塁打を放つ。ポール際に飛んだ打球に向かって両手を大きく右に振って「入れ、入れ」とジェスチャーする姿は全米の注目の的となり、当時世界一の名バレエダンサーだったルドルフ・ヌレエフばりに「ヌレエフ・ダンス」と有名になった[2]。後に「シリーズ史上最高のゲーム」と呼ばれるようになった試合の象徴的なシーンだった。チームは第7戦で敗れてワールドチャンピオンを逃す。レッズのスパーキー・アンダーソン監督はフィスクの送球がシュート気味に二塁ベースの右の方に偏るのを見抜いて積極的に走らせ、レッズはこのシリーズでフィスクから9連続で盗塁を成功させている[2]

1977年は26本塁打・102打点、いずれもキャリアハイの打率.315・出塁率.402・106得点を記録。

1978年はキャリアハイの157試合に出場し、20本塁打・88打点を記録。チームはヤンキースとのワンゲームプレーオフで敗れて地区優勝を逃した。1980年オフにフリーエージェント(FA)となる。

シカゴ・ホワイトソックス[編集]

1981年3月18日にシカゴ・ホワイトソックスと契約。同年は50日間に及ぶストライキでシーズンが中断・短縮された影響で96試合の出場に留まるが、シルバースラッガー賞を受賞。

1983年は6月中旬まで打率が.200前後と不調だったが、7月に打率.366・10本塁打・31打点を記録するなど後半戦で打率.319・17本塁打・56打点と調子を上げ、チームの地区優勝に貢献。オリオールズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.176に終わり、チームは1勝3敗で敗退。MVPの投票では自己最高の3位に入った。

1985年は9月6日のテキサス・レンジャーズ戦で7打点を挙げるなど、打率.238ながらキャリアハイの37本塁打・107打点を記録し、2度目のシルバースラッガー賞を受賞。

1988年リック・フェレルが持つ捕手としての最多出場試合1806のメジャー記録を40年ぶりに更新。同年は76試合の出場ながら19本塁打を記録し、3度目のシルバースラッガー賞を受賞。

1991年オールスターゲームに43歳で出場して安打を放ったが、これはオールスターゲーム出場選手中、最高齢安打記録である[2]

その後捕手としての出場試合を2226まで伸ばすが、1993年6月28日に解雇され、現役を引退。

引退後[編集]

シカゴ・ホワイトソックスの永久欠番「72
ボストン・レッドソックスの永久欠番「27

1996年にホワイトソックス時代の背番号72」が球団の永久欠番に指定される。2000年アメリカ野球殿堂入り。

2001年にレッドソックス時代の背番号「27」が球団の永久欠番に指定された。

2005年6月13日、レッズ戦の試合前にセレモニーが行われ、球団はフェンウェイ・パークの左翼ポールを「フィスク・ファウルポール」と命名した。

2012年10月22日、イリノイ州ウィル郡ニューレノックスのトウモロコシ畑の中でウォッカを飲み車で寝ていたところを通報され、飲酒運転の容疑で逮捕された。ワールドシリーズのサヨナラ本塁打から37年と1日後の事であった[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 BOS 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1971 14 49 48 7 15 2 1 2 25 6 0 0 0 0 1 0 0 10 1 .313 .327 .521 .847
1972 131 514 457 74 134 28 9 22 246 61 5 2 1 0 52 6 4 83 11 .293 .370 .538 .909
1973 135 558 508 65 125 21 0 26 224 71 7 2 1 2 37 2 11 99 11 .246 .309 .441 .750
1974 52 216 187 36 56 12 1 11 103 26 5 1 2 1 24 2 2 23 5 .299 .383 .551 .934
1975 79 294 263 47 87 14 4 10 139 52 4 3 0 2 27 4 2 27 4 .331 .395 .529 .923
1976 134 557 487 76 124 17 5 17 202 58 12 5 3 5 56 3 6 71 11 .255 .336 .415 .751
1977 152 632 536 106 169 26 3 26 279 102 7 6 2 10 75 3 9 85 9 .315 .402 .521 .922
1978 157 658 571 94 162 39 5 20 271 88 7 2 3 6 71 6 7 83 10 .284 .366 .475 .841
1979 91 340 320 49 87 23 2 10 144 42 3 0 1 3 10 0 6 38 9 .272 .304 .450 .754
1980 131 530 478 73 138 25 3 18 223 62 11 5 0 3 36 6 13 62 12 .289 .353 .467 .819
1981 CHW 96 394 338 44 89 12 0 7 122 45 3 2 1 5 38 3 12 37 9 .263 .354 .361 .715
1982 135 536 476 66 127 17 3 14 192 65 17 2 4 4 46 7 6 60 12 .267 .336 .403 .740
1983 138 545 488 85 141 26 4 26 253 86 9 6 2 3 46 3 6 88 8 .289 .355 .518 .874
1984 102 395 359 54 83 20 1 21 168 43 6 0 1 4 26 4 5 60 7 .231 .289 .468 .757
1985 153 620 543 85 129 23 1 37 265 107 17 9 2 6 52 12 17 81 9 .238 .320 .488 .808
1986 125 491 457 42 101 11 0 14 154 63 2 4 0 6 22 2 6 92 10 .221 .263 .337 .600
1987 135 508 454 68 116 22 1 23 209 71 1 4 1 6 39 8 8 72 9 .256 .321 .460 .782
1988 76 298 253 37 70 8 1 19 137 50 0 0 1 2 37 9 5 40 6 .277 .377 .542 .919
1989 103 419 375 47 110 25 2 13 178 68 1 0 0 5 36 8 3 60 15 .293 .356 .475 .830
1990 137 521 452 65 129 21 0 18 204 65 7 2 0 1 61 8 7 73 12 .285 .378 .451 .829
1991 130 501 460 42 111 25 0 18 190 74 1 2 0 2 32 4 7 86 19 .241 .299 .413 .712
1992 62 214 188 12 43 4 1 3 58 21 3 0 0 2 23 5 1 38 2 .229 .313 .309 .622
1993 25 58 53 2 10 0 0 1 13 4 0 1 1 1 2 0 1 11 0 .189 .228 .245 .473
通算:24年 2499 9853 8756 1276 2356 421 47 376 3999 1330 128 58 26 79 849 105 143 1386 204 .269 .341 .457 .797
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (1969年)
  • 27 (1971年 - 1980年)
  • 72 (1981年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 1972 Awards Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 伊東一雄 『メジャー・リーグ紳士録』 ベースボール・マガジン社、4-583-03411-3、118-119頁。ISBN 4-583-03411-3
  3. ^ 三尾圭 (2012年11月3日). “【MLB】ワールドシリーズ伝説のバッターがトウモロコシ畑で逮捕”. web Sportiva. 集英社. 2017年9月17日閲覧。

出典・外部リンク[編集]