ルイス・アパリシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアパリシオ第二姓(母方の)はモンティエルです。
ルイス・アパリシオ
Luis Aparicio
Luis Aparicio 2012.jpg
2012年10月3日
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 スリア州マラカイボ
生年月日 (1934-04-29) 1934年4月29日(85歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1954年
初出場 1956年4月17日
最終出場 1973年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1984年
得票率 84.62%
選出方法 BBWAA投票による選出
アパリシオのホワイトソックス在籍時の背番号「11」。
シカゴ・ホワイトソックスの永久欠番1984年指定。
シカゴ・ホワイトソックスの本拠地USセルラー・フィールドに建つアパリシオの像

ルイス・エルネスト・アパリシオ・モンティエル(Luis Ernesto Aparicio Montiel, 1934年4月29日 - )は、ベネズエラマラカイボ出身の元プロ野球選手遊撃手)。右投げ右打ち。ニックネームは"Little Louie"(リトル・ルーイ)

経歴[編集]

ボルチモア・オリオールズ時代
(1963年)

父もベネズエラで遊撃手として活躍した野球選手だった。また、アパリシオの叔父と共にウィンターリーグのチームを所有していた。

1954年シカゴ・ホワイトソックスに入団し、1956年MLBデビュー。新人ながら152試合に出場して打率.266を残し、21盗塁で盗塁王と、新人王をダブル受賞する。その後は打撃こそ一流とは言えないものの(打率3割は1度だけ)、俊足好守の遊撃手として活躍し、39歳で引退する1973年まで18年続けてレギュラーで出場。出場試合数も最少が1972年の110試合と、安定感もあった。

アウトになった回数8110回は歴代11位という不名誉な記録も作ってしまっているが、18年連続でレギュラーだっただけのことはあって、通算2601試合は歴代35位、通算10230打数は歴代20位、通算506盗塁は歴代34位、盗塁王9回、ゴールドグラブ賞9回、オールスター選出10回などといった輝かしい記録も数多く残している。特にゴールドグラブ賞9回は後にオジー・スミスに破られる(ただし、アメリカン・リーグのみでの記録に限ればオマー・ビスケルと1位タイ。)まで、遊撃手として最多の記録だった。また、9年連続盗塁王も史上1位の記録である。(2位はリッキー・ヘンダーソンの7年連続)

1984年に南米出身者として初めてアメリカ野球殿堂入りを果たし、同年8月14日にアパリシオのホワイトソックス在籍時の背番号11』は永久欠番に指定された。また、11番はベネズエラ代表の永久欠番にも指定されている。なお、アパリシオの欠番指定後、2010年から2011年の間のみ、ホワイトソックスに移籍したオマー・ビスケルがつけていたが、これはビスケル自身が長くつけていた背番号『13』を当時ホワイトソックス監督を務めていたオジー・ギーエンがつけていた事情から、ビスケルの依頼で背番号『11』を貸し出したという。

引退後は2003年古巣ホワイトソックスの本拠地USセルラー・フィールドにて行われたMLBオールスターゲームでアメリカン・リーグの名誉キャプテンとして出場、またホワイトソックスが46年ぶりにワールドシリーズに進出した2005年のワールドシリーズ第1戦では始球式を務めた。

2006年、ホワイトソックスの本拠地USセルラー・フィールドに等身大の像が建てられた。

プレースタイル[編集]

身長は175cmと決して高い身長ではなかったものの、右へ左へと動き回り、強肩を生かして相手チームの安打を単なるアウトに変え、チームメイトでこちらも守備の名手と評された二塁のネリー・フォックスと共に組んだ二遊間は当時鉄壁といわれた。巧打者としても一流で、伊東一雄は「今ならばオジー・スミス」「大リーグ牛若丸吉田義男」と評していた。18年間の現役で遊撃手を守り続け、打順もほとんど1番で、50,60年代の最高のリードオフマンとされる。アメリカ野球殿堂のプログラムには「彼のプレーした年代の最高の遊撃手」とある。のちにベネズエラからMLBを目指す選手達の大きな目標となり、デーブ・コンセプシオンボビー・マルカーノらもアパリシオに憧れていた[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 CWS 152 583 533 69 142 19 6 3 182 56 21 4 14 1 34 2 1 63 9 .266 .311 .341 .652
1957 143 640 575 82 148 22 6 3 191 41 28 8 9 4 52 1 0 55 7 .257 .317 .332 .649
1958 145 604 557 76 148 20 9 2 192 40 29 6 8 3 35 2 1 38 8 .266 .309 .345 .654
1959 152 686 612 98 157 18 5 6 203 51 56 13 11 7 53 1 3 40 11 .257 .316 .332 .648
1960 153 670 600 86 166 20 7 2 206 61 51 8 20 6 43 3 1 39 12 .277 .323 .343 .666
1961 156 672 625 90 170 24 4 6 220 45 53 13 4 4 38 0 1 33 12 .272 .313 .352 .665
1962 153 622 581 72 140 23 5 7 194 40 31 12 4 4 32 1 1 36 11 .241 .280 .334 .614
1963 BAL 146 651 601 73 150 18 8 5 199 45 40 6 6 6 36 2 2 35 10 .250 .291 .331 .622
1964 146 642 578 93 154 20 3 10 210 37 57 17 7 5 49 0 3 51 13 .266 .324 .363 .687
1965 144 629 564 67 127 20 10 8 191 40 26 7 14 2 46 0 3 56 11 .225 .286 .339 .625
1966 151 707 659 97 182 25 8 6 241 41 25 11 12 2 33 2 1 42 10 .276 .311 .366 .677
1967 134 587 546 55 127 22 5 4 171 31 18 5 6 5 29 2 1 44 8 .233 .270 .313 .583
1968 CWS 157 664 622 55 164 24 4 4 208 36 17 11 5 2 33 3 2 43 10 .264 .302 .334 .636
1969 156 681 599 77 168 24 5 5 217 51 24 4 10 4 66 1 2 29 14 .280 .352 .362 .714
1970 146 616 552 86 173 29 3 5 223 43 8 3 5 5 53 1 1 34 11 .313 .372 .404 .776
1971 BOS 125 541 491 56 114 23 0 4 149 45 6 4 9 4 35 0 2 43 7 .232 .284 .303 .587
1972 110 474 436 47 112 26 3 3 153 39 3 3 5 5 26 0 2 28 8 .257 .299 .351 .650
1973 132 561 499 56 135 17 1 0 154 49 13 1 12 7 43 1 0 33 12 .271 .324 .309 .633
MLB:18年 2601 11230 10230 1335 2677 394 92 83 3504 791 506 136 161 76 736 22 27 742 184 .262 .311 .343 .654
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



遊撃(SS)












1956 CWS 152 250 474 35 91 .954
1957 142 246 449 20 85 .972
1958 145 289 463 21 90 .973
1959 152 282 460 23 87 .970
1960 153 305 551 18 117 .979
1961 156 264 487 30 86 .962
1962 152 280 452 20 102 .973
1963 BAL 145 275 403 12 76 .983
1964 145 260 437 15 98 .979
1965 141 238 439 20 87 .971
1966 151 303 441 17 104 .978
1967 131 221 333 25 67 .957
1968 CWS 154 269 535 19 92 .977
1969 154 248 563 20 94 .976
1970 146 251 483 18 99 .976
1971 BOS 121 194 338 16 56 .971
1972 109 183 304 16 54 .968
1973 132 190 404 21 68 .966
MLB 2581 4548 8016 366 1553 .972
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊東一雄『メジャー・リーグ紳士録』ベースボール・マガジン社、1997年、16-17頁。ISBN 4-583-03411-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]