ボブ・ギブソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・ギブソン
Bob Gibson
Bob Gibson crop.JPG
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネブラスカ州オマハ
生年月日 1935年11月9日(78歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1957年
初出場 1959年4月15日
最終出場 1975年9月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1981年
得票率 84.04%
選出方法 BBWAA[1]選出

ロバート・ギブソンRobert Gibson, 1935年11月9日 - )は、アメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ出身の元MLB選手(投手)。ニックネームは「Hoot」、「Gibby」。

経歴[編集]

1962年

7人兄弟の末っ子として生まれる。幼い頃は体が弱く、くる病気管支喘息肺炎心雑音などを患っており、成人するまで持つかと言われていた[1]。10代になって急激に身長が伸び、クレイトン大学時代は野球バスケットボールで奨学金を得て活躍した。

1957年セントルイス・カージナルスと契約。1959年4月15日の対ロサンゼルス・ドジャース戦でメジャーデビュー。しかし結果を残せずマイナー降格。7月に再昇格し、30日の対シンシナティ・レッズ戦でメジャー初勝利を完封で飾った。同年は3勝5敗、1960年は3勝6敗に終わる。1961年はメジャーに定着し、13勝12敗・防御率3.24を記録。速球の威力は十分だったものの制球が悪く、リーグ5位の166奪三振の一方で、リーグワーストの119四球を与えた。1962年は前半戦で10勝を挙げ、自身初のオールスターゲームに選出されるが登板機会はなし。シーズン通算で15勝13敗・防御率2.85・208奪三振、リーグ最多タイの5完封を記録した。1963年は5月まで防御率5.72と不調だったがその後調子を上げ、18勝9敗・防御率3.39の成績。1964年は後半戦で13勝を挙げ、19勝12敗・防御率3.01・245奪三振を記録。チームはフィラデルフィア・フィリーズとの最大11ゲーム差を逆転し、18年ぶりのリーグ優勝。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは第2戦で先発したが8回4失点で敗戦投手。第5戦では完封目前の9回2死から同点本塁打を浴びるが、10回に女房役のティム・マッカーバーが勝ち越し3点本塁打を放ち、13奪三振で完投勝利を挙げる。3勝3敗のタイで迎えた第7戦ではミッキー・マントルクリート・ボイヤー(後に大洋)らに本塁打を浴びるなど、被安打9で5失点も9奪三振の力投で完投勝利を挙げてワールドチャンピオンとなり、シリーズMVPに選出された。1965年は開幕から8連勝を記録し、3年ぶりのオールスターゲームに選出され、以後5年連続で選出される。自身初の20勝を挙げ、防御率3.07、リーグ3位の270奪三振、リーグワーストの34被本塁打を記録。初のゴールドグラブ賞を受賞し、以後8年連続で受賞する。1966年は21勝12敗・防御率2.44、サンディ・コーファックスらと並んでリーグ最多の5完封を記録した。

1967年7月15日の対ピッツバーグ・パイレーツ戦で、ロベルト・クレメンテの打球が足を直撃し、腓骨を骨折。シーズン中の復帰は絶望的かと思われたが、驚異的な回復で9月に復帰。怪我の影響がありながらも13勝を挙げ、チームは3年ぶりのリーグ優勝。ボストン・レッドソックスとのワールドシリーズでは、第1戦に先発して10奪三振1失点完投勝利。第4戦で5安打完封。第7戦では5回に本塁打を放ち、10奪三振で2失点完投勝利を挙げてワールドチャンピオンとなった。3勝・防御率1.00の大活躍で2度目のシリーズMVPを受賞した。なお、同年の対レッズ戦ではトニー・ペレスへの厳しい内角球を巡って両軍ベンチ総出で乱闘寸前となり、結局これを収めるために警官隊が出動し、試合は12分間にわたって中断された。

1968年は5月まで防御率1.52ながら打線の援護がなく3勝5敗だったが、6月2日から全て完投で15連勝。6月6日から5試合連続完封、連勝中に10完封を記録するなど絶好調で、最終的に22勝9敗・防御率1.12・268奪三振・28完投・13完封・WHIP0.85という驚異的な成績を記録し、最優秀防御率最多奪三振を獲得、チームのリーグ連覇の原動力となった。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは、第1戦で31勝を挙げたデニー・マクレインと投げ合い、シリーズ新記録の17奪三振で完封勝利。第4戦では4回に本塁打を放ち、10奪三振1失点で完投勝利を挙げ、3勝1敗と王手をかける。その後3勝3敗のタイにされて迎えた最終第7戦では6回まで内野安打1本と完璧に抑えたが、7回2死から連打を浴び、中堅手カート・フラッドの転倒など不運もあって3点を失う。結局4失点で完投するが敗戦投手となり、3勝4敗で敗退。MVPサイ・ヤング賞を同時受賞した。

1969年は20勝13敗・防御率2.18・269奪三振、リーグ最多の28完投、キャリアハイの314.0イニングの成績。1970年は5月23日のフィリーズ戦で自己最多の16奪三振を記録し、その試合から10連勝。7月28日からは7連勝を記録し、23勝7敗・防御率3.12、キャリアハイの274奪三振で最多勝のタイトルを獲得し、2度目のサイ・ヤング賞を受賞。1971年8月14日の対パイレーツ戦ではノーヒットノーランを達成。16勝13敗・防御率3.04、リーグ最多タイの5完封を記録した。1972年は開幕から5連敗を喫するが、その後3完封を含む11連勝を記録。19勝11敗・防御率2.46・208奪三振の成績だった。1973年は8月から故障でおよそ2か月離脱して25試合の登板にとどまるが、12勝・防御率2.77を記録。1974年はリーグワーストタイの24被本塁打、9年ぶりに100を超える104四球を与えるなど衰えが見られ始め、1975年に3勝10敗・防御率5.04に終わると現役を引退。同時に背番号45』はカージナルスの永久欠番となった。1981年には資格1年目でアメリカ野球殿堂入りを果たした。現在はカージナルスの特別アドバイザーを務めている。

プレースタイル[編集]

投げ終わった後一塁側へ大きく倒れ込む豪快な投球フォームから繰り出す剛速球に加え、厳しい内角攻めが一番の武器だった。打者に立ち向かっていく姿勢と荒い気性から『Hoot』の異名を取った。元々制球力が高いわけではなかったため、死球や頭部付近へのビーンボールと疑われる投球が多く、「ヘッドハンター」と呼ばれた。スリークォーターから一級品のカーブに加えて速球球速の変わらないスライダーも投げていた[1]。守備が抜群に上手く、ゴールドグラブ賞の常連でもあった[1]打者としての能力も高く、通算24本塁打・144打点を記録。しばしば代打や代走でも起用された。ワールドシリーズでは通算で9試合に登板し、うち8試合を完投、81イニングを投げ7勝2敗・防御率1.89。1964年から1968年にかけては7連勝を記録した。打者としても2本塁打を記録している。

人物[編集]

  • ハンク・アーロンは当時若手だったダスティ・ベーカーに、「ギブソンに対して踏み込んではいけない。ノックアウトさせられるぞ。彼を睨みつけてはいけない。彼はそれを好まない。もし彼から本塁打を打ったら、遅すぎず早すぎないようにベースを回れ。喜びを表したいのならダグアウト裏に入ってからにしろ。そして、もしぶつけられてもマウンドに突進してはいけない。彼はボクシングもゴールドグラブだ」と語っている。
  • 内角攻めをしやすくするため他のチームの選手とは口を利かず、たとえオールスターゲームであろうとそれは変わらなかったという。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 STL 13 9 2 1 0 3 5 0 -- .375 333 75.2 77 4 39 2 1 48 4 0 35 28 3.33 1.53
1960 27 12 2 0 0 3 6 0 -- .333 399 86.2 97 7 48 6 1 69 3 0 61 54 5.61 1.67
1961 35 27 10 2 0 13 12 1 -- .520 916 211.1 186 13 119 7 6 166 8 1 91 76 3.24 1.44
1962 32 30 15 5 1 15 13 1 -- .536 967 233.2 174 15 95 9 10 208 11 0 84 74 2.85 1.15
1963 36 33 14 2 0 18 9 0 -- .667 1088 254.2 224 19 96 1 13 204 6 1 110 96 3.39 1.26
1964 40 36 17 2 2 19 12 1 -- .613 1191 287.1 250 25 86 9 9 245 6 0 106 96 3.01 1.17
1965 38 36 20 6 1 20 12 1 -- .625 1233 299.0 243 34 103 6 11 270 8 1 110 102 3.07 1.16
1966 35 35 20 5 0 21 12 0 -- .636 1119 280.1 210 20 78 5 5 225 12 0 90 76 2.44 1.03
1967 24 24 10 2 1 13 7 0 -- .650 703 175.1 151 10 40 3 3 147 3 1 62 58 2.98 1.09
1968 34 34 28 13 6 22 9 0 -- .710 1161 304.2 198 11 62 6 7 268 4 0 49 38 1.12 0.85
1969 35 35 28 4 0 20 13 0 -- .606 1270 314.0 251 12 95 7 10 269 4 2 84 76 2.18 1.10
1970 34 34 23 3 2 23 7 0 -- .767 1213 294.0 262 13 88 9 4 274 5 1 111 102 3.12 1.19
1971 31 31 20 5 2 16 13 0 -- .552 1026 245.2 215 14 76 11 7 185 10 0 96 83 3.04 1.18
1972 34 34 23 4 1 19 11 0 -- .633 1119 278.0 226 14 88 11 3 208 10 2 83 76 2.46 1.13
1973 25 25 13 1 1 12 10 0 -- .545 790 195.0 159 12 57 6 3 142 6 1 71 60 2.77 1.11
1974 33 33 9 1 0 11 13 0 -- .458 1041 240.0 236 24 104 14 5 129 2 3 111 102 3.82 1.42
1975 22 14 1 0 0 3 10 2 -- .231 499 109.0 120 10 62 6 4 60 6 0 66 61 5.04 1.67
通算:17年 528 482 255 56 17 251 174 6 -- .591 16068 3884.1 3279 257 1336 118 102 3117 108 13 1420 1258 2.91 1.19
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 58 (1959年)
  • 31 (1960年)
  • 45 (1961年 - 1974年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]