アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アトランタ・フルトン・
カウンティ・スタジアム
The Launching Pad
Atlanta Stadium.jpg
アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムの位置(アトランタ内)
アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアム
施設データ
所在地 Lakewood Station
Atlanta, GA 30315
座標 北緯33度44分20.4秒 西経84度23分20.4秒 / 北緯33.739000度 西経84.389000度 / 33.739000; -84.389000座標: 北緯33度44分20.4秒 西経84度23分20.4秒 / 北緯33.739000度 西経84.389000度 / 33.739000; -84.389000
起工 1964年4月15日
開場 1965年
閉場 1996年10月24日
取り壊し 1997年8月2日
所有者 アトランタ市 、フルトン郡
グラウンド 天然芝
建設費 1,800万ドル
設計者 Heery & Heery 、
Finch, Alexander, Barnes,
Rothschild & Paschal
建設者 Thompson & Street Co.
旧称 アトランタ・スタジアム (1965-1976)
使用チーム • 開催試合
アトランタ・ブレーブス(1966年 ~ 1996年)、
アトランタ・ファルコンズ(1966年 ~ 1991年)
収容能力
52,013人(野球) 、62,000人(アメフト)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 330 ft(約100.6 m)
左中間 - 385 ft(約117.3 m)
中堅 - 402 ft(約122.5 m)
右中間 - 385 ft(約117.3 m)
右翼 - 330 ft(約100.6 m)
バックネット - 59.92 ft(約18.3 m)
フェンス 10 ft(約3.0 m)

アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムAtlanta-Fulton County Stadium)は、アメリカジョージア州アトランタにかつてあったスタジアムMLBアトランタ・ブレーブスが1966年から1996年まで、NFLアトランタ・ファルコンズが1966年から1991年まで、それぞれ本拠地にしていた。

球場の歴史[編集]

1964年3月5日、ミルウォーキー・ブレーブスが「新球場が完成したら1966年シーズンにアトランタに移転」を決定した。プロ・スポーツ球団の誘致を目指していたアトランタ市はこれを受けて同年4月15日に新球場の建設を開始。同年6月30日には、NFL機構が1966年シーズンからアトランタに新球団を創設すると発表した。

工事は急ピッチで進み、1965年の野球シーズン開幕時期に完成した。しかし、カウンティ・スタジアムとの賃貸契約がまだ残っていたブレーブスは、アトランタ新球場の完成にもかかわらず予定通り1966年まで移転を待つこととなった。そのため、1965年はマイナーリーグのアトランタ・クラッカーズが本拠地として使用した。

1966年4月12日、ブレーブスが移転後初の試合を開催。これまでボストンミルウォーキーで不人気に喘いでいたブレーブスだが、新本拠地初試合には51,500人のファンを動員した。9月11日にはNFL新球団のファルコンズも初試合を開催し、54,418人の観客がスタジアムに駆けつけた。

しかしその後、両球団の人気は対照的になる。ファルコンズが50,000人以上の観客を何度も動員するのに対し、ブレーブスの人気が長く続くことはなく、1970年代には年間観客動員100万人未満が8年続いた時期もあった。1976年には新オーナーのテッド・ターナーを中心に様々なアトラクションを企画したが、これも功を奏しなかった。

さらに、両球団は共にグラウンド・コンディションに不満を持っていた。兼用球場では珍しく、人工芝ではなく天然芝を採用していたのだが、球場専属のグラウンドキーパーが1990年になるまでいなかったため、フィールドはひどく荒れていた。

1984年にはファルコンズが新スタジアムの計画を開始。1992年にはジョージア・ドームへ移転した。1980年代後半にはブレーブスも新球場計画を検討し始めた。1996年の夏季五輪がアトランタで開催されることが決まると、ブレーブスとアトランタはオリンピック・スタジアムを大会終了後に野球場に改装する計画に合意した。

1996年7月20日から8月2日の間、五輪野球が開催された。同年10月24日、ヤンキースとのワールドシリーズ第5戦がこの球場での最終戦となった。

1997年8月2日に爆破解体され、現在はターナー・フィールドの駐車場になっている。しかしフィールドの輪郭は駐車場に残され、本塁や各ベース、そして1974年4月8日にハンク・アーロンベーブ・ルースの大リーグ記録を更新した通算715本目のアーチの落下点が印されている[1]

主要な出来事[編集]

野球[編集]

  • 1966年4月12日、ブレーブスの新本拠地初試合(パイレーツ 3 - 2 ブレーブス)。
  • 1968年7月14日、ハンク・アーロンが通算500本塁打を達成。
  • 1971年4月27日、ハンク・アーロンが通算600本塁打を達成。
  • 1972年7月25日、オールスターゲーム開催(ナ 6x - 5 ア)。
  • 1973年7月21日、ハンク・アーロンが通算700本塁打を達成。
  • 1973年8月5日、フィル・ニークロパドレス戦でノーヒットノーランを達成した(ブレーブス 9 - 0 パドレス)。
  • 1974年4月8日、ハンク・アーロンがベーブ・ルースの大リーグ記録を破る通算715本塁打を達成した。
  • 1978年8月1日、レッズピート・ローズの連続試合安打が44試合で途切れた。
  • 1996年7月20日 - 8月2日、アトランタ・オリンピック開催。キューバが日本を破り金メダルを獲得。
  • ワールドシリーズ開催:1991年1992年1995年1996年
  • 1996年10月24日、ヤンキースとのワールドシリーズ第5戦で閉場(ヤンキース 1 - 0 ブレーブス、ヤンキース3勝2敗に)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハンク・アーロン、人種差別乗り越え「715」本” (日本語). サンスポ (2012年8月21日). 2019年9月23日閲覧。
開催イベントとテナント
前本拠地:
カウンティ・スタジアム
1953 - 1965
アトランタ・ブレーブスの本拠地
1966 - 1996
次本拠地:
ターナー・フィールド
1997 - 2016
前本拠地:
n/a
-
アトランタ・ファルコンズの本拠地
1966 - 1991
次本拠地:
ジョージア・ドーム
1992 - 2016
先代:
タイガー・スタジアム
1971年
MLBオールスターゲーム
開催場
第43回(1972年
次代:
ロイヤルズ・スタジアム
1973年