1964年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1964 MLBオールスターゲーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
AL 1 0 0 0 0 2 1 0 0 4 9 1
NL 0 0 0 2 1 0 0 0 4 7 8 0
開催日時 1964年7月7日
開催球場 シェイ・スタジアム
開催地 ニューヨーク州ニューヨーククイーンズ
監督 AL - アル・ロペス (CWS)
NL - ウォルター・オルストン (LAD)
MVP ジョニー・カリソン (PHI)
観客動員数 50,850人
MLBオールスターゲーム
 < 1963 1965 > 

1964年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた35回目のオールスターゲームである。1964年7月7日ニューヨーク・メッツの本拠地シェイ・スタジアムで行われた。試合結果は4 - 7でナショナルリーグが勝利した。

MVPは9回にサヨナラ本塁打を放ったジョニー・カリソンが受賞した。

凡例[編集]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手 RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手

試合結果[編集]

先発メンバー[編集]

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ジム・フレゴシ (LAA) SS
2 トニー・オリバ (MIN) RF
3 ミッキー・マントル (NYY) CF
4 ハーモン・キルブルー (MIN) LF
5 ボブ・アリソン (MIN) 1B
6 ブルックス・ロビンソン (BAL) 3B
7 ボビー・リチャードソン (NYY) 2B
8 エルストン・ハワード (NYY) C
9 ディーン・チャンス (LAA) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ロベルト・クレメンテ (PIT) RF
2 ディック・グロート (STL) SS
3 ビリー・ウィリアムズ (CHC) LF
4 ウィリー・メイズ (SF) CF
5 オーランド・セペダ (SF) 1B
6 ケン・ボイヤー (STL) 3B
7 ジョー・トーリ (ATL) C
8 ロン・ハント (NYM) 2B
9 ドン・ドライスデール (LAD) P

試合経過[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカンリーグ 1 0 0 0 0 2 1 0 0 4 9 1
ナショナルリーグ 0 0 0 2 1 0 0 0 4 7 8 0
  1. : フアン・マリシャル (1-0)  : ディック・ラディッツ (1)  
  2. :  NL – ビリー・ウィリアムズ (1) ケン・ボイヤー (1) ジョニー・カリソン (1)

選出選手[編集]

先発は監督・コーチ・選手推薦。

先発選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ディーン・チャンス (LAA)
C エルストン・ハワード (NYY) 8
1B ボブ・アリソン (MIN) 3
2B ボビー・リチャードソン (NYY) 5
3B ブルックス・ロビンソン (BAL) 5
SS ジム・フレゴシ (LAA)
OF ハーモン・キルブルー (MIN) 4
ミッキー・マントル (NYY) 13
トニー・オリバ (MIN)
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ドン・ドライスデール (LAD) 5
C ジョー・トーリ (ATL) 2
1B オーランド・セペダ (SF) 6
2B ロン・ハント (NYM)
3B ケン・ボイヤー (STL) 7
SS ディック・グロート (STL) 5
OF ロベルト・クレメンテ (PIT) 5
ウィリー・メイズ (SF) 11
ビリー・ウィリアムズ (CHC) 2

控え選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ホワイティ・フォード (NYY) 8
ジャック・クラリック (CLE)
カミロ・パスクワル (MIN) 5
ゲーリー・ピーターズ (CWS)
フアン・ピザーロ (CWS) 2
ディック・ラディッツ (BOS) 2
ジョン・ワイアット (KCA)
C ビル・フリーハン (DET)
1B ジョー・ペピトーン (NYY) 2
ノーム・シーバーン (BAL) 3
2B ジェリー・ランプ (DET)
3B フランク・マルゾーン (BOS) 6
SS ルイス・アパリシオ (BAL)[1] 7
エディ・ブレッソード (BOS)[2]
OF ロッキー・コラビト (KCA)[3] 4
ジミー・ホール (MIN)
チャック・ヒントン (WS2)
アル・ケーライン (DET)[1] 10
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ジム・バニング (PHI) 6
ディック・エルスワース (CHC)
ターク・ファレル (HOU) 3
サンディ・コーファックス (LAD) 4
フアン・マリシャル (SF) 3
クリス・ショート (PHI)
C スモーキー・バーゲス (PIT) 6
ジョニー・エドワーズ (CIN) 2
1B ビル・ホワイト (STL) 5
2B ビル・マゼロスキー (PIT) 6
3B ロン・サント (CHC) 2
SS レオ・カーデナス (CIN)
OF ハンク・アーロン (ML1) 10
ジョニー・カリソン (PHI) 2
カート・フラッド (STL)
ウィリー・スタージェル (PIT)

脚注[編集]

  1. ^ a b 出場辞退
  2. ^ ルイス・アパリシオの出場辞退により代替選出
  3. ^ アル・ケーラインの出場辞退により代替選出

出典[編集]