カール・クロフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・クロフォード
Carl Crawford
Carl Crawford on April 21, 2013.jpg
ドジャース時代(2013年4月21日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1981-08-05) 1981年8月5日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 左翼手
プロ入り 1999年 MLBドラフト2巡目(全体52位)でタンパベイ・デビルレイズから指名
初出場 2002年7月20日
年俸 $20,750,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カール・デモンティ・クロフォードCarl Demonte Crawford, 1981年8月5日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。同じくメジャーリーガーのJ.P.クロフォードは従兄弟にあたる[2]

経歴[編集]

幼いころはスラム街で育ち、周りは不良だらけだったという。しかし、マイケル・ボーンの父であるレイが子供たちを非行でなく野球に導く優れた指導者だったおかげで犯罪者にならなくて済んだ。このことにクロフォードは感謝しており、当時チームメイトだったマイケルとも親交がある[3]

UCLAからバスケットボールの選手として、ネブラスカ大学からはアメリカンフットボールの選手としてそれぞれ奨学金を提示されたが、最終的には野球の道へ進んだ。

レイズ時代[編集]

1999年MLBドラフト2巡目(全体52位)でタンパベイ・デビルレイズから指名され、プロ入り。。

2002年7月20日トロント・ブルージェイズ戦で球団史上最年少(当時)でメジャーデビューを果たし[4]、打率.259、9盗塁を記録した。

2003年は開幕から1番打者として出場していたが、6月には月間打率が2割5分を下回り、1番打者から外されるようになったが、7月以降は3割を超える打率をマークした[5]。リーグ最多の55盗塁を記録し、史上4番目の若さで最多盗塁のタイトルを獲得した[6]

2004年には、自己最多の59盗塁と19三塁打を記録し、初めてオールスターゲーム選出を果たした。また、オフの日米野球にもMLB選抜として来日した。

2005年4月1日、デビルレイズと最大6年総額3,100万ドル(最初2年でFAとなる選手側オプションと5年目以降の契約更新の球団オプション付)で契約延長した。また、クロフォードはこの契約のうち、デビルレイズの財団に40万ドルを寄付した[7]。9月以降に打率.371を記録し、シーズン通して打率.301を記録し、初めて打率3割に到達した[5]

2006年は前年の手首痛を引きずったまま開幕を迎え[8]、4月は打率.269だったが5月以降は調子を上げ、自己最高の打率.305、18本塁打を記録した。

2007年も手首痛により6月5日以降42試合連続で本塁打を放てずにいて、7月30日のブルージェイズ戦の試合前にはMRI検査を受けドクターストップがかかっていた[9]。しかし、試合が延長戦となり、延長11回に代打として出場し、サヨナラ本塁打を記録した[9]。そしてこの試合から10試合の間に4本塁打を記録している。痛みがひどくなったため、9月16日の試合を最後に戦線離脱し、治療に専念しシーズンを終えた[9]。シーズン通しては打率.315を記録し、オーブリー・ハフが2002年に記録した打率.313の球団記録を更新し[10]ブライアン・ロバーツとリーグ最多タイの50盗塁を記録。2回目の選出となったオールスターゲームでは、フランシスコ・コルデロから本塁打を記録した[11]

2008年は右中指の亜脱臼8月10日に自身初の故障者リスト入りで離脱して成績を落としたものの[12]、チームが大躍進するのを見て早期復帰に臨み、ポストシーズンで復帰してシーズン当初の2番から5番に打順を変更して活躍を見せた。

2009年5月3日ボストン・レッドソックス戦で1試合6盗塁のMLB最多タイ記録を達成。1900年以降では1996年に記録したエリック・ヤング以来史上4人目(5度目)となる記録である。なお、近代野球が成立したとされる1900年以前のものを含めた大リーグ1試合最多盗塁記録7には1つ及ばなかった[13]。3回目のオールスターゲーム出場を果たし、7回の守備でブラッド・ホープが放った本塁打性の打球を好捕。このプレーでMVPに輝いた[14]

2010年、2年連続で.300以上の打率を記録。得点は5年ぶりの100以上且つ自己ベストの110、4年ぶりのリーグ三塁打1位、自己最多の19本塁打・90打点、自己最高のOPS.851、レギュラー定着以降で自己最少タイの2併殺打など、成績面で充実したシーズンとなった。オフの11月1日にFAとなった。

レッドソックス時代[編集]

2010年12月11日にレッドソックスと総額1億4200万ドルの7年契約を結んだ[15]。しかし、シーズン本塁打を20本以上打ったことがない打者としては最高額だったことや、ケン・グリフィー・ジュニアバーノン・ウェルズなど、人工芝球場を本拠地として長年プレーした大型外野手は故障などでパフォーマンスを大きく落とすことが明らかになっており、獲得に反対の声も上がった。

2011年は新天地で新たなスタートを切ったものの、極度の不振に陥ってしまう。シーズン開始当初は1番を打っていたものの、後に6番に降格される。また、ワイルドカード進出が懸かったシーズン最終戦、ボルチモア・オリオールズ戦では同点の9回裏2死2塁の場面で、レフトに飛んできた球に対しスライディングキャッチを試みるものの(難しいところではあったが)ボールを落としてしまい(記録はヒット)、2塁走者が生還、チームはサヨナラ負けを喫してしまう。そして、レッドソックスとワイルドカードを争っていたタンパベイ・レイズがこの日のニューヨーク・ヤンキース戦でサヨナラ勝ちを収めたため、チームはワイルドカード2位に終わり、ディビションシリーズ進出はならなかった。最終的な成績は打率.255、HR11本、18盗塁。打率は自己最低、盗塁数はメジャーデビューした年以来20盗塁を下回るなど、散々な1年だった。

2012年は更に散々で、開幕から故障者リスト入りし、復帰を目指してのリハビリ中にまた負傷してしまう。戦列に復帰したのは7月16日になってからで、痛みを押しての出場がたたり、左肘のトミー・ジョン手術を受け、残りのシーズンを全休した[16]。この年は31試合しか出場できず、その後ドジャースへの移籍が決まり、結果としてレッドソックスのクロフォード獲得は大失敗に終わった。

ドジャース時代[編集]

2012年8月25日ジョシュ・ベケットエイドリアン・ゴンザレスニック・プントと金銭と共に、ジェームズ・ローニーイバン・デヘスース・ジュニアアレン・ウェブスタールビー・デラロサジェリー・サンズとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[17]。移籍後は同年の手術の影響で出場はなかった。

2013年は開幕ロースター入りしたが、4月30日に右ハムストリングの故障で離脱。5月に復帰したものの、6月2日に再発し、3日に15日間の故障者リスト入りした[18]7月5日に復帰[19]。この年は116試合に出場して打率.283・6本塁打・31打点・15盗塁の成績を残した。

2014年は前年と同様に正左翼手として開幕から44試合に出場していたが、5月28日に左足首の故障で15日間の故障者リスト入りした[20]

2016年6月5日DFAとなり[21]、13日に自由契約となった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 TB 63 278 259 23 67 11 6 2 96 30 9 5 6 1 9 0 3 41 0 .259 .290 .371 .661
2003 151 661 630 80 177 18 9 5 228 54 55 10 1 3 26 4 1 102 5 .281 .309 .362 .671
2004 152 672 626 104 185 26 19 11 282 55 59 15 4 6 35 2 1 81 2 .296 .331 .450 .781
2005 156 687 644 101 194 33 15 15 302 81 46 8 5 6 27 1 5 84 11 .301 .331 .469 .800
2006 151 653 600 89 183 20 16 18 289 77 58 9 9 2 37 3 4 85 8 .305 .348 .482 .830
2007 143 627 584 93 184 37 9 11 272 80 50 10 1 2 32 5 5 112 11 .315 .355 .466 .820
2008 109 482 443 69 121 12 10 8 177 57 25 7 0 5 30 1 2 60 10 .273 .319 .400 .718
2009 156 672 606 96 185 28 8 15 274 68 60 16 2 5 51 1 8 99 7 .305 .364 .452 .816
2010 154 663 600 110 184 30 13 19 297 90 47 10 3 5 46 3 3 104 2 .307 .356 .495 .851
2011 BOS 130 539 506 65 129 29 7 11 205 56 18 6 2 4 23 1 3 104 7 .255 .289 .405 .694
2012 31 125 117 23 33 10 2 3 56 19 5 0 1 2 3 0 2 22 1 .282 .306 .479 .785
2013 LAD 116 469 435 62 123 30 3 6 177 31 15 4 0 2 28 2 3 66 4 .283 .329 .407 .736
2014 105 370 343 56 103 14 3 8 147 46 23 6 0 4 16 0 6 55 5 .300 .339 .429 .767
2015 69 193 181 19 48 9 2 4 73 16 10 2 0 0 10 1 0 41 3 .265 .304 .403 .707
2016 30 87 81 8 15 2 1 0 19 6 0 1 0 1 4 0 1 11 3 .185 .230 .235 .464
MLB:15年 1716 7178 6655 998 1931 309 123 136 2894 766 480 109 34 48 377 24 47 1067 79 .290 .330 .435 .765
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 8(2002年)
  • 13(2003年 - 2012年)
  • 25(2013年)
  • 3(2014年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Carl Crawford Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月17日閲覧。
  2. ^ Mayo, Jonathan (2013年5月25日). “High school shortstop J.P. Crawford leads way in Draft for middle infielders”. MLB.com. 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月25日閲覧。
  3. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版2010年、384頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  4. ^ 『メジャー・リーグ・ベースボールオフィシャルイヤーブック2003』 p33頁。ISBN 4583612230
  5. ^ a b Crawford Biography” (英語). JockBio. 2008年9月11日閲覧。
  6. ^ Crawford Fact” (英語). JockBio. 2008年9月11日閲覧。
  7. ^ Bill Chastain (2005年4月1日). “Crawford inks six-year deal with Rays” (英語). MLB.com. 2016年6月6日閲覧。
  8. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、103頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  9. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、107頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  10. ^ Tampa Bay Devil Rays Batting Leaders - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年2月5日閲覧。
  11. ^ July 10, 2007 All-Star Game at AT&T Park Box Score and Play by Play - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年2月5日閲覧。
  12. ^ Crawford placed on 15-day disabled list” (英語). MLB.com (2008年8月10日). 2010年7月22日閲覧。
  13. ^ Alden Gonzalez (2009年5月3日). “Crawford taking thievery to new level” (英語). MLB.com. 2016年6月6日閲覧。
  14. ^ Associated Press (2009年7月15日). “Great catch: Crawford grabs All-Star MVP award” (英語). USA Today. 2010年7月22日閲覧。
  15. ^ “Red Sox Sign Outfielder Carl Crawford to Seven-Year Deal” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2010年12月11日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20101211&content_id=16305392&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2016年6月6日閲覧。 
  16. ^ “レ軍クロフォードがトミー・ジョン手術へ”. 日刊スポーツ. (2012年8月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20120821-1004022.html 2016年6月6日閲覧。 
  17. ^ “Dodgers acquire Gonzalez, Beckett, Crawford and Punto from Red Sox” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2012年8月25日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/37323336 2016年6月6日閲覧。 
  18. ^ “Dodgers place Carl Crawford on disabled list; recall Stephen Fife” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2013年6月3日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/49502868 2016年6月6日閲覧。 
  19. ^ “Dodgers reinstate Carl Crawford from the disabled list, option Scott Van Slyke” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2013年7月5日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/52792000 2016年6月6日閲覧。 
  20. ^ “Dodgers place Carl Crawford on the DL, select contract of Jamie Romak” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2014年5月28日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/77228158 2016年6月6日閲覧。 
  21. ^ Jack Baer (2016年6月5日), “Dodgers designate Crawford, call up Barnes” (英語) (プレスリリース), MLB.com, http://m.dodgers.mlb.com/news/article/182259066/dodgers-designate-carl-crawford-recall-barnes 2016年6月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]