マイケル・テイラー (1991年生の外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイケル・テイラー
Michael Taylor
ワシントン・ナショナルズ #3
Michael Taylor on June 28, 2015.jpg
2015年6月28日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州フォートローダーデール
生年月日 (1991-03-26) 1991年3月26日(28歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 ドラフト6巡目(全体172位)でワシントン・ナショナルズから指名
初出場 2014年8月12日 ニューヨーク・メッツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・アンソニー・テイラーMichael Anthony Taylor, 1991年3月26日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州フォートローダーデール出身のプロ野球選手外野手)。MLBワシントン・ナショナルズに所属。愛称はマイキー・T[1]

経歴[編集]

2009年MLBドラフト6巡目(全体172位)でワシントン・ナショナルズから指名され入団。

2010年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズでプロデビュー。遊撃手三塁手二塁手として38試合に出場し、1本塁打12打点1盗塁、打率.195だった。9月にA級ヘイガーズタウン・サンズ英語版へ昇格。一塁手として5試合に出場した。

2011年はA級ヘイガーズタウンでプレー。この年から外野手に転向した。126試合に出場し、13本塁打68打点23盗塁、打率.253だった。

2012年はA+級ポトマック・ナショナルズに昇格。109試合に出場し、3本塁打37打点19盗塁、打率.242だった。

2013年もA+級ポトマックでプレー。5月28日カロライナリーグ・5月第3週(5月20日から26日)の「Player of the Week」に選出され[2]7月23日に2度目となる7月第3週(7月15日から21日)の「Player of the Week」に選出され[3]9月4日には3度目となる8月第4週(8月26日から9月2日)の「Player of the Week」に選出された[4]。この年は133試合に出場し、10本塁打87打点51盗塁、打率263だった。11月20日40人枠入りを果たした[5]

2014年3月13日にAA級ハリスバーグ・セネターズへ異動し、98試合に出場して打率.313・22本塁打・61打点・34盗塁・OPS.935などを記録した。8月4日にAAA級シラキュース・チーフスに昇格して数試合に出場後、メジャー初昇格した。デビュー戦となった8月12日ニューヨーク・メッツ戦では8番・右翼手で先発出場してカルロス・トーレスから初本塁打を放った。この年は17試合に出場し、打率.205・1本塁打・5打点という打撃成績を残した。守備面では、センター10試合・ライト5試合を守り、無失策DRS0と平均的な守備を見せた。

2015年は、センターのレギュラー格の座を獲得した。9月4日のアトランタ・ブレーブス戦では自身初のサヨナラ安打となる本塁打をブランドン・カニフから記録した。9月8日のニューヨーク・メッツ戦では満塁ランニング本塁打を放った[6]。しかし9月25日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では自身の失策により逆にアーロン・アルテールに満塁ランニング本塁打を許すことがあった[7]。この年は138試合に出場して規定打席に届き、打率.229・158三振 (リーグワースト5位) と、ミート面では課題を残したが、14本塁打・63打点・16盗塁という成績を残し、パワー面とスピード面を兼ね備えている事をアピールした。守備は、96試合でセンターを守り3失策・守備率.987・DRS - 2という成績で、やや低調だった。なお、ライトの3試合では無失策、レフトの38試合では同じく無失策・DRS + 7と、レベルの高い成績を記録した。

2016年は開幕からセンターのレギュラーとして固定され、主に1番打者として起用されたが、打率や出塁の面での改善は見られなかった。攻守ともに精彩を欠き、6月22日のロサンゼルス・ドジャース戦では5打席連続三振を喫し、スコア3-2で迎えた9回裏の1アウトランナー1塁の場面では、ヤシエル・プイグが打ったセンター前安打を後逸し、サヨナラ負けを許した。この年はフルシーズンレギュラーをキープする事は出来ず、76試合の出場に留まった。打撃面では打率.231・7本塁打・16打点を記録したほか、前年比で60試合以上減ながら、前年とほぼ同数の14盗塁を決め、盗塁技術が劇的に向上した事を示した。守備では主にセンターを守り、64試合で1失策・守備率.992・DRS - 4・UZR + 0.8という内容だった。ライトは5試合、レフトは1試合で守ったのみだった。

2017年も控え外野手に回ると思われていたが、トレア・ターナーが遊撃手に転向し、センターを引き継いだアダム・イートンが4月末に怪我で離脱したことで正中堅手として起用された。スタメン起用後は打撃成績が大幅に向上し、イートンの怪我前は打率.192・0本塁打だったが、5月からの前半戦終了までを打率.287・12本塁打とした[8]。しかし、7月7日に腹斜筋の張りでDL入りした[9]。8月13日に復帰し、後半戦は調子を落としたものの、9月8日のフィラデルフィア・フィリーズ戦では満塁ランニング本塁打を放つなどした[10]。最終成績は118試合に出場し、打率.271・19本塁打・53打点・OPS.806で飛躍のシーズンとなった。UZR +10.3は外野守備全体でリーグ2位、センターのみだとリーグトップだった。ポストシーズンのディビジョンシリーズでは第4戦で球団史上初となるポストシーズンでの満塁本塁打を放った[11]

2018年は開幕から正中堅守として出場したが、アダム・イートンの故障に伴い5月中旬にメジャーデビューしたファン・ソトの台頭と、その後のイートンの復帰により控えに回ることが多くなった。出番の減少に伴い打撃の成績も落ちていった。最終成績は134試合に出場し、打率.227・6本塁打・28打点だった。昨季より出場試合数は増えたが、打席数は減少した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 WSH 17 43 39 5 8 3 0 1 14 5 0 2 0 0 3 0 1 17 1 .205 .279 .359 .638
2015 138 511 472 49 108 15 2 14 169 63 16 3 1 2 35 9 1 158 5 .229 .282 .358 .640
2016 76 237 221 28 51 11 0 7 83 16 14 3 0 1 14 0 1 77 2 .231 .278 .376 .654
2017 118 432 399 55 108 23 3 19 194 53 17 7 1 2 29 3 1 137 3 .271 .320 .486 .806
2018 134 385 353 46 80 22 3 6 126 28 24 6 2 0 29 2 1 116 9 .227 .287 .357 .644
MLB:5年 483 1608 1484 183 355 74 8 47 586 165 71 21 4 5 110 14 5 505 20 .239 .293 .395 .688
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 18 (2014年)
  • 3 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Explaining Nats Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月22日閲覧
  2. ^ P-Nats Center Fielder Michael Taylor Earns Carolina League's Player of the Week Award MiLB.com
  3. ^ Potomac Outfielder Michael Taylor Claims Second 2013 Carolina League Player of the Week Award MiLB.com
  4. ^ P-Nats Outfielder Michael Taylor Honored with Third Carolina League Player of the Week Award in 2013 MiLB.com
  5. ^ Nationals select Sammy Solis, Michael Taylor and Aaron Barrett MLB.com
  6. ^ “Yoenis Cespedes Misplays Ball in Center Field, Leads to Little League Grand Slam”. Bleacher Report. (2015年9月8日). http://bleacherreport.com/articles/2563408-yoenis-cespedes-misplays-ball-in-center-field-leads-to-little-league-grand-slam 2017年9月12日閲覧。 
  7. ^ Axisa, Mike (2015年9月26日). “LOOK: Phillies' Aaron Altherr hits inside-the-park grand slam”. CBS Sports. https://www.cbssports.com/mlb/news/look-phillies-aaron-altherr-hits-inside-the-park-grand-slam/ 2017年9月12日閲覧。 
  8. ^ Lebowitz, Paul (2017年6月28日). “Michael Taylor making most of opportunity after Adam Eaton injury”. FanRag Sports Network. https://www.fanragsports.com/nationals/michael-taylor-making-opportunity-adam-eaton-injury/ 2017年9月12日閲覧。 
  9. ^ Janes, Chelsea (2017年7月6日). “Michael A. Taylor is headed to the 10-day disabled list with oblique strain”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/nationals-journal/wp/2017/07/06/michael-a-taylor-leaves-game-after-third-inning-with-apparent-injury/ 2017年9月12日閲覧。 
  10. ^ Castillo, Jorge (2017年9月8日). “Michael A. Taylor takes the inside track to a grand slam in Nationals’ victory”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/sports/michael-a-taylor-takes-the-inside-track-to-a-grand-slam-in-nationals-victory/2017/09/08/c176fe46-94be-11e7-89fa-bb822a46da5b_story.html 2017年9月12日閲覧。 
  11. ^ Janes, Chelsea (2017年10月11日). “Through teeth of a Wrigley wind, Michael A. Taylor shows his power”. The Washington Post (Chicago). https://www.washingtonpost.com/sports/nationals/through-teeth-of-a-wrigley-wind-michael-a-taylor-shows-his-power/2017/10/11/55bd6e98-aeda-11e7-a908-a3470754bbb9_story.html 2017年10月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]