コンテンツにスキップ

スティーブン・クワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティーブン・クワン
Steven Kwan
クリーブランド・ガーディアンズ #38
2022年5月21日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロスガトス
生年月日 (1997-09-05) 1997年9月5日(26歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2018年 MLBドラフト5巡目
初出場 2022年4月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スティーブン・ロバート・クワンSteven Robert Kwan, 1997年9月5日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロスガトス出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBクリーブランド・ガーディアンズ所属。

経歴

[編集]

プロ入りとガーディアンズ時代

[編集]

2018年MLBドラフト5巡目(全体163位)でクリーブランド・インディアンスから指名されプロ入り[1]。傘下のルーキー級アリゾナリーグ・インディアンス英語版でプロデビューし、シーズン途中にA−級マホーニングバレー・スクラッパーズへ昇格した。この年は2チーム合計で17試合に出場して打率.346、5打点の成績を記録した[2]

2019年はA+級リンチバーグ・ヒルキャッツで123試合に出場して打率.280、3本塁打、39打点の成績を記録した[2]

2020年新型コロナウイルスの影響でマイナーリーグのシーズンが中止となり[3]、公式戦への出場はなかった[2]

2021年はAA級アクロン・ラバーダックスで開幕を迎え、シーズン途中にAAA級コロンバス・クリッパーズへ昇格。2チーム合計で77試合に出場して打率.328、12本塁打、44打点の成績を記録した[4]

2022年4月2日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、開幕戦となった4月7日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発出場してメジャーデビューを果たした[5]。4月11日のロイヤルズ戦では史上初となるメジャーデビューから4試合連続3度以上出塁を記録した[6]。また4試合で15度出塁も記録の残る1901年以降初だった[6]。さらにデビュー6試合目のシンシナティ・レッズ戦、第1打席の2球目がファウルチップになるまで、デビューから116球に渡り空振りの記録が無かった。これは2000年以降にデビューした選手としては最多記録となった[7]。4月は15試合の出場で打率.354、7打点を記録し、ルーキー・オブ・ザ・マンスを受賞した。オフの11月14日に全米野球記者協会(BBWAA)の投票による新人王が発表され、2位票が10、3位票が14、計44ポイントで3位にランクインした[8]

選手としての特徴・人物

[編集]

走攻守に定評がある外野手で[9][10]、「ベイビー・イチロー」の異名を持つ[11]。打撃では巧みなバットコントロールを誇るコンタクトヒッターであり[12]、高い出塁率と空振りの少なさが魅力[10]。外野守備では堅実なプレーが持ち味[10]

父は中国系アメリカ人であり、母は日系アメリカ人[13]。母方の祖父母は日本山形県出身で、第二次世界大戦後にアメリカのカリフォルニア州に移住して娘を出産した[14]2023年のWBCでは日本代表入りが模索され、本人も加入に前向きだったが、メジャーリーグ機構に「資格がない」と判断され実現しなかった[11][14][注 1]

子供の頃は厳格で完璧を求める母親に育てられたが、そのおかげで今の自分があると語っている[15]

人生で何度か自信を喪失しており、インポスター症候群にかかったことを明かしている[16]

イチローのような選手になりたいと語っており、打席に立つ前のしゃがむ動作などを真似している[17]

詳細情報

[編集]

年度別打撃成績

[編集]
















































O
P
S
2022 CLE 147 638 563 89 168 25 7 6 225 52 19 5 2 4 62 2 7 60 9 .298 .373 .400 .772
2023 158 718 638 93 171 36 7 5 236 54 21 3 1 6 70 2 3 75 9 .268 .340 .370 .710
MLB:2年 305 1356 1201 182 339 61 14 11 461 106 40 8 3 10 132 4 10 135 18 .282 .356 .384 .739
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績

[編集]


中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2022 CLE 7 9 0 0 0 1.000 123 224 7 2 2 .991 20 33 1 2 1 .944
2023 - 153 344 10 4 2 .989 -
MLB 7 9 0 0 0 1.000 276 568 17 6 4 .990 20 33 1 2 1 .944
  • 2023年度シーズン終了時

表彰

[編集]
MLB

記録

[編集]
MLB

背番号

[編集]
  • 38(2022年 - )

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ WBCの出場資格を得るためには、本人、あるいは、両親のどちらかが日本生まれの必要があったが、その条件を満たせなかった[14]

出典

[編集]
  1. ^ The Oregonian/OregonLive, Joel Odom (2018年6月5日). “MLB draft: Steven Kwan picked by Cleveland in 5th round” (英語). oregonlive. 2022年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2022年11月20日閲覧。
  3. ^ 2020 Minor League Baseball Season Shelved” (英語). Minor League Baseball (2020年6月30日). 2020年7月1日閲覧。
  4. ^ Drew Rasmussen Headed To MLB Postseason” (英語). Oregon State University Athletics. 2022年4月11日閲覧。
  5. ^ Tito teases Kwan, then grants him Opening Day debut” (英語). MLB.com. 2022年4月11日閲覧。
  6. ^ a b Mandy Bell (2022年4月12日). “Rookie reaches base 15 times in first 4 games” (英語). MLB.com. 2022年4月12日閲覧。
  7. ^ ガーディアンズ新人クワン、デビュー117球目で初空振りの新記録 6試合25打席目で初三振も」『日刊スポーツ』2022年4月14日。2022年5月9日閲覧
  8. ^ Mariners outfielder Julio Rodriguez wins AL Jackie Robinson Rookie of the Year” (英語). BBWAA – Baseball Writers' Association of America (2022年11月14日). 2022年11月15日閲覧。
  9. ^ WBC侍ジャパン入りが噂される日系人選手スティーブン・クワンの実力をデータ分析」『SPAIA』。2022年11月27日閲覧
  10. ^ a b c 侍Jの”新1番候補”スティーブン・クワン 3割近い高打率&ゴールドグラブ受賞」『BASEBALL KING』。2022年11月27日閲覧
  11. ^ a b MLB屈指の巧打者クワン、侍ジャパン入りを認められずに本音を吐露「他のチームでは例外が認められている」」『THE DIGEST』2023年1月20日。2023年4月22日閲覧
  12. ^ 【MLB】5試合で18出塁、クワンの偉業はコンタクトヒッターの再評価につながるか | 野球コラム」『週刊ベースボールONLINE』。2022年11月27日閲覧
  13. ^ 「野球は白人が優位」侍ジャパン入りが認められなかったクワンの主張。イチローを「心の師」とする巧打者の想い」『THE DIGEST』2023年1月21日。2023年4月22日閲覧
  14. ^ a b c 日系人の母をもつガーディアンズ外野手クワンはWBC代表資格得られず「かなりがっかりした」」『スポニチ』2023年1月20日。2023年1月25日閲覧
  15. ^ Rising Cleveland Guardians star Steven Kwan proudly sports his AAPI culture, identity” (英語). wkyc (2022年5月22日). 2022年11月21日閲覧。
  16. ^ HOW CLEVELAND'S STEVEN KWAN BECAME THE STAR OF MLB OPENING WEEKEND” (英語). FOX SPORTS (2022年4月12日). 2022年11月21日閲覧。
  17. ^ Kwan's front-row seat to seeing his idol” (英語). MLB.com (2022年9月10日). 2022年11月21日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]