デーブ・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デーブ・マルティネス
Dave Martinez
ワシントン・ナショナルズ 監督
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区
生年月日 (1964-09-26) 1964年9月26日(53歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1983年 1月MLB二次ドラフト3巡目(全体53位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 1986年6月15日
最終出場 2001年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • タンパベイ・レイズ (2008 - 2014)
  • シカゴ・カブス (2015 - 2017)
  • ワシントン・ナショナルズ (2018 - )

デビッド・マルティネスDavid Martinez, 1964年9月26日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区出身の元プロ野球選手外野手)。左投左打。2018年シーズンよりMLBワシントン・ナショナルズの監督を務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1982年MLBドラフト40巡目(全体819位)でテキサス・レンジャーズから指名されたが、この時は入団せずにバレンシア・コミュニティカレッジ英語版へ進学した。

現役時代[編集]

1983年1月のMLB二次ドラフト3巡目(全体53位)でシカゴ・カブスから指名され、プロ入り。1986年6月15日にメジャーデビュー。1987年にはレギュラーとなり、打率.292の成績を残した。

その後も目立たないが着実に数字を残し、シカゴ・ホワイトソックスへ移った1995年に打率.307、1996年も打率.318・8三塁打(アメリカンリーグ3位)、自己最高の出塁率.393の成績を残した。

1998年には新球団タンパベイ・デビルレイズへ移籍すると、1999年にはともに自己最多となる146安打・66打点を挙げた[1]2000年には4球団を渡り歩いた。アトランタ・ブレーブスでプレーした2001年を最後に引退した。

引退後[編集]

引退後は2008年から2014年までタンパベイ・レイズのベンチコーチを務め、監督のジョー・マドンがカブスへ移ると、マルティネスも一緒に移籍して2015年から2017年までベンチコーチを務めた。

2018年シーズンからはワシントン・ナショナルズの監督を務める[2]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 1(1986年 - 1988年途中、1989年 - 1991年、1993年途中 - 1994年、2000年途中 - 同年途中)
  • 3(1988年途中 - 同年終了)
  • 30(1992年)
  • 17(1993年 - 同年途中)
  • 14(1995年 - 2000年途中、2000年途中 - 2001年)
  • 4(2008年 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 出野哲也 『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』 言視舎、2013年、593頁。ISBN 978-4-905369-67-7
  2. ^ Dave Clark (2017年10月30日). “Dave Martinez named Washington Nationals' new manager” (英語). cincinnati.com. https://www.cincinnati.com/story/sports/mlb/2017/10/30/dave-martinez-named-washington-nationals-new-manager/813310001/ 2017年11月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]