アディソン・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アディソン・ラッセル
Addison Russell
シカゴ・カブス #27
Addison Russell 2017.jpg
2017年7月15日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ペース英語版
生年月日 (1994-01-23) 1994年1月23日(25歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2012年 ドラフト1巡目(全体11位)でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 2015年4月21日
年俸 $527,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アディソン・ウォーレン・ラッセルAddison Warren Russell, 1994年1月23日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ペース英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBシカゴ・カブスに所属。愛称はアディー[2]

経歴[編集]

プロ入りとアスレチックス傘下時代[編集]

2012年MLBドラフト1巡目(全体11位)でオークランド・アスレチックスから指名され、プロ入り。この年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・アスレチックスでプロデビューし、A-級バーモント・レイクモンスターズ英語版、A級バーリントン・ビーズ英語版でもプレーした。

2013年はA+級ストックトン・ポーツで107試合に出場し、打率.275・17本塁打・60打点・21盗塁の成績を残した。また、AAA級サクラメント・リバーキャッツでも3試合に出場した。

2014年はA+級ストックトンとAA級ミッドランド・ロックハウンズでプレーした。

カブス時代[編集]

2014年7月6日ジェフ・サマージャジェイソン・ハメルとのトレードで、ダン・ストレイリービリー・マッキニーと共にシカゴ・カブスへ移籍した[3]。移籍後は傘下のAA級テネシー・スモーキーズに配属され、50試合に出場し、打率.294・12本塁打・36打点・2盗塁の成績を残した。

2015年は開幕をAAA級アイオワ・カブスで迎えたが、4月21日にメジャー初昇格を果たした。同日のピッツバーグ・パイレーツ戦では9番・二塁手として先発起用され、メジャーデビュー[4]。結果は5打数無安打だったが、翌日の同カードでバンス・ウォーリーからメジャー初安打を放った。5月1日ミルウォーキー・ブルワーズ戦ではチームを1 - 0での勝利に導くメジャー初本塁打をウィリー・ペラルタから放った[5]。この年はジョー・マドン監督の方針により投手を8番、ラッセルを9番打者で起用されることが多く、142試合に出場し、打率.242・13本塁打・54打点・OPS.696と新人としてはまずまずの成績を残した。守備では、本職の遊撃手より二塁手を守る試合の方がやや多く、守備防御点の合計は +19と高水準だった。シーズンオフにジェイソン・ヘイワードがFAで加入したことに伴い、背番号「22」を譲り、「27」に変更となった[6]

2016年は前半戦終了時点で打率.232・11本塁打・OPS.731という成績だったが、シーズン好調のカブスに人気が集まったことと、守備での貢献を評価される形でファン投票でオールスターゲーム初選出となった。シーズン通算では151試合出場、打率.238・21本塁打・95打点・5盗塁の成績を残した。特にカブスの遊撃手としてシーズン90打点以上をマークしたのは、殿堂入りのアーニー・バンクス以来2人目のことであった。守備面での貢献度も高く、148試合の遊撃守備でDRSは + 19・UZRは + 15.4というハイレベルな水準だった。サンフランシスコ・ジャイアンツとのディビジョンシリーズでは4試合で15打数1安打0打点、打率.067の不振に陥ったものの、ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは6試合で22打数4安打、2本塁打4打点、打率.273と復調をみせた。クリーブランド・インディアンスとのワールドシリーズ第6戦では3回にインディアンス2番手のダン・オテロから満塁本塁打を放つなど、2安打6打点の大活躍を見せた。ワールドシリーズ初出場の選手が満塁本塁打を放ったのは2005年のワールドシリーズ第2戦のポール・コネルコ以来であった。ワールドシリーズでの成績は7試合で27打数6安打、1本塁打9打点、打率.222だった。

2017年4月19日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で、ネフタリ・フェリスから自身初のサヨナラ本塁打を記録[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 CHC 142 523 475 60 115 29 1 13 185 54 4 3 1 2 42 2 3 149 8 .242 .307 .389 .696
2016 151 598 525 67 125 25 3 21 219 95 5 1 0 6 55 6 12 135 11 .238 .321 .417 .738
2017 110 385 352 52 84 21 3 12 147 43 2 1 0 0 29 5 4 91 5 .239 .304 .418 .722
2018 130 465 420 52 105 21 1 5 143 38 4 0 1 2 40 2 2 99 7 .250 .317 .340 .657
2019 82 241 215 25 51 4 1 9 84 23 2 0 1 2 20 2 3 58 7 .237 .308 .391 .699
MLB:5年 615 2212 1987 256 480 100 9 60 778 253 17 5 3 12 186 17 24 532 38 .242 .312 .392 .704
  • 2019年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (2015年)
  • 27 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Addison Russell Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月2日閲覧。
  2. ^ Explaining Cubs Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  3. ^ Cubs trade Jeff Samardzija to A's
  4. ^ Heyman, Jon (2015年4月20日). “Cubs call up infield prodigy Addison Russell to majors”. CBSSPORTS.com. 2015年8月16日閲覧。
  5. ^ Russell's first career HR lifts Cubs 1-0 over Brewers.”. http://www.cbssports.com. CBS Sports (2015年5月1日). 2015年8月16日閲覧。
  6. ^ Jason Heyward Thanks Addison Russell for Uniform Number Swap” (英語). NBC Chicago (2015年12月18日). 2017年7月29日閲覧。
  7. ^ Russell homer completes Cubs walkoff over Crew” (英語). MLB.com (2017年4月19日). 2017年7月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]