ジャスティン・グリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャスティン・グリム
Justin Grimm
クリーブランド・インディアンス (マイナー)
2016-WS-G4 IMG 5462 Grimm warming up in Cubs bullpen (cropped).jpg
カブス時代(2016年10月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州サリバン郡ブリストル
生年月日 (1988-08-16) 1988年8月16日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト5巡目
初出場 2012年6月16日 ヒューストン・アストロズ
年俸 $1,250,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・スコット・グリムJustin Scott Grimm, 1988年8月16日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州サリバン郡ブリストル出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBクリーブランド・インディアンス傘下所属。愛称はリーパーReaper - 死神の意)[2][3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2007年MLBドラフト13巡目(全体414位)でボストン・レッドソックスから指名されたが入団せず、ジョージア大学に進学した。

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

2010年MLBドラフト5巡目(全体166位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。

2012年6月16日のヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビューを果たし、6回を無四球、7奪三振、3失点で初勝利を記録した[4]。この年は5試合に投げ、うち2試合で先発登板した。成績は1勝1敗、防御率9.00、WHIP1.79だった。マイナーではAA級フリスコ・ラフライダーズとAAA級ラウンドロック・エクスプレスの2球団に所属し、計28試合中22試合で先発登板。11勝6敗、防御率2.81、WHIP1.14という好成績で、メジャーへの足掛かりを作っていた。

2013年は先発陣の一角として17試合に投げたが、防御率6.37、WHIP1.65、89.0イニングで15被弾と打ち込まれた。ただ、勝ち運には恵まれて7勝(7敗)を挙げていた。

カブス時代[編集]

2013年7月22日にマット・ガーザとのトレードで、マイク・オルトカール・エドワーズ・ジュニア後日発表選手[5]と共にシカゴ・カブスへ移籍した[6]。カブスではリリーフ専業となり、10試合で防御率2.00と好投したが2敗を喫した。同年の通算成績は、27試合の登板で7勝9敗、防御率5.97、FIP4.59という成績だった。

2014年3月3日にカブスと1年契約に合意した[7]。この年はカブスリリーフ陣の中心的存在となり、ナショナルリーグ9位タイとなる73試合に登板。5勝2敗、防御率3.78、WHIP1.25、FIP3.20という好成績を叩き出し、大ブレイクした。

2015年は、前年の登板過多の影響で前腕部の炎症を発症し、開幕後約1ヵ月の間故障者リスト入りした[8]。しかし、これが休養となって復帰後は好投し、最終的には62試合の登板で3勝5敗3セーブ、防御率1.99、奪三振率12.1という好成績を残した。防御率は、50試合以上に投げたカブスのリリーフ陣ではクローザーヘクター・ロンドンに次ぐチーム2位・奪三振率は、役割関係なくチームトップの数値だった[9]

2016年は3年連続60試合以上となる68試合にリリーフ登板し、2勝1敗、防御率4.10、WHIP1.33、奪三振率11.1を記録[10]。三振奪取の面では2年連続10.0超の優秀な数値だったが、防御率やWHIPは悪化するなど、やや低調だった。

2017年は登板が50試合に大きく減少し、1勝2敗1セーブ、防御率5.53、WHIP1.34[10]と前年以上に成績を落とした。

2018年3月15日に自由契約となった[11]

ロイヤルズ時代[編集]

2018年3月18日にカンザスシティ・ロイヤルズと1年125万ドル+出来高最大30万ドルで契約を結んだ[12][✝ 1]。シーズンでは16試合に登板して防御率13.50と振るわず、7月7日に自由契約となった[13]

マリナーズ時代[編集]

2018年7月19日にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級タコマ・レイニアーズへ配属された[10]。9月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[14]。オフの10月31日にFAとなった[10]

インディアンス傘下時代[編集]

2019年1月3日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[15]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 TEX 5 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 65 14.0 22 1 3 0 0 13 3 0 14 14 9.00 1.79
2013 17 17 0 0 0 7 7 0 0 .500 406 89.0 116 15 31 1 1 68 4 0 67 63 6.37 1.65
CHC 10 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 36 9.0 4 0 3 0 1 8 0 0 3 2 2.00 0.78
'13計 27 17 0 0 0 7 9 0 3 .438 442 98.0 120 15 34 1 2 76 4 0 70 65 5.97 1.57
2014 73 0 0 0 0 5 2 0 11 .714 292 69.0 59 4 27 2 4 70 8 0 32 29 3.78 1.25
2015 62 0 0 0 0 3 5 3 15 .375 204 49.2 31 4 26 1 1 67 8 0 18 11 1.99 1.15
2016 68 0 0 0 0 2 1 0 10 .667 225 52.2 47 5 23 2 1 65 7 0 24 24 4.10 1.33
2017 50 0 0 0 0 1 2 1 4 .333 232 55.1 47 12 27 0 1 59 4 1 34 34 5.53 1.34
2018 KC 16 0 0 0 0 1 3 0 3 .250 67 12.2 17 2 14 1 0 8 1 0 19 19 13.50 2.45
SEA 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 4.2 2 1 0 0 0 3 0 0 1 1 1.93 0.43
'18計 21 0 0 0 0 1 3 0 3 .250 83 17.1 19 3 14 1 0 11 1 0 20 20 10.38 1.90
MLB:7年 306 19 0 0 0 20 23 4 46 .465 1543 356.0 345 44 154 7 9 361 35 1 212 197 4.98 1.40
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 51(2012年 - 2013年途中)
  • 52(2013年途中 - 2018年7月6日)
  • 54(2018年9月2日 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ カブスとの間の契約解除に際してカブスが約54万ドルを負担している[12]

出典[編集]

  1. ^ Justin Grimm Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年3月19日閲覧。
  2. ^ Explaining Reds Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月9日閲覧
  3. ^ Andy Call (2017年8月24日). “Explaining Cubs Players Weekend nicknames” (英語). MLB.com. 2018年3月16日閲覧。
  4. ^ Clint Foster. “Rapid Reaction: Rangers 8, Astros 3”. 2012年6月16日閲覧。
  5. ^ 同年8月23日ニール・ラミレスがカブスへ移籍。
  6. ^ “Cubs acquire INF Olt, RHPs Grimm and Edwards, plus two PTBNL for Garza” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2013年7月22日), http://m.cubs.mlb.com/news/article/54371268/cubs-acquire-inf-olt-rhps-grimm-and-edwards-plus-two-ptbnl-for-garza 2018年4月7日閲覧。 
  7. ^ “Cubs agree to terms with 19 players on 2014 contracts” (プレスリリース), MLB.com (Chicago Cubs), (2014年3月3日), http://chicago.cubs.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140303&content_id=68628832&vkey=pr_chc&c_id=chc 2014年3月4日閲覧。 
  8. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』廣済堂出版、2016年、368頁。ISBN 978-4-331-52002-4
  9. ^ 2015 Chicago Cubs Pitching Statistics - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年5月4日閲覧。
  10. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2019年2月27日閲覧。
  11. ^ Carrie Muskat (2018年3月15日). “Cubs release right-handed reliever Grimm” (英語). MLB.com. 2018年3月16日閲覧。
  12. ^ a b Anthony Castrovince (2018年3月18日). “Royals sign Grimm; option 4 to Triple-A Omaha / Right-hander Gaviglio designated for assignment” (英語). MLB.con. 2018年3月19日閲覧。
  13. ^ Jeffrey Flanagan (2018年7月7日). “Royals waive Grimm to open spot on 40-man” (英語). MLB.com. 2018年7月18日閲覧。
  14. ^ Greg Johns (2018年9月1日). “Mariners bolster roster with Paxton, 6 callups” (英語). MLB.com. 2018年9月2日閲覧。
  15. ^ Mandy Bell (2019年1月3日). “Tribe inks Grimm to Minors deal with ST invite” (英語). MLB.com. 2019年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]