カルロス・コレア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコレア第二姓(母方の)はオッペンハイマーです。
カルロス・コレア
Carlos Correa
ミネソタ・ツインズ #4
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区ポンセ
生年月日 (1994-09-22) 1994年9月22日(28歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
218 lb =約98.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2012年 MLBドラフト1巡目
初出場 2015年6月8日
年俸 $35,100,000 (2022年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2017年
獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

カルロス・ハビアー・コレア・オッペンハイマーCarlos Javier Correa Oppenheimer, 1994年9月22日 - )は、プエルトリコポンセ出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。MLBミネソタ・ツインズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとアストロズ時代[編集]

2012年MLBドラフト全体1位指名でヒューストン・アストロズから指名を受ける。プエルトリコ出身の選手としては史上初のMLBドラフト全体1位指名だった[注 1]。6月7日に契約金480万ドルで入団した[1]。その後、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・アストロズでプロデビュー。39試合に出場し打率.232 、2本塁打、9打点、5盗塁だった。8月からルーキー級グリーンビル・アストロズでプレー。11試合に出場し打率.371 、1本塁打、3打点、1盗塁。

2013年はA級クァッドシティズ・リバーバンディッツでプレー。117試合に出場し打率.320 、9本塁打、86打点、10盗塁だった。同年に行われたミッドウェストリーグのオールスターゲームに選出され[2]オールスター・フューチャーズゲームにもワールドチーム選抜として選出された[3]

2015年6月7日に、8日にメジャーに昇格される事が発表された[4]。6月8日に、メジャーデビューを果たした。また同日は、2015年のMLBドラフトがあり本人がドラフト1位指名されてから約3年だった[5]。6月9日の、シカゴ・ホワイトソックス戦でザック・デュークからメジャー初本塁打を記録した[6]。デビューした月は初出場から全試合遊撃手として先発出場し、打率.287、5本塁打、15打点、4盗塁、OPS.852などの成績を残し、ルーキー・オブ・ザ・マンスを受賞した。8月19日のタンパベイ・レイズ戦ではマット・アンドリースから初のサヨナラ安打を記録した[7]。99試合の出場で打率.279、22本塁打、68打点、14盗塁、OPS.857という成績を残し、フランシスコ・リンドーアらを抑え2015年ア・リーグの新人王に選出された(アストロズの選手としてはジェフ・バグウェル以来24年ぶり2人目)。この年のアストロズの遊撃手はジョナサン・ビヤージェド・ラウリーマーウィン・ゴンザレスなどが出場していたが、コレアがデビューしてからは固定された。この年にMLBにデビューした選手としてはロベルト・オスーナミゲル・カストロに次いで3番目に若かった[8]ホセ・アルトゥーベとは二遊間コンビとしてこの先長く一緒に出場することとなった。

2016年

2016年は3・4番打者として固定され、153試合で打率.274、20本塁打、96打点、OPS.811を記録と、デビューから2年連続で20本塁打を記録した。オフの12月5日に第4回WBCプエルトリコ代表に選出された[9]

2017年はシーズン開幕前の3月に選出されていた第4回WBCに参加。3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[10]。大会最優秀三塁手となった[11]。シーズンでは4月15日のオークランド・アスレチックス戦でフランキー・モンタスから右手に死球を受け[12]、軽傷によりその後3試合に欠場した。7月17日のシアトル・マリナーズ戦で空振りした際に左手親指の靭帯を断裂し[13]、その後7週間(43試合)欠場した。このシーズンは109試合に出場し、打率.315、24本塁打、84打点だった。2017年のワールドシリーズの優勝に貢献した。

2018年6月26日に背中の痛みを発症し[14]、その後6週間(36試合)欠場した。この年は110試合に出場し、打撃成績も軒並み前年度を下回り、打率.239、15本塁打、65打点だった。

2019年5月29日に自宅でマッサージを受けた際に肋骨を骨折し[15]、その後2ヶ月(48試合)欠場した。8月19日のデトロイト・タイガース戦で背中の痛みを発症し[16]し、その後4週間(25試合)欠場した。この年は75試合に出場し、打率.279、21本塁打、59打点、OPS.926などを記録した。10月17日のニューヨーク・ヤンキース戦で史上最年少となる25歳25日でポストシーズン通算10本塁打を達成した(従来の記録はアルバート・プホルスの25歳274日)[17]

2020年新型コロナウイルスの影響で60試合の短縮シーズンとなる中、4年ぶりに大きな故障がなく、58試合に出場して打率.264、5本塁打、25打点、OPS.709を記録した。

2021年2月にアストロズと1年1170万ドルで契約更改した[18]。オフにFAとなることから、 3月にはアストロズから5年総額1億2500万ドルの契約延長オファーを受けたが、これを拒否した[19]。 シーズンでは7月4日に選手間投票で控え野手として通算2度目となるオールスターゲームに選出されたが[20]、辞退している[21]。この年は148試合に出場して打率.279、26本塁打、92打点の成績を記録。オフの11月3日にFAとなった[22]。球団からは新たに5年総額1億6000万ドルの契約延長オファー、1840万ドルのクオリファイング・オファーを提示されたが、いずれも拒否した[23][24]。また、自身初となるゴールドグラブ賞プラチナ・ゴールド・グラブ賞を受賞した[25]

ツインズ時代[編集]

2022年3月18日にミネソタ・ツインズと3年総額1億530万ドルの契約を結んだ[26]。オプションとして2022年と23年のオフに契約を破棄してFAになれるオプトアウトの権利と、2022年は一部球団、残りの2年は全球団に対するトレード拒否権が含まれる[27]。1年あたりの年俸は3510万ドルとなり、アンソニー・レンドンを抜きMLBの内野手史上最高額となった[28]

選手としての特徴[編集]

20本塁打、OPS.850をコンスタントに残す強打者。

人物[編集]

弟のJ.C.コレアは1998年9月生まれ[29]で、ラマー大学英語版在学中の2020年のMLBドラフトでは指名されなかったが、その直後にヒューストン・アストロズと契約した[30]

2017年11月1日、アストロズのワールドシリーズ優勝が決まった直後、その場のドジャースタジアムにて恋人のダニエラ・ロドリゲスに「僕を世界一幸せな男にしてくれないか。結婚してくれ」プロポーズしOKを得た[31]。MLB公式インスタグラムは、ワールドシリーズ制覇の証であるチャンピオンリングと掛けて「Rings on rings!」と投稿[32]。その後、2019年11月12日に挙式を挙げた[33]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 HOU 99 432 387 52 108 22 1 22 198 68 14 4 0 4 40 2 1 78 10 .279 .345 .512 .857
2016 153 660 577 76 158 36 3 20 260 96 13 3 0 3 75 5 5 139 12 .274 .361 .451 .811
2017 109 481 422 82 133 25 1 24 232 84 2 1 0 4 53 5 2 92 12 .315 .391 .550 .941
2018 110 468 402 60 96 20 1 15 163 65 3 0 0 11 53 3 2 111 17 .239 .323 .405 .728
2019 75 321 280 42 78 16 1 21 159 59 1 0 0 4 35 0 2 75 8 .279 .358 .568 .926
2020 58 221 201 22 53 9 0 5 77 25 0 0 0 1 16 2 3 49 4 .264 .326 .383 .709
2021 148 640 555 104 155 34 1 26 269 92 0 0 0 6 75 2 4 116 16 .279 .366 .485 .850
MLB:7年 752 3223 2824 438 781 162 8 133 1358 489 33 8 0 33 347 19 19 660 79 .277 .356 .481 .837
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



遊撃(SS)












2015 HOU 99 112 265 13 41 .967
2016 153 202 426 14 81 .978
2017 108 127 282 9 62 .978
2018 109 106 268 6 43 .984
2019 75 95 176 2 34 .993
2020 57 69 142 1 35 .995
2021 148 183 384 11 70 .981
MLB 749 894 1943 56 366 .981
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 各年度の太字はゴールドグラブ賞受賞

表彰[編集]

MLB
国際大会

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1(2015年 - 2021年)
  • 4(2022年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ それまではラモン・カストロの全体17位指名が最高だった。

出典[編集]

  1. ^ Houston Astros ink No. 1 draft pick Carlos Correa for $4.8 million ESPN
  2. ^ MWL unveils All-Star Game rosters”. MiLB.com (2013年6月5日). 2014年1月27日閲覧。
  3. ^ 2013 All-Star Game Futures Game rosters”. MLB.com. 2014年1月27日閲覧。
  4. ^ Astros select Carlos Correa to Major League roster MLB.com Press Release 英語 (2015年6月7日) 2015年6月14日閲覧
  5. ^ Wherever Correa goes, family has his back MLB.com 英語 (2015年6月8日) 2015年6月14日閲覧
  6. ^ Correa knocks first homer, has first SB MLB.com 英語 (2015年6月10日) 2015年6月14日閲覧
  7. ^ Rays pitch to Correa; rookie's reply ends game” (英語). MLB.com (2015年8月20日). 2021年2月12日閲覧。
  8. ^ 2015 Major League Baseball Awards, All-Stars, & More Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2021年2月12日閲覧。
  9. ^ 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic MLB.com Press Release (英語) (2016年12月5日) 2016年12月15日閲覧
  10. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  11. ^ Yadi, Balentien among All-Classic Team standouts World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  12. ^ X-rays negative on Correa after hit-by-pitch” (英語). MLB.com (2017年4月16日). 2021年2月12日閲覧。
  13. ^ Correa out 6-8 weeks with torn thumb ligament” (英語). MLB.com (2017年7月18日). 2021年2月12日閲覧。
  14. ^ Correa placed on DL with back ailment” (英語). MLB.com (2018年6月28日). 2021年2月12日閲覧。
  15. ^ Astros shortstop Carlos Correa says broken rib was caused by in-home massage” (英語). CBSスポーツ (2019年5月29日). 2021年2月12日閲覧。
  16. ^ Astros' Carlos Correa: Moving to injured list” (英語). CBSスポーツ (2019年8月21日). 2021年2月12日閲覧。
  17. ^ a b MLB playoffs daily -- Houston Astros have World Series in their sight” (英語). ESPN (2019年10月17日). 2021年2月12日閲覧。
  18. ^ Houston Astros, SS Carlos Correa avoid arbitration with $11.7M deal, according to reports”. ESPN (2020年2月7日). 2021年2月12日閲覧。
  19. ^ Carlos Correa says Astros 'didn't get close' with $125M contract extension offer”. www.cbssports.com. 2022年1月27日閲覧。
  20. ^ Sarah Langs, Thomas Harrigan (2021年7月11日). “Your 2021 MLB All-Stars by position” (英語). MLB.com. July 13, 2021閲覧。
  21. ^ Brian McTaggart (2021年7月9日). “Altuve (leg), Correa won't play in ASG” (英語). MLB.com. 2021年7月10日閲覧。
  22. ^ 160 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2021年11月3日). 2021年11月5日閲覧。
  23. ^ Final Qualifying Offer Decisions” (英語). MLB Trade Rumors. 2022年1月28日閲覧。
  24. ^ Report: Correa declined 5-year, $160M offer from Astros after season”. theScore.com. 2022年1月27日閲覧。
  25. ^ Carlos Correa, Nolan Arenado win 2021 Platinum Glove Awards”. www.mlb.com. 2022年1月27日閲覧。
  26. ^ Press release: Twins sign Carlos Correa”. www.mlb.com. 2022年3月22日閲覧。
  27. ^ Twins Sign Carlos Correa” (英語). MLB Trade Rumors. 2022年3月22日閲覧。
  28. ^ 前アストロズのコレアがツインズと記録的契約 内野手史上最高額の年平均約40億4000万円 - MLB : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2022年3月22日閲覧。
  29. ^ J.C. Correa College Leagues Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2021年2月12日閲覧。
  30. ^ Astros sign J.C. Correa, brother of Carlos, as undrafted free agent”. ESPN (2020年6月20日). 2021年2月12日閲覧。
  31. ^ チャンピオン「ウエディング」リング!? ア軍コレアがWS制覇直後に求婚” (日本語). www.afpbb.com. 2021年10月25日閲覧。
  32. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2021年10月25日閲覧。
  33. ^ Carlos CorreaはInstagramを利用しています:「Today our journey officially begins. I promise to LOVE you from this day until my last day ❤️ Just Married... Love You Babe @daniellardzz…」” (日本語). Instagram. 2021年10月25日閲覧。
  34. ^ a b All-time and Single-Season Postseason Batting Leaders”. Baseball-Reference.com. 2021年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]