キャメロン・メイビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャメロン・メイビン
Cameron Maybin
ヒューストン・アストロズ #3
Cameron Maybin on August 3, 2011 (1).jpg
サンディエゴ・パドレス時代
(2011年8月3日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州アシュビル
生年月日 (1987-04-04) 1987年4月4日(30歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手中堅手
プロ入り 2005年 MLBドラフト1巡目(全体10位)でデトロイト・タイガースから指名
初出場 2007年8月17日 ニューヨーク・ヤンキース
年俸 $3,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

キャメロン・キース・メイビンCameron Keith Maybin, 1987年4月4日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州アッシュビル出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBヒューストン・アストロズに所属。

愛称はスリム[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

メイビンを10歳の頃から知るジャスティン・アップトンは当時を振り返り、「キャメロンは他の子より二回り大きくて肩も打球の伸びも桁違いでとても目立っていたよ、彼一人だけ突出したレベルでプレーしていたね、まったく驚くべき子供だったよ」と証言する。また、メイビンとアップトンは高校入学後もショー・ケース(全米から選抜された選手たちが、スカウトの前で行う試合)で何度も対戦を重ねるなど、早い段階からプロの注目を集めていた[3]

T.C.ロバーソン高校在学時の2004年ベースボール・アメリカ誌選のユース・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞。「天性のスピードと身体能力を備えた、生まれながらの中堅手」との紹介記事が掲載された[4]

2005年は71打数47安打打率.662(ノースカロライナ州高校記録) ・ 15本塁打 ・ 37打点 ・ 66得点 ・ 32盗塁をマークし、ゲータレード社が表彰する同州のハイスクール・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞[5]。全米高校代表チームにも選抜された他、高校生部門のベスト5ツール・タレント(2位)、ベスト・パワーヒッター(2位)、ファステスト・ベースランナー(5位)、ベスト・ディフェンシブ・プレーヤー(4位)の4部門にランクされる[6]

プロ入りとタイガース時代[編集]

2005年6月7日MLBドラフト1巡目(全体10位)でデトロイト・タイガースから指名を受けたが、メイビンが高額を要求したことによって交渉は難航。結局9月1日に265万ドルで契約成立したものの、マイナーは既にシーズン閉幕を迎えており、この夏は未出場に終わった[7]

2006年1月27日、タイガース内の有望株リストで3位にランクされた他、ベスト・アスリートとベスト・ディフェンシブ・アウトフィルダー、ベスト・アウトフィールド・アームの3部門に選定[8]マイナーリーグのA級ウェストミシガン・ホワイトキャップス英語版において101試合に出場して打率.304・9本塁打・69打点・出塁率.387・OPS.844 ・ 27盗塁の好成績を挙げ、7月9日オールスター・フューチャーズゲームに、8月24日ミッドウェストリーグのオールスターに出場。同リーグのモスト・エキサイティング・プレーヤーとファステスト・ベースランナー、ベスト・ベースランナーに選定された[9]。また、ベースボール・アメリカ誌選のマイナーリーグ・オールスターA級チーム[10]とMiLB.com のベスト・プレーオフ・パフォーマー、同リーグNo.1有望株に選出された他、タイガースのマイナーリーグ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞[5]11月27日、タイガース内の有望株リストで1位にランクされ、ベストヒッター・フォー・アベレージ、ファステスト・ベースランナー、ベスト・アスリート、ベスト・ディフェンシブ・アウトフィルダーの4部門に選定[11]

2007年スプリングトレーニングで好成績を収め、監督のジム・リーランドとチームメートのゲイリー・シェフィールドから「スター・プレーヤーの素質十分、年間30本塁打・70盗塁も達成可能」との賞賛を得た[12]。レギュラー・シーズンではルーキー級ガルフ・コースト・タイガース、A+級レイクランド・フライングタイガース英語版、AA級エリー・シーウルブズの3球団合計で91試合に出場して打率.316・14本塁打・53打点・出塁率.409・OPS.932・25盗塁と順調に成長を続け、6月16日にはフロリダステート・リーグのオールスターに、7月8日には前年に引き続きオールスター・フューチャーズゲームに出場[5]。ベースボール・アメリカ誌のマイナーリーグ・オールスター2ndチームにも選出された[13]他、同リーグのモスト・エキサイティング・プレーヤーとベスト・ベースランナーに選定された[14]8月17日、メジャー初昇格。即二番左翼手としてスタメン起用され、対ニューヨーク・ヤンキース戦において弱冠20歳でメジャー・デビューを果たす。この時は4打数無安打(2三振)に倒れたが、翌18日はロジャー・クレメンスから第1打席にキャリア初安打となるライト前ヒットを放つと、第2打席ではヤンキー・スタジアムのバックスクリーンに初本塁打を叩き込み、第3打席では初死球を受けて出塁した。24日のヤンキース戦では再びクレメンスと対峙し、第1打席で初四球を選び出塁すると、すかさず初盗塁を決めた。9月1日以降は打率1割台に沈んだが、4日と17日、24日はゲームの終盤に代走として起用され、いずれも2球目にスタートを切り、全て成功させている[15]。シーズン通算では24試合に出場して5盗塁、失敗0。アメリカンリーグのあるスカウトが「本当に速い[16]、ゲームの流れを変えてしまうほどのスピードだ[17]」と表現した実力の片鱗をうかがわせた[18]。シーズン・オフに開催されたウィンターリーグではアリゾナ・フォール・リーグに派遣され、ライジング・スターズに選出されている。

マーリンズ時代[編集]

2007年12月5日に2対6の大型トレードが成立し(マーリンズ側はエース左腕ドントレル・ウィリスと主砲ミゲル・カブレラ。タイガース側は右腕投手のバーク・ベイデンホップエウロ・デラクルーズダラス・トラハーンアンドリュー・ミラーマイク・ラベロ、メイビン)、フロリダ・マーリンズに移籍。

2008年は、スプリングトレーニングで打率.190(42打数で15三振、2四球)と低迷し、開幕はAA級カロライナ・マドキャッツで迎える運びとなったが、球団社長のラリー・ベインフェストは「我々は彼を高く評価している、現時点では更なる学習と鍛錬が必要だが将来的にはウチの正中堅手を長く務める存在になるだろう、本人にもそう伝えた」と期待を寄せている[19]。4-5月はバットが湿りがちで3年連続のフューチャーズ・ゲーム出場はならなかったものの、6月に入るとプレーヤー・オブ・ザ・ウィークを受賞[5]するなど調子を上げ、9月14日にはメジャー再昇格を果たす[20]。17日、ゲームの途中から中堅守備に入り、2打数1安打1四球。翌18日は先発出場して4打数4安打1四球、19日は4打数4安打。17日の第3打席から19日の第4打席にかけて8打数連続安打、10打席連続出塁をマーク。第5打席はファーストフライに倒れ記録は途絶えたが、ベンチに下がる際にスタンドからオベーションが湧き起こった。メイビンは「ファンのサポートを得られてハッピーだ、それにしても珍しいことだよね、驚いたよ」とコメントしている。なお、この8安打は全て単打、うち4本は内野安打である[21]。出場数は8試合に留まったが、マルチヒット4回、4盗塁をマークするなど高いパフォーマンスを発揮。GMマイケル・ヒルは来期の戦力構想について沈黙を守っているものの、地元紙マイアミ・ヘラルドでは「ハンリー・ラミレスを三番に据えて、メイビンを一番に抜擢するのではないか」と予想するなど[22]、リードオフマン待望論が浮上して来た。メイビン本人は「マイナーの経験が活きている、自分が進歩・成長したと言う実感がある」とシーズンを総括しつつ、「具体的には選球眼と打席内のしぶとさ、ボールの見極めが向上したと思う、特に変化球に上手く対応出来るようになった」と自己評価を下し、「来期は春から万全のコンディションで望みたい、そしてメジャーに定着したい」と前を向いた[23]

2009年はスプリングトレーニングで72打数23安打、打率.319[24]と結果を出し、4月6日の開幕戦に八番・中堅で先発出場を果たした。球団関係者からは「フアン・ピエールのスピードとハンリー・ラミレスのパワーを併せ持つ才器」として嘱望されている[25]。しかし開幕から結果を残せず、打率.202に留まり5月7日にマイナー降格。9月に再昇格を果たしてからは打率.293と復調した。シーズントータルでは54試合の出場で打率.250を記録。走塁面僅か1盗塁(3盗塁死)に留まった。

2010年も開幕をメジャーで迎えたが、打率.225と数字が上がらず6月にマイナー降格。8月末に再昇格した。自己最多の82試合に出場したが、打率.234に終わり飛躍とはならなかった。

パドレス時代[編集]

2010年11月13日エドワード・ムヒカライアン・ウェブとのトレードで、サンディエゴ・パドレスへ移籍した。

2011年は新天地で開幕をメジャーで迎えた。一度故障者リスト入りした以外はシーズンを通してレギュラーの座を守り、自己最多の137試合に出場して初めての規定到達を果たし、打率.263、9本塁打、リーグ2位タイの40盗塁を挙げ、リードオフマンとして開花した。盗塁成功率も.833と高い数字を記録した。

2012年3月3日にパドレスと総額2500万ドルの5年契約(6年目は900万ドルのオプションまたは100万ドルのバイアウト)を結んだ[26]。しかし、シーズンでは手首痛にも悩まされ、前半戦終了時点で打率.212と低迷。後半戦はやや持ち直したが、打率.243、26盗塁に終わるなど軒並み昨年より数字を悪化させ、球団の新たな顔としての活躍を期待されていたことを思うと、物足りない結果に終わってしまった。

2013年は開幕ロースター入りしたが、4月17日に右手首の故障で15日間の故障者リスト入りした[27]6月6日に復帰した[28]が、6月12日に左膝の故障で15日間の故障者リスト入りした[29]9月29日に復帰。この年は故障の影響で14試合の出場にとどまり、打率.157・1本塁打・5打点・4盗塁だった。

2014年3月29日に上腕二頭筋の故障で15日間の故障者リスト入りし[30]4月27日に復帰[31]。復帰後は62試合に出場していたが、7月23日の試合後に行われた薬物検査の際、アンフェタミンに陽性反応を示したため、25試合の出場停止処分を受けた[32]。結局僅か95試合の出場に留まり、打率.235、自慢の足も4盗塁に留まった。

ブレーブス時代[編集]

2015年4月5日クレイグ・キンブレルメルビン・アップトン・ジュニアとのトレードで、カルロス・クエンティンマット・ウィスラージョーダン・パローベックと共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[33]。シーズンで141試合に出場し、3年ぶりの規定到達を果たした。キャリアハイとなる打率.267、自身初めての二けたとなる10本塁打を記録し、23盗塁をマークするなど一定の貢献をした。

タイガース復帰[編集]

2015年11月20日イアン・クロル、マイナー選手1名とのトレードで、プロ入り時の古巣のタイガースへ移籍した[34]

2016年はセンターのレギュラー格で起用されたが、左手首の骨折で94試合の出場にとどまった。それでもバッティング面で好調を維持し、打率.315・4本塁打・43打点・15盗塁・OPS0.801という好成績を記録。打率・OPS共に8試合出場に終わった2008年以来となる高水準だった。センターの守備力はまずく、91試合で守りに就いて4失策守備率.982・DRS -11という拙守ぶりだった。

エンゼルス時代[編集]

2016年11月4日ビクター・アルカンタラ英語版とのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[35]

2017年は開幕からリードオフマンとして起用され、移籍まで91試合に出場。打率.235、6本塁打、22打点、OPS.684、28盗塁という成績だった。

アストロズ時代[編集]

2017年8月31日ウェイバー公示を経てヒューストン・アストロズへ移籍した[36]。移籍後は主に下位打線を任されたが、21試合の出場で打率.186、OPS.667、4盗塁と移籍前よりやや成績を落とした。シーズントータルでは114試合の出場で、打率.228、10本塁打、35打点、OPS.683に終わり、打撃は低調なシーズンだった。一方で盗塁は自身2番目に多い33盗塁を記録し、リーグトップのウィット・メリフィールドと1つ差の2位だった。

プレースタイル[編集]

2009年度ナショナルリーグルーキー・オブ・ザ・イヤー候補の最右翼に挙げられると同時に、「今後10年間MLBオールスターゲームの常連になるだろう」と予想されていたかつての超有望株[37][38]

特にスピードを活かした走塁と守備の評価が高く、「2011年までにはリーグを代表する中堅手に成長し、以後、“最も刺激的な選手”の一人として長く活躍するだろう」と多くのメディアから予測されていた[39][40][41][42]。マーリンズ球団社長のラリー・ペインフェストは、「彼は傑出したスピードと運動能力を持ち合わせているのでハンリー・ラミレスに匹敵するスター選手に成るだろう、いずれはパワーも身に付けるはずだ」と期待を込めて語り、15-20本塁打・30-40盗塁・ゴールドグラブ賞受賞も十分可能と見なされていた。

「ライトニング・クイック・バット」と形容される傑出したバットスピード、優れたハンド・アイ・コーディネーション(手と目の連携動作)、最高水準のスピードと盗塁技術、広大なレンジ(守備範囲)と大砲級の強肩を兼ね備える5ツール・プレーヤーの原石。右打席から一塁まで4.1秒(左打席に換算すると3.75-3.8秒、4.0秒なら俊足と言われる[43])のスピードに加えて、確かな選球眼を持ち合わせていることから一番打者としての活躍を見込まれており、メイビン本人も「オレの役割は出塁して本塁に生還することだ[25]」とテーブル・セッターの意識が高い。打席内のアプローチはセレクティブに徹しているものの、ストライクゾーン・ジャッジメントに関しては改善の余地がある。特に変化球を追い掛け回して三振に倒れることが多く、スローイングの精度も甘い。

目標とする憧れの選手は、ケン・グリフィー・ジュニア[39][40][42][18][19][38][44][45][46][47][48][49]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 DET 24 53 49 8 7 3 0 1 13 2 5 0 0 0 3 0 1 21 0 .143 .208 .265 .473
2008 FLA 8 36 32 9 16 2 0 0 18 2 4 0 1 0 3 0 0 8 0 .500 .543 .563 1.106
2009 54 199 176 30 44 12 2 4 72 13 1 3 4 1 17 1 1 51 2 .250 .318 .409 .727
2010 82 322 291 46 68 7 3 8 105 28 9 2 1 1 24 1 5 92 4 .234 .302 .361 .663
2011 SD 137 568 516 82 136 24 8 9 203 40 40 8 4 2 44 2 2 125 6 .264 .323 .393 .716
2012 147 561 507 67 123 20 5 8 177 45 26 8 3 3 44 1 4 110 12 .243 .306 .349 .656
2013 14 57 51 7 8 1 0 1 12 5 4 1 1 0 4 1 1 9 3 .157 .232 .235 .467
2014 95 272 251 24 59 13 4 1 83 15 4 3 0 1 19 2 1 56 8 .235 .290 .331 .621
2015 ATL 141 555 505 65 135 18 2 10 187 59 23 6 1 3 45 1 1 102 16 .267 .327 .370 .697
MLB:9年 702 2623 2378 338 596 100 24 42 870 209 116 30 15 11 203 9 16 574 51 .251 .313 .366 .678
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 4(2007年、2016年)
  • 24(2008年 - 2014年)
  • 25(2015年)
  • 9(2017年 - 同年8月30日)
  • 3(2017年9月2日 - )

脚注[編集]

  1. ^ Cameron Maybin Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN. 2011年11月6日閲覧。
  2. ^ Halos excited to take part in Players Weekend MLB.com (英語) (2017年8月16日) 2017年8月25日閲覧
  3. ^ 三尾圭「ファイブ・ライジングスターズ 第3回 MLBの未来を担う5人の新星」、『月刊スラッガー』No.124, 2008年8月号、日本スポーツ企画出版社、 60-62頁。
  4. ^ Bill Ballew (2004年10月7日). “2004 Youth Player Of The Year Cameron Maybin” (英語). Baseball America. 2008年12月22日閲覧。
  5. ^ a b c d Highlights:2005 , Awards/Honors:” (英語). MiLB.com. 2008年3月6日閲覧。
  6. ^ The Staff of Baseball America (2005年5月23日). “2005 Draft: Best Tools - High School Players” (英語). Baseball America. 2008年8月28日閲覧。
  7. ^ Alan Matthews (2005年9月23日). “Maybin Signs With Tigers” (英語). Baseball America. 2008年12月31日閲覧。
  8. ^ John Manuel (2006年1月27日). “Top 10 Prospects: Detroit Tigers , Best Tools” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年3月31日閲覧。
  9. ^ 2006 Career Highlights:” (英語). marlins.com. 2008年12月22日閲覧。
  10. ^ Staff Report (2006年9月25日). “2006 Minor League All-Stars” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年12月22日閲覧。
  11. ^ Jon Paul Morosi, Detroit Free Press (2006年11月27日). “Top 10 Prospects: Detroit Tigers , Best Tools” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年3月31日閲覧。
  12. ^ Jason Beck (2007年3月21日). “Maybin making a name for himself” (英語). MLB.com. 2009年4月6日閲覧。
  13. ^ Matt Eddy (2007年10月5日). “2007 Minor League All-Stars” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年12月22日閲覧。
  14. ^ Cameron Maybin Stats, Fantasy & News (View More Bio Info)” (英語). MLB.com. 2015年11月27日閲覧。
  15. ^ Cameron Maybin 2007 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference. 2008年12月22日閲覧。
  16. ^ Kevin Goldstein (2006年8月11日). “Future Shock: Scouting Notebook, 8/11/06” (英語). Baseball Prospectus. 2009年1月23日閲覧。
  17. ^ Staff Report (2007年8月13日). “Prospect Hot Sheet” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年12月22日閲覧。
  18. ^ a b Jon Paul Morosi (2007年12月5日). “Prospects: Cameron Maybin Scouting Report” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年12月22日閲覧。
  19. ^ a b 大富真一郎 「ナショナル・リーグの新人王候補」 『月刊メジャー・リーグ 2008年5月号』 ベースボール・マガジン社、76-77頁。
  20. ^ Major League Baseball Transactions” (英語) (2008年9月14日). 2015年11月27日閲覧。
  21. ^ Cameron Maybin 2008 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference. 2008年12月22日閲覧。
  22. ^ Miami Herald (2009年2月20日). “Cameron Maybin OF Florida Marlins” (英語). usatoday.com. 2009年3月10日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 杉浦大介「ファイブ・ライジングスターズ 第7回 キャメロン・メイビン独占インタビュー」」、『月刊スラッガー』No.129, 2009年1月号、日本スポーツ企画出版社、 72-73頁。
  24. ^ MLB Spring Training Stats: Batting - 2009” (英語). ESPN. 2009年4月8日閲覧。
  25. ^ a b Joe Frisaro (2009年4月2日). “Maybin will ease into power potential” (英語). MLB.com. 2015年11月27日閲覧。
  26. ^ Jerry Crasnick (2012年3月6日). “San Diego Padres, Cameron Maybin agree to five-year, $25 million deal” (英語). ESPN. 2015年11月27日閲覧。
  27. ^ “Padres reinstate INF Chase Headley from 15-day disabled list and place OF Cameron Maybin on 15-day disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2013年4月17日), http://m.padres.mlb.com/news/article/45080364 2015年11月27日閲覧。 
  28. ^ “Padres reinstate OF Cameron Maybin from 15-day disabled list and place INF Yonder Alonso on the 15-day disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2013年6月6日), http://m.padres.mlb.com/news/article/49832536 2015年11月27日閲覧。 
  29. ^ “Padres recall OF Jaff Decker from Triple-A Tucson; place OF Cameron Maybin on 15-day DL” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2013年6月12日), http://m.padres.mlb.com/news/article/50419740 2015年11月27日閲覧。 
  30. ^ “Padres announce 2014 Opening Night roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年3月29日), http://m.padres.mlb.com/news/article/70443886 2015年11月27日閲覧。 
  31. ^ Corey Brock (2014年4月27日). “Maybin rejoins Padres, makes season debut” (英語). MLB.com. 2015年11月27日閲覧。
  32. ^ Daniel Kramer (2014年7月23日). “Maybin suspended 25 games for amphetamines” (英語). MLB.com. 2015年11月27日閲覧。
  33. ^ Mark Bowman (2015年4月5日). “Braves deal Kimbrel, Upton to Padres in blockbuster deal” (英語). MLB.com. 2015年4月12日閲覧。
  34. ^ Mark Bowman (2015年11月20日). “Braves send Maybin to Detroit for two lefties” (英語). MLB.com. 2015年11月27日閲覧。
  35. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年11月4日閲覧。
  36. ^ “Astros Claim Maybin off Waivers from Angels” (英語) (プレスリリース), MLB.com, (2017年8月31日), http://m.mlb.com/news/article/251670550/astros-claim-maybin-off-waivers-from-angels/ 2017年9月1日閲覧。 
  37. ^ スラッガー編集部「2009 Rookie Impact Players - 新人王候補一挙大公開」、『月刊スラッガー』No.133, 2009年5月号、日本スポーツ企画出版社、 6-7,33,41,60-61頁。
  38. ^ a b Nick Kappel (2009年4月7日). “Nick Kappel's MLB Fantasy Focus: 2009 All-Breakout Team” (英語). Bleacher Report. 2009年4月15日閲覧。
  39. ^ a b Kevin Goldstein (2006年8月10日). “Future Shock: Position Breakdown: Center Fielders” (英語). Baseball Prospectus. 2008年12月31日閲覧。
  40. ^ a b Cameron Maybin Top 50 Prospects Profile” (英語). MLB.com. 2009年1月5日閲覧。
  41. ^ Top 50 Prospects: Player Profile - Rank 3 Cameron Maybin” (英語). Minor League Baseball. 2009年1月23日閲覧。
  42. ^ a b スラッガー編集部「新連載 ファイブ・ライジングスターズ - MLBの未来を担う5人の新星」、『月刊スラッガー』No.122, 2008年6月号、日本スポーツ企画出版社、 72-73頁。
  43. ^ Joe Frisaro (2009年4月7日). “Speedsters evoke Marlins memories” (英語). marlins.com. 2009年4月16日閲覧。
  44. ^ Kevin Goldstein (2007年1月19日). “Future Shock, Detroit Tigers Top Ten Prospects” (英語). baseball prospectus.com. 2008年3月6日閲覧。
  45. ^ Kevin Goldstein (2008年1月24日). “Future Shock: Marlins Top 11 Prospects” (英語). Baseball Prospectus. 2008年12月22日閲覧。
  46. ^ Cameron Maybin - Pecota” (英語). baseball prospectus.com. 2008年3月6日閲覧。
  47. ^ 「2008 MLB 30球団スカウティング・レポート」『ウェルカム・メジャーリーグ 2008』 白夜書房〈白夜ムック 315〉、174-177頁。ISBN 978-4861913983
  48. ^ Kevin Goldstein (2009年2月11日). “Future Shock: Impact Rookies” (英語). BaseballProspectus. 2009年4月6日閲覧。
  49. ^ Marc Hulet (2009年2月25日). “2009 Impact Rookie: Cameron Maybin” (英語). FanGraphs. 2009年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]