レネ・リベラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レネ・リベラ
René Rivera
サンフランシスコ・ジャイアンツ (マイナー)
René Rivera on August 10, 2016.jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2016年8月10日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区バヤモン
生年月日 (1983-07-31) 1983年7月31日(36歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2001年 MLBドラフト2巡目
初出場 2004年9月22日
年俸 $2,800,000(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2017年
獲得メダル
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

レネ・リベラRené Rivera, 1983年7月31日 - )は、プエルトリコ自治連邦区バヤモン出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下所属。愛称はマンチョーMoncho)。

経歴[編集]

プロ入りとマリナーズ時代[編集]

2001年MLBドラフト2巡目(全体49位)でシアトル・マリナーズから指名され、6月14日に入団。

2004年9月22日にメジャー初昇格を果たし、同日のアナハイム・エンゼルス戦でメジャーデビュー。代打として出場したが無安打に終わった。

2007年10月29日にFAとなった。

ドジャース傘下時代[編集]

2007年11月29日にロサンゼルス・ドジャースと契約。

2008年はメジャーでのプレーは無く、11月3日にFAとなった。

メッツ傘下時代[編集]

2008年11月20日にニューヨーク・メッツと契約。

2009年もメジャーでのプレーは無く、11月9日にFAとなった。

独立リーグ時代[編集]

2010年は5月まで独立リーグアトランティックリーグカムデン・リバーシャークスに所属した。

ヤンキース傘下時代[編集]

2010年5月21日にニューヨーク・ヤンキースと契約[2]。11月6日にFAとなった。

ツインズ時代[編集]

2010年12月23日にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。

2011年5月5日にツインズとメジャー契約で合意[3]。10月14日にFAとなったが、12月13日にツインズとマイナー契約で再契約した[4]

2012年はメジャーでのプレーは無く、11月3日にFAとなった。

パドレス時代[編集]

2012年12月12日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ。

2013年7月7日、ヤズマニ・グランダルが右膝の故障のため故障者リスト入りしたことに伴い、メジャー昇格した[5]

2014年3月3日にパドレスと1年契約に合意した[6]。シーズンでは、それまでパドレスの正捕手格だったニック・ハンドリーの移籍や、グランダルが一塁に入る時はマスクを被り、出場機会が大幅に増えた。打撃面では長打力を発揮したため、クリーンアップで起用される機会もあり、11本塁打を放った。守備面では、グランダルと対照的に素晴らしい守備を発揮。守備防御点+10(自己ベスト)、レンジファクター9.15(ナショナルリーグ2位)、盗塁阻止33個(リーグ2位)で盗塁阻止率36%だった。

レイズ時代[編集]

2014年12月19日にウィル・マイヤーズライアン・ハニガンホセ・カスティーヨヘラルド・レイエス英語版とのトレードで、バーチ・スミスジェイク・バウアーズと共にタンパベイ・レイズへ移籍した[7]

2015年は、他の捕手との併用ながら、前年を更新する自己最多の110試合に出場した。打撃面では大不振であり、打率.178・OPS0.489・前年から半減以下の5本塁打という内容に終わった。また、守備面でも精彩を欠き、107試合で捕手としてマスクを被り、捕手としてリーグワーストの11失策・前年に+10だったDRSも-5まで低下した。

2016年3月30日に自由契約となった[8]

メッツ時代[編集]

2016年4月5日にメッツとマイナー契約を結び[9]、26日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[10]。この年は65試合に出場して打率.222・6本塁打・26打点の成績を残した。オフの11月3日にFAとなった[11]が、12月3日にメッツと1年175万ドルで再契約を交わした[12]

2017年開幕前の2月8日に第4回WBCプエルトリコ代表に選出された[13]。3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[14]

カブス時代[編集]

2017年8月19日にシカゴ・カブスからの要請でウェイバー公示を経て移籍した[15]。オフの11月2日にFAとなった[16]

エンゼルス時代[編集]

2018年1月9日にロサンゼルス・エンゼルスと1年契約を結んだ[17]

ブレーブス時代[編集]

2018年8月29日にウェイバー公示を経てアトランタ・ブレーブスへ移籍した[18]。オフの10月29日にFAとなった[11]

ジャイアンツ傘下時代[編集]

2019年2月8日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[19]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 SEA 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2005 16 50 48 3 19 3 0 1 25 6 0 0 1 0 1 0 0 11 0 .396 .408 .521 .929
2006 35 106 99 8 15 4 0 2 25 4 1 0 3 0 3 0 1 29 2 .152 .184 .253 .437
2011 MIN 45 114 104 9 15 3 0 1 21 5 0 0 0 1 8 0 1 32 2 .144 .211 .202 .413
2013 SD 23 71 67 4 17 3 1 0 22 7 0 0 0 2 2 1 0 16 1 .254 .268 .328 .596
2014 103 329 294 27 74 18 1 11 127 44 0 0 3 2 27 3 3 76 6 .252 .319 .432 .751
2015 TB 110 319 298 16 53 14 0 5 82 26 0 0 5 2 11 0 3 86 4 .178 .213 .275 .489
2016 NYM 65 207 185 12 41 4 0 6 63 26 0 0 1 2 16 3 3 54 4 .222 .291 .341 .632
2017 54 187 174 15 40 4 0 8 68 23 0 1 0 1 9 3 3 54 3 .230 .278 .391 .669
CHC 20 50 44 8 15 5 0 2 26 12 0 0 1 0 5 0 0 16 1 .341 .408 .591 .999
'17計 74 237 218 23 81 8 0 10 94 35 0 1 1 1 14 3 3 70 4 .252 .305 .431 .736
2018 LAA 30 87 82 8 20 4 0 4 36 11 0 0 0 0 4 0 1 32 3 .244 .287 .439 .726
ATL 3 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
'18計 33 91 86 8 20 4 0 4 36 11 0 0 0 0 4 0 1 35 3 .233 .275 .419 .693
MLB:10年 506 1527 1402 110 309 62 2 40 495 164 1 1 14 10 86 10 15 410 26 .220 .271 .353 .624
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 59(2004年 - 2005年途中)
  • 30(2005年途中 - 2006年)
  • 32(2011年)
  • 44(2013年 - 2017年8月18日、2018年 - 同年8月28日)
  • 7(2017年8月20日 - 同年終了)
  • 12(2018年9月4日 - 同年終了)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rene Rivera Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年4月29日閲覧。
  2. ^ Mark Polishuk (2010年5月20日). “Yankees Sign Rene Rivera” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年4月27日閲覧。
  3. ^ Phil Mackey (2011年5月5日). “Twins select contract of catcher Rene Rivera from Rochester” (英語). 1500ESPN Sports wire. 2016年4月27日閲覧。
  4. ^ Ben Nicholson-Smith (2011年12月14日). “Twins Sign Burroughs, Rivera, Walters” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年4月27日閲覧。
  5. ^ Corey Brock (2013年7月6日). “Grandal injured on play at plate, headed to DL” (英語). MLB.com. 2016年4月27日閲覧。
  6. ^ “Padres agree to terms with 22 players on 2014 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2014年3月3日), http://m.padres.mlb.com/news/article/68636574 2014年3月4日閲覧。 
  7. ^ Corey Brock (2014年12月19日), “Rays complete eleven-player trade with Padres, Nationals” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), http://m.rays.mlb.com/news/article/104497142/rays-complete-eleven-player-trade-with-padres-nationals 2014年12月20日閲覧。 
  8. ^ Marc Topkin (2016年3月30日). “Rays have released catcher Rene Rivera” (英語). Tampa Bay Times. 2016年4月6日閲覧。
  9. ^ Anthony DiComo (2016年4月5日). “Mets add veteran Rivera to catching corps” (英語). MLB.com. 2016年4月27日閲覧。
  10. ^ Anthony DiComo (2016年4月26日). “Rotator cuff strain sends d'Arnaud to DL” (英語). MLB.com. 2016年4月27日閲覧。
  11. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2019年3月13日閲覧。
  12. ^ Players Avoiding Arbitration: Friday”. mlbtraderumors.com (2016年12月3日). 2017年2月1日閲覧。
  13. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧
  14. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  15. ^ “Cubs claim catcher Rene Rivera off waivers from Mets”. AP通信 (ESPN.com). (2017年8月20日). http://www.espn.com/mlb/story/_/id/20387573/chicago-cubs-claim-catcher-rene-rivera-waivers-new-york-mets 2017年8月21日閲覧。 
  16. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月27日閲覧
  17. ^ Austin Laymance (2018年1月9日). “Halos sign veteran catcher Rivera to 1-year deal” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/angels-sign-veteran-catcher-rene-rivera/c-264498924 2018年1月12日閲覧。 
  18. ^ Rene Rivera awarded to Braves on waiver claim” (英語). MLB.com (2018年8月29日). 2018年8月29日閲覧。
  19. ^ Steve Adams (2019年2月8日). “Giants, Rene Rivera Agree To Minor League Deal” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年3月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]