エディ・ロザリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エディ・ロザリオ
Eddie Rosario
ミネソタ・ツインズ #20
Eddie Rosario (26149847862).jpg
2016年4月4日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区グアヤマ
生年月日 (1991-09-28) 1991年9月28日(27歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト4巡目(全体135位)でミネソタ・ツインズから指名
初出場 2015年5月6日
年俸 $4,190,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2013年2017年
獲得メダル
男子 野球
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球
2017 野球

エディ・マニュエル・ロザリオEddie Manuel Rosario, 1991年9月28日 - )は、プエルトリコグアヤマ出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。MLBミネソタ・ツインズ所属。

愛称はバンディドウ[2]

経歴[編集]

2010年MLBドラフトミネソタ・ツインズから4巡目(全体135位)指名され、プロ入り。この年は傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ツインズでプロデビュー。

2011年アパラチアンリーグのルーキー級エリザベストン・ツインズでプレーし、67試合に出場して打率.337・21本塁打・60打点・17盗塁だった。

2012年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ツインズとA級ベロイト・スナッパーズでプレーし、A級ベロイトでは95試合に出場して打率.296・12本塁打・70打点・11盗塁だった。

2013年開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プエルトリコ代表に選出された[3]

シーズンではA+級フォートマイヤーズ・ミラクルとAA級ニューブリテン・ロックキャッツでプレーし、2球団合計で122試合に出場して打率.302・10本塁打・73打点・10盗塁だった。また、この年のオフに禁止薬物規定に違反し、翌年の開幕から50試合の出場停止処分を受ける事となった[4]

2014年は前年と同じくA+級フォートマイヤーズとAA級ニューブリテンでプレーし、2球団合計で87試合に出場して打率.243・8本塁打・40打点・9盗塁だった。オフの11月20日に40人枠を果たした。

2015年はAAA級ロチェスター・レッドウイングスで開幕を迎えたが、5月4日にメジャーへ初昇格した[5]。6日のオークランド・アスレチックス戦にて8番・右翼で先発出場してメジャーデビューし、3回裏にスコット・カズミアーから初球を打って初打席本塁打を記録した[6][7]。以降は外野手のレギュラーとして、122試合で打率.267・13本塁打・50打点を記憶した。また、三塁打はメジャートップの15本を記録した[8]

2016年は出場機会が激減し、92試合の出場に留まった。ただ、バッティング面では打率.269・10本塁打・32打点・5盗塁を記録。守備ではレフト57試合・センター37試合・ライト1試合で、計4失策守備率.979だった。オフの12月28日に第4回WBCプエルトリコ代表への参加の意思を表明した[9]

2017年開幕前の2月8日に第4回WBCのプエルトリコ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした[10]。3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 MIN 122 474 453 60 121 18 15 13 208 50 11 6 3 3 15 3 0 118 5 .267 .289 .459 .748
2016 92 354 335 52 90 17 2 10 141 32 5 2 2 3 12 2 2 91 4 .269 .295 .421 .716
2017 151 589 542 79 157 33 2 27 275 78 9 8 4 8 35 1 0 106 10 .290 .328 .507 .836
2018 138 592 559 87 161 31 2 24 268 77 8 2 1 2 30 5 0 104 4 .288 .323 .479 .803
MLB:4年 503 2009 1889 278 529 99 21 74 892 237 33 18 10 16 92 11 2 419 23 .280 .312 .472 .784
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF) 三塁(3B)
















































2015 MIN 4 15 0 0 0 1.000 86 157 12 5 3 .971 34 48 4 2 1 .963 -
2016 37 79 6 3 0 .966 57 96 4 1 0 .990 1 1 0 0 0 1.000 -
2017 10 18 0 0 0 1.000 138 225 5 4 1 .983 16 22 0 0 0 1.000 -
2018 4 1 0 0 0 1.000 125 227 9 8 0 .967 5 6 0 1 0 .857 1 0 2 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 20 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Eddie Rosario Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年1月21日閲覧。
  2. ^ Twins Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月30日閲覧
  3. ^ Classic puts top prospects on global stage”. MLB.com (2013年2月7日). 2015年9月13日閲覧。
  4. ^ Twins prospect Rosario banned for 50 games by MLB”. Star Tribune (2013年11月20日). 2015年9月13日閲覧。
  5. ^ Twins summon top prospect Eddie Rosario to majors”. Star Tribune (2015年5月4日). 2015年9月13日閲覧。
  6. ^ Rosario homers on first ML pitch. MLB.com. May 6, 2015. Retrieved September 13, 2015.
  7. ^ Kenney, Kirk (2015年5月19日). “Rosario makes good first impression”. U-T San Diego. http://www.utsandiego.com/news/2015/may/10/baseball-nuggets-home-run-first-pitch/ 2015年9月13日閲覧。 
  8. ^ Eddie Rosario Winter, Minor & Fall Leagues Statistics & History Baseball-Reference.com
  9. ^ Source: Lugo, Rosario to play for PR in WBC MLB.com (英語) (2016年12月28日) 2017年1月10日閲覧
  10. ^ Young stars join Beltran, Yadi for Puerto Rico MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年3月16日閲覧
  11. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]