カルロス・ベルトラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カルロス・ベルトラン
Carlos Beltran
Carlos Beltrán in 2017 (cropped).jpg
ヒューストン・アストロズでの現役時代
(2017年7月21日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区マナティ英語版
生年月日 (1977-04-24) 1977年4月24日(41歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投
ポジション 外野手中堅手右翼手
プロ入り 1995年 ドラフト2巡目(全体49位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 1998年9月14日 オークランド・アスレチックス
最終出場 2017年10月31日 ロサンゼルス・ドジャース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム プエルトリコの旗 プエルトリコ
WBC 2006年2009年2013年2017年
獲得メダル
男子 野球
プエルトリコの旗 プエルトリコ
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球
2017 野球

カルロス・イバン・ベルトラン(Carlos Ivan Beltrán, 1977年4月24日 - )は、プエルトリコマナティ英語版出身の元プロ野球選手外野手)。右投両打。

2000年代のMLBを代表する5ツールプレイヤーとして知られる。ESPNや『スポーツ・イラストレイテッド』から2000年代10年間の "All-Decade team" 中堅手部門に選出されている[1][2]スイッチヒッターで大成功した数少ない選手の1人である。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

4人兄妹の次男で、上に兄が、下に2人の妹(双生児)がいる。野球を始めたのは5歳頃[3]。子供の頃は兄と共にアンディ・バンスライクのファンだったが、プエルトリコ出身のバーニー・ウィリアムスウィンターリーグで活躍するのを目の当たりにし、次第に2人ともウィリアムスに憧れを抱くようになっていった[4]。ベルトランはウィリアムスについて「走攻守のすべてを兼ね備えていて、いつでも真摯な態度でゲームに臨む。ベースボールを尊敬していて、そして愛している。そんな彼こそが僕にとっては最大限の尊敬に値する」と話している[5]。当時住んでいた家が「家というよりは小屋と呼んだ方がいいかもしれない。6人家族が住むには小さすぎる家だった」と語るベルトランは、メジャーリーガーになって両親に立派な家をプレゼントするという夢を持つようになった[4]

高校入学後、15歳で遊撃手から中堅手へ転向したベルトランは、スカウトからも注目される選手になっていく[4]。また野球以外にバレーボールでも活躍していたが、17歳のときに父親から「バレーボールもなかなかだが、野球で大金を稼げる才能を授かったな」と言われてからは、野球一本に絞っている[6]。MLBのトライアウトに20回以上参加したベルトランは、複数のスカウトからドラフト1巡目レベルとの高評価を受けた。

プロ入りとロイヤルズ時代[編集]

1995年のMLBドラフト直前、腰の筋肉を痛めたという情報が漏れたため、結局ドラフトではカンザスシティ・ロイヤルズからの2巡目(全体49位)指名となった[7]

6月5日にロイヤルズと契約したベルトランはマイナーリーグ最下層のルーキー級に配属されることになり、故郷プエルトリコを離れアメリカ合衆国本土のフロリダ州へと向かう。ガルフ・コーストリーグでプロデビューした1年目は52試合で打率.278を記録。ただ、シャイな性格の持ち主であることや言葉が通じないことなどから、ホームシックにかかった[4]。後に彼の妻となるジェシカによると、プエルトリコにいたときは無口だったベルトランが本土へ行ってからは彼女に毎日、それも「1日に20回はあったかと思ってしまうくらい」電話をかけるようになったという[8]。シーズン終了後プエルトリコに戻り、ウィンターリーグに参加。そこで憧れのバーニー・ウィリアムスと出会う。ウィリアムスはベルトランに「実力はあるんだから、努力を怠るなよ」とアドバイスした[9]

1996年に右打ちからスイッチヒッターへ転向。「このままではいけないな」と考えてのことだったが、「タイミングを狂わされないようにするというのが難しかった」と振り返るように左打席で苦しんだシーズンとなり、シーズン終了後はプエルトリコでも左打席での打撃を特訓する[3]

1997年、A+級ウィルミントン・ブルーロックスで11本塁打のうち10本を左打席から放ち、スイッチヒッターとして成長を見せた[4]。また、守備については広い守備範囲と強肩が高く評価されている[7]

1998年にはシーズン途中でA+級ウィルミントンからAA級ウィチタ・ラングラーズに昇格。2クラス合計で99試合に出場し、打率.313・19本塁打・76打点・18盗塁OPS.948という好成績を残した。マイナーリーグのシーズンが終了した9月に飛び級でメジャーリーグへ昇格した。

1998年9月14日、本拠地カウフマン・スタジアムでのオークランド・アスレチックス戦でメジャーデビュー。7回表、ラリー・サットン英語版に代わって中堅手の守備に就き、その裏のメジャー初打席ではバディ・グルーム英語版から初安打となる内野安打を放った[10]。その1週間後の21日の試合では1試合2三塁打を放つなど[11]、この年は14試合に出場した。この年の活躍により評価が上昇した。

1999年シーズン開幕前には『ベースボール・アメリカ』が発表した若手有望株ランキングで14位に入った[12]スプリングトレーニング期間中には監督のトニー・ミューサーがベルトランに1番・中堅手の定位置を確約[4]。その通りに開幕戦に先発出場したベルトランは4月の1か月間で20試合に出場し、打率.307を記録した。その後も勢いは衰えず、前半戦終了時点で打率.302・12本塁打・59打点・13盗塁を記録すると、後半戦からは主に3番を打っていたジョニー・デイモンと打順が入れ替わり、ベルトランが3番打者を任されるようになる[13]。シーズンを通しての成績は、打率.293・22本塁打・108打点・27盗塁。打点とともに得点でも100を超えた(112)が、これは新人としては1975年フレッド・リン以来のことであった[4]。シーズン終了後、ジェシカと結婚。その3日後、ベルトランの元にアメリカンリーグ新人王受賞の知らせが届いた[8]

2000年背番号を過去2年つけていた36から15へ変更してシーズンに臨んだ。これは妻の誕生日が12月15日であることに由来する[8]。打撃では変化球で外角を突く相手の攻めに対応することができず不振に[4]。更に、8月には膝の打撲故障者リスト入りするも、フロリダ州の球団施設でリハビリするよう求められながらこれを拒否したため、チームから出場停止処分を受けた[14]。成績は98試合の出場で打率.247・OPS.675と低迷。

2001年、ロイヤルズは外野のレギュラーだったデイモンをアスレチックスへトレードで放出したため、ベルトランの責任は大きくなる。この年は怪我もなくシーズンを過ごし155試合に出場。打率.306・24本塁打・101打点・31盗塁と、前年の不調から脱却した。この頃から「手応えを感じるようになった」と本人は言う[3]

2002年は全162試合に出場し、2年連続の20本塁打・100打点・30盗塁超え。このシーズンを終えた後、ベルトランは故郷に一戸建てを買い「両親に家をプレゼントする」という夢を叶える。両親は最初、その住宅はベルトランとジェシカが住むためのものだと思って庭造りや家具選びなどを手伝っていたため、新居のお披露目パーティーでベルトランから「この家は僕からのプレゼントだから、今日から住んでほしい」と打ち明けられ涙を流した[4]。感動的場面の一方で、12月にはロイヤルズが3年2500万ドルでの契約延長をオファーするもベルトラン側は拒否[15]。チームはここ2年連続で30以上の負け越しという低迷期にあり、ベルトランはあと2年でFAとなる状況から、トレードの可能性が高まっていった。

2003年はシーズン開幕から14試合を怪我で欠場するも、復帰後は141試合で打率.307・26本塁打・100打点・41盗塁を記録。打率とOPS(.911)、更に盗塁数で自己最多の成績を残し、シーズン終了後のMVP投票では9位に入った。8月9日のタンパベイ・デビルレイズ戦でランス・カーターから通算100本塁打を達成。

2004年1月、チームとの年俸調停を回避して1年900万ドルで同年の契約を結び、FA権取得前最後のシーズンを迎える[16]

アストロズ時代[編集]

2004年6月24日にヒューストン・アストロズオークランド・アスレチックスとの三角トレードでアストロズへ移籍した[17]。2番打者としてビジオBiggio)、ベルトラン(Beltran)、バークマンBerkman)、バグウェルBagwell)の4人からなる上位打線、通称「キラー・ビーズ」(Killer B's)の一翼を担った。オールスターに初めて選出され、90試合で70得点・23本塁打・28盗塁(失敗はなし)という活躍でアストロズのポストシーズン進出の立役者となった。最終的なシーズン成績は打率.267・38本塁打・104打点・42盗塁で初の30本塁打・30盗塁を達成し、ポストシーズンでもその勢いは衰えず、5試合連続本塁打・合計8本塁打のMLB記録を作った(8本は2002年のバリー・ボンズに並び、5試合連続は後の2015年にダニエル・マーフィーによって更新された)[18]

映像外部リンク
同一ポストシーズン8本目の本塁打(MLB.comによる動画)

オフの10月24日にFAとなった。ベルトランの代理人スコット・ボラスはアストロズが提示した7年総額1億ドルを拒否し、12月21日にニューヨーク・ヤンキースとの交渉で7年総額1億1900万ドルを提示したため、ヤンキースは獲得に消極的となった[4]

メッツ時代[編集]

2005年1月13日にニューヨーク・メッツと7年総額1億1,900万ドルの契約を結んだ[19]。1億ドル以上の契約はMLB史上10人目、メッツでは初の選手となった[20]

2005年8月11日の7回裏の守備で、デビッド・ロスの右中間への浅い打球を追って、右翼手マイク・キャメロンと衝突し、左頬骨を骨折するなどで打率.266・16本塁打・78打点・17盗塁と不振に陥った。

2006年開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プエルトリコ代表に選出された[21]

レギュラーシーズンは前年に比べ、選球眼がよくなり、より速球を打つようになった[22]。7月にはメジャー史上9人目の2試合連続を含む3本の満塁本塁打を記録した[23]。8月26日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でジョン・リーバーから通算200本塁打を達成。自己最多となる41本塁打・116打点を記録した。本塁打は球団タイ記録となり[23]デビッド・ライト、同郷のカルロス・デルガドらも100打点を記録し、チームは18年ぶりに地区優勝し、ベルトランは初めてシルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を受賞した。MVPの投票ではライアン・ハワードアルバート・プホルスランス・バークマンに次ぐ4位に入った[24]セントルイス・カージナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第7戦の9回裏2アウト満塁・スコア1-3の場面でアダム・ウェインライトを相手に見逃し三振でシーズンを終えてしまった[25]

2007年は中堅手としてメジャー最多の33本塁打・112打点を記録し、ダリル・ストロベリーマイク・ピアッツァに次ぐ球団史上3人目となる2年連続で30本塁打100打点を達成した[26]。その一方でチームはシーズン終盤の失速でプレーオフ進出を逃し、フィラデルフィア・フィリーズが地区優勝となった。

2008年開幕前に「ウチがナ・リーグ東地区で最高のチームだ」と宣言し、注目を集めた[27]。前年に同じような発言をフィリーズのジミー・ロリンズがしているが、ロリンズは地区優勝に導き、MVPに選出された[27]。161試合に出場し、3年連続で110打点以上を記録。2006年以降、本塁打が年々減少してきているが、161試合に出場したこともあって、安打・二塁打・三塁打・盗塁・打率・敬遠など、多くの部門でメッツ移籍後最高の数値を記録した。しかし、チームは2年連続でフィラデルフィア・フィリーズに次いで地区2位に終わり、プレーオフ進出を逃した。

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCプエルトリコ代表に選出され[28]、2大会連続2度目の選出となった。

シーズンは6月下旬に膝を故障し、故障者リストに入った[29]。その後、9月上旬に戦列復帰を果たしたが、痛みを抱えた状態が続き、年が明けてからの2010年1月に膝の手術を受けた[29]。この手術に関して、メッツのGMであるオマー・ミナヤは手術を許可した覚えはないとし、それに対して代理人のスコット・ボラスが報告する必要性はなかったとした為、チーム側とベルトラン側でいざこざとなった[29]

2010年は1月に受けた手術の回復状況を待ち、6月24日からマイナーリーグの試合に出場し、オールスターゲーム明けの7月15日にメジャーに復帰した。最終的には64試合の出場にとどまり、打率.255・7本塁打・27打点・3盗塁はいずれもメッツ移籍後で最低の数字であった。

2011年は7年契約の最終年となり、ロースター枠を空ける必要性が出てきた際は契約解除になりかねず、活躍した場合でも優勝争いをしているチームにトレードされる可能性があるなど、メッツに残留する可能性はゼロとする見方もあった[30]。この年から守備位置が中堅手から右翼手へ変更された。

ジャイアンツ時代[編集]

2011年7月28日、ザック・ウィーラーとのトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍した[31]。9月14日のサンディエゴ・パドレス戦では本拠地AT&Tパーク名物の「スプラッシュヒット」をマット・レイトスから自身通算300本塁打として打って見せた。ジャイアンツ移籍後44試合で打率.323・7本塁打・18打点・OPS.920と活躍したもののプレーオフ進出をあと一歩のところで逃した。シーズン終了後の10月31日にFAとなった。再びヤンキース入りの可能性が報じられたが、この時はニック・スウィッシャーとのオプションが残っていたこと、手術した脚の状態が懸念されたことから、ヤンキースが獲得に必ずしも積極的でなかったとされる[32]。11月3日には代理人スコット・ボラスからダン・ロザノ英語版へ変更した[33]

カージナルス時代[編集]

2011年12月23日にセントルイス・カージナルスに2年総額2600万ドルの契約で加入した[34]

2012年は打率が落ちたものの、32本塁打と5年ぶりに30本を超えた。また6月15日に300盗塁に到達、スイッチヒッター史上初の300本&300盗塁を達成した。7月22日のシカゴ・カブス戦の7回裏に1イニング7二塁打のMLBタイ記録に貢献した[35][36]

2013年開幕前の3月に開催された第3回WBCプエルトリコ代表に選出され[37]、3大会連続3度目の選出を果たした。リーグチャンピオンシップシリーズ初戦では延長13回表にサヨナラ安打で貢献[38][39]。初めてのワールドシリーズでは主に2番打者として打率.294・3打点と悪くなかったが、優勝には届かなかった。10月31日にFAとなり、11月9日にカージナルスが提示した1年1410万ドルのクオリファイング・オファーを拒否すると[40]、ヤンキース、レッドソックスオリオールズ、古巣ロイヤルズなど多くの球団が興味を示した。

ヤンキース時代[編集]

2013年12月6日にニューヨーク・ヤンキースと3年総額4500万ドルで契約に合意し[41][42]、12月19日に球団が発表した[43]。12月20日にヤンキー・スタジアムで入団会見を行った[44]

2014年は開幕ロースター入りしたが、5月13日に右肘を故障し、15日に15日間の故障者リスト入りした[45]。結局、故障の影響もあって109試合の出場に終わり、打率.233・15本塁打・49打点という低調な成績に終わった。また、打撃だけでなく守備・走塁面でも高齢化による衰えが見えた[46]。守備に就いたのはわずか32試合だった。

2015年、前年よりは復調して133試合に出場、2年ぶりに規定打席到達を果たした。打撃面では34二塁打・19本塁打を放って0.800超のOPSを記録。しかし盗塁は、メジャー18年目にして初めて0だった。また守備でも、123試合で右翼手を守ったものの守備率.983(3失策)・DRS - 14に終わった。

2016年5月15日のシカゴ・ホワイトソックス戦でザック・デュークから通算400本塁打を達成(スイッチヒッターとしては史上4人目)[47]。6月は月間打率.366・7本塁打・22打点・OPS 1.081を記録し、好調を維持。不振のヤンキース打撃陣の中で、99試合の出場で打率.304・22本塁打・64打点・OPS0.890とチーム内で打撃三冠王だった。

レンジャーズ時代[編集]

2016年8月1日のトレード期限最終日にマイナー3選手との交換でテキサス・レンジャーズへ移籍した[48][49]。レンジャーズ加入後はDHで起用される割合が増え、52試合の出場で打率.280・7本塁打・29打点という成績を記録。ヤンキースとの合算では、151試合で打率.295・29本塁打・93打点・OPS0.850という好成績を残した。なお同年、通算2500安打・1500得点・400本塁打・1500打点など、節目の記録を次々に達成した。オフにFAとなった。

アストロズ復帰[編集]

2016年12月3日、アストロズと1年1600万ドルで契約に合意した[50]。オフの12月5日第4回WBCプエルトリコ代表に選出され、4大会連続4度目の選出を果たした[51]

2017年開幕前に選出されていた第4回WBCに参加。4大会連続で参加したMLB選手は6人だけだった[52]3月22日の決勝アメリカ合衆国戦に敗戦し、2大会連続で準優勝となった[53]。7試合に出場して打率.435(23打数10安打)・5打点で大会最優秀指名打者となった[54]。シーズンではほとんどが指名打者での出場となり、129試合の出場で打率.231・14本塁打・51打点を記録。7月17日にはほとんど守備に就かないベルトランのグラブを葬る儀式が話題となり[55]、本拠地・ミニッツメイド・パークの「タルの丘」がなくなった中堅手の守備に就くことは実現しなかった。ベルトランが最年長として若手や中南米出身選手などをまとめ[56]、チームは地区首位を独走してプレーオフに進出した。自身2度目となったワールドシリーズでは大活躍こそなかったものの、初めての優勝を果たした。オフの11月2日にFAとなり[57]、11月13日に現役引退を表明した[58][59][60]

映像外部リンク
キャリアハイライト動画(MLB.comによる動画)

引退後[編集]

引退発表の同月にはニューヨーク・ヤンキースの新監督候補としての面接を受けたことが報じられた[61]ものの、就任は叶わなかった[62]。2023年のアメリカ野球殿堂表彰への被投票資格を得る見込み。

人物[編集]

  • 前述のとおり、プロ入り前にMLBを目指すに際して両親に家をプレゼントすることが夢となり、2002年のシーズンオフに実際にその夢を叶えた。
  • 故郷のプエルトリコのマナティに高等学校を建設した。野球選手を育成するのが目的で、学業と共に野球にも重点を置いた教育方針である。このようなスポーツや教育を通じて若者を支援する基金を創設し、故郷に野球アカデミーを開いたことが評価され、2013年ロベルト・クレメンテ賞を受賞[63]
  • 2017年9月23日、ハリケーン・マリアの被害を受けた故郷のプエルトリコに対して100万ドルを寄付した[64]
  • 2017年のワールドシリーズ第3戦でチームメイトのユリエスキ・グリエルが相手投手のダルビッシュ有に対して人種差別行為を取ってしまったが、その後グリエルと直接話すだけでなく、ダルビッシュに連絡を取って間を取り持った[65]

選手としての特徴[編集]

メジャー2年目の1999年には当時のロイヤルズのアート・スチュワート英語版GM補佐は5ツールプレイヤーとして評価しており、球団内部ではエイモス・オーティスの再来と期待された[7]。その後メジャー有数の5ツールプレイヤーと言われるようになり、走攻守全てで高い能力を持っている[22]。特に走塁面では投手の動作を読む能力がすぐれており、一歩目の加速が素早い[22]。盗塁成功率は86.4%(200盗塁以上では最高)と驚異的な成績を残している。その結果、スイッチヒッターとしては史上初の300-300クラブ入りを果たした。 脚力を生かした中堅手の守備でも広い守備範囲を誇り、加えてメジャー最高クラスの強肩も持ち合わせていて送球も非常に正確である[22]。2006年には初のゴールドグラブ賞を受賞した。打撃面ではバットスピードが非常に速くスイッチヒッターとしては珍しく、両打席で高めの球にうまく対処できる[22]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 KC 14 63 58 12 16 5 3 0 27 7 3 0 0 1 3 0 1 12 2 .276 .317 .466 .783
1999 156 723 663 112 194 27 7 22 301 108 27 8 0 10 46 2 4 123 17 .293 .337 .454 .791
2000 98 413 372 49 92 15 4 7 136 44 13 0 2 4 35 2 0 69 12 .247 .309 .366 .675
2001 155 680 617 106 189 32 12 24 317 101 31 1 1 5 52 2 5 120 7 .306 .362 .514 .876
2002 162 722 637 114 174 44 7 29 319 105 35 7 3 7 71 1 4 135 12 .273 .346 .501 .847
2003 141 602 521 102 160 14 10 26 272 100 41 4 0 7 72 4 2 81 8 .307 .389 .522 .911
2004 69 309 266 51 74 19 2 15 142 51 14 3 1 3 37 7 2 44 4 .278 .367 .534 .901
HOU 90 399 333 70 86 17 7 23 186 53 28 0 2 4 55 3 5 57 4 .258 .368 .559 .927
'04計 159 708 599 121 160 36 9 38 328 104 42 3 3 7 92 10 7 101 8 .267 .367 .548 .915
2005 NYM 151 650 582 83 155 34 2 16 241 78 17 6 4 6 56 5 2 96 9 .266 .330 .414 .744
2006 140 617 510 127 140 38 1 41 303 116 18 3 1 7 95 6 4 99 6 .275 .388 .594 .982
2007 144 636 554 93 153 33 3 33 291 112 23 2 1 10 69 10 2 111 8 .276 .353 .525 .878
2008 161 706 606 116 172 40 5 27 303 112 25 3 1 6 92 13 1 96 11 .284 .376 .500 .876
2009 81 357 308 50 100 22 1 10 154 48 11 1 0 1 47 1 9 43 9 .325 .415 .500 .915
2010 64 255 220 21 56 11 3 7 94 27 3 1 0 4 30 5 1 39 4 .255 .341 .427 .768
2011 98 419 353 61 102 30 2 15 181 66 3 0 0 4 60 6 2 61 9 .289 .391 .513 .904
SF 44 179 167 17 54 9 4 7 92 18 1 2 0 0 11 1 1 27 9 .323 .369 .551 .920
'11計 142 598 520 78 156 39 6 22 273 84 4 2 0 4 71 7 3 88 18 .300 .385 .525 .910
2012 STL 151 619 547 83 147 26 1 32 271 97 13 6 1 4 65 15 2 124 9 .269 .346 .495 .842
2013 145 600 554 79 164 30 3 24 272 84 2 1 1 6 38 1 1 90 12 .296 .339 .491 .830
2014 NYY 109 449 403 46 94 23 0 15 162 49 3 1 0 5 37 2 4 80 11 .233 .301 .402 .703
2015 133 531 478 57 132 34 1 19 225 67 0 0 0 6 45 2 2 85 12 .276 .337 .471 .808
2016 99 387 359 50 109 21 0 22 196 64 0 0 0 4 22 3 2 70 13 .304 .344 .546 .890
TEX 52 206 193 23 54 12 0 7 87 29 1 0 0 0 13 1 0 31 6 .280 .325 .451 .776
'16計 151 593 552 73 163 33 0 29 283 93 1 0 0 4 35 4 2 101 19 .295 .337 .513 .850
2017 HOU 129 509 467 60 108 29 0 14 179 51 0 0 0 6 33 3 3 102 9 .231 .283 .383 .666
MLB:20年 2586 11031 9768 1582 2725 565 78 435 4751 1587 312 49 18 110 1084 104 51 1795 203 .279 .350 .486 .837
  • 各年度の太字はリーグ最高

ポストシーズン打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 HOU 12 56 46 21 20 3 0 8 47 14 6 0 0 0 9 1 1 8 0 .435 .536 1.022 1.557
2006 NYM 10 45 36 10 10 1 0 3 20 5 2 0 0 0 9 0 0 5 1 .278 .422 .556 .978
2012 STL 12 50 42 8 15 6 0 3 30 6 3 0 0 1 7 0 0 5 1 .357 .440 .714 1.154
2013 17 68 56 6 15 3 1 2 26 15 0 0 1 0 10 1 1 6 1 .268 .388 .464 .852
2015 NYY 1 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .250 .500
2016 TEX 3 12 11 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .182 .250 .182 .432
2017 HOU 10 21 20 0 3 2 0 0 5 1 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .150 .190 .250 .440
出場:7回 65 256 215 45 66 15 1 16 131 42 11 0 1 1 37 2 2 33 3 .307 .412 .609 1.021
  • 赤太字はポストシーズン歴代最高。

表彰[編集]

MLB
国際大会

記録[編集]

諸記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1998年 - 1999年、2014年 - 2016年)
  • 15 (2000年 - 2011年、2017年)
  • 3 (2012年 - 2013年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tim Kurkjian, "Selecting the All-Decade team," ESPN.com, December 18, 2009. 2010年10月2日閲覧。
  2. ^ Joe Posnanski, SI.com, "All-Decade Team: MLB," SI.com, December 9, 2009. 2010年10月3日閲覧。
  3. ^ a b c 谷口輝世子 「独占インタビュー/ボンズを超える才能 カルロス・ベルトラン[ロイヤルズ]」 『月刊スラッガー』2004年8月号、日本スポーツ企画出版社、2004年、雑誌15509-8、26-28頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 梅田香子 「スーパースター列伝/C・ベルトラン[メッツ]」 『月刊メジャー・リーグ』2006年10月号、ベースボール・マガジン社、2006年、雑誌08625-10、47-51頁。
  5. ^ 杉浦大介 「インタビュー/カルロス・ベルトラン[メッツ] リベンジに燃える若き5ツール」 『月刊スラッガー』2006年6月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-6、40-41頁。
  6. ^ Jeff Pearlman and Stephen Cannellam, "Baseball," SI Vault, May 31, 1999. 2010年10月2日閲覧。
  7. ^ a b c 福島良一 「明日のスーパースターを目指すニューウェーブたち」 『月刊メジャー・リーグ』1999年6月号、ベースボール・マガジン社、1999年、雑誌08625-6、48頁。
  8. ^ a b c Anthony McCarron, Daily News Sports Writer, "HAPPY HOME. Beltran has found his place in big city," NY Daily News, September 3, 2006. 2010年10月3日閲覧。
  9. ^ Anthony McCarron, Daily News Sports Writer, "BELTRAN A CHIP OFF THE CLIPPER," NY Daily News, August 18 1999. 2010年10月2日閲覧。
  10. ^ "Sep 14, 1998, Athletics at Royals Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2010年10月2日閲覧。
  11. ^ "Sep 21, 1998, Tigers at Royals Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2010年10月2日閲覧。
  12. ^ "All-Time Top 100 Prospects," Baseball America. 2010年10月3日閲覧。
  13. ^ "Carlos Beltran 1999 Batting Gamelogs," Baseball-Reference.com. 2010年10月3日閲覧。
  14. ^ Associated Press, "Royals' Beltran Is Suspended Without Pay," Los Angeles Times, August 4, 2000. 2011年5月5日閲覧
  15. ^ Albert Chen, "SI's 2003 Baseball Scouting Reports: Kansas City Royals," SI.com, March 31, 2003. 2011年5月5日閲覧。
  16. ^ Associated Press, "Beltran avoids arbitration with one-year deal," ESPN.com, January 20, 2004. 2011年5月5日閲覧。
  17. ^ Carlos Beltran Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年3月16日閲覧。
  18. ^ 2004 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  19. ^ Associated Press (2005年1月12日). “With $119 million deal comes stadium tour” (英語). ESPN.com. 2009年3月16日閲覧。
  20. ^ ヤンキースのジョンソン、メッツのベルトランが入団発表”. 朝日新聞 (2005年1月12日). 2018年2月12日閲覧。
  21. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年8月24日閲覧
  22. ^ a b c d e 「スカウティング・レポート/カルロス・ベルトラン 5ツールの真価」 『月刊スラッガー』2006年11月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-11、14-17頁。
  23. ^ a b 2006 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  24. ^ Baseball Awards Voting for 2006 - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  25. ^ 2006 National League Championship Series (NLCS) Game 7, St. Louis Cardinals at New York Mets, October 19, 2006”. Baseball-Reference.com (2006年10月19日). 2018年2月12日閲覧。
  26. ^ 2007 Career Highlights:MLB.com” (英語). 2008年1月31日閲覧。
  27. ^ a b 杉浦大介 「MLB30球団最新レポート&全選手個人成績 ニューヨーク・メッツ/NYM ロリンズに続き“放言実行”で地区優勝&MVPへ」 『月刊スラッガー』2008年6月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-6、82頁。
  28. ^ 2009 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年8月24日閲覧
  29. ^ a b c 村上雅則、友成那智 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版、2010年、305頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  30. ^ 村上雅則、友成那智 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、308頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  31. ^ Anthony DiComo / MLB.com, "Mets, Giants make Beltran deal official / Amazin's acquire righty prospect Wheeler, send cash," MLB.com, July 28, 2011. 2011年7月29日閲覧。
  32. ^ New player in Yanks RF derby: Beltran MLB.com
  33. ^ FAベルトランが代理人を変更”. 日刊スポーツ (2011年11月3日). 2018年2月12日閲覧。
  34. ^ Beltran reaches two-year deal with Cards MLB.com
  35. ^ カージナルス、1イニングに二塁打7本のMLBタイ記録”. フランス通信社 (2012年7月22日). 2018年2月12日閲覧。
  36. ^ Chicago Cubs at St. Louis Cardinals Box Score, July 21, 2012”. Baseball-Reference.com (2012年7月21日). 2018年2月12日閲覧。
  37. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年8月24日閲覧
  38. ^ カージナルス、13回サヨナラでドジャースに先勝”. フランス通信社 (2013年10月12日). 2018年2月12日閲覧。
  39. ^ 2013 National League Championship Series (NLCS) Game 1, Los Angeles Dodgers at St. Louis Cardinals, October 11, 2013”. Baseball-Reference.com (2013年10月11日). 2018年2月12日閲覧。
  40. ^ Red Sox pursuing Carlos Beltran and it makes so much sense CBS Sports
  41. ^ Carlos Beltran gets 3 years, $45M ESPN New York
  42. ^ Yankees reportedly agree to deal with Beltran
  43. ^ Yankees sign outfielder Carlos Beltran to three-year contract extending through the 2016 season; Will be introducted at Yankee Stadium on Friday at 11:00 a.m. MLB.com
  44. ^ Big Apple given second chance to embrace Beltran MLB.com
  45. ^ Bryan Hoch (2014年5月15日). “Beltran heads to DL with bone spur in elbow”. MLB.com. 2014年5月16日閲覧。
  46. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、57頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  47. ^ ヤ軍ベルトランが史上4人目の偉業 スイッチヒッターで400本塁打達成”. Full-Count (2016年5月16日). 2018年2月12日閲覧。
  48. ^ レンジャーズが強打者ベルトランを獲得、マイナーリーグ3選手とトレード”. フランス通信社 (2016年8月2日). 2018年2月12日閲覧。
  49. ^ Sullivan, T. R. (2016年8月1日). “Rangers get Beltran from Yanks for prospects: New York receives pitcher Tate, no. 4 overall draft pick in 2015”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/193016518/rangers-trade-for-carlos-beltran-from-yankees/ 2016年8月7日閲覧。 
  50. ^ Report: Carlos Beltran to sign with Houston Astros
  51. ^ 24 All-Stars among initial confirmed players for 2017 World Baseball Classic MLB.com Press Release (英語) (2016年12月5日) 2016年12月15日閲覧
  52. ^ Six players participating in fourth Classic”. MLB.com (2017年1月4日). 2018年2月12日閲覧。
  53. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  54. ^ Yadi, Balentien among All-Classic Team standouts World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  55. ^ ベテラン外野手のグラブを"葬式"に…メジャーで試合前に前代未聞の儀式”. Full-Count (2017年7月18日). 2018年2月12日閲覧。
  56. ^ 躍進する若手才能集団アストロズ、「チームを引き締めた」存在とは”. Full-Count (2017年6月24日). 2018年2月12日閲覧。
  57. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月30日閲覧
  58. ^ アストロズの強打者ベルトランが引退、20年間の現役生活に終止符”. フランス通信社 (2017年11月14日). 2018年2月12日閲覧。
  59. ^ Carlos, Beltran (2017年11月13日). “Muchas Gracias, Béisbol”. Players Tribune. 2017年11月15日閲覧。
  60. ^ Carlos Beltran announces retirement after 20 seasons”. MLB.com. 2017年11月15日閲覧。
  61. ^ ベルトランがヤンキース監督面接に好感触「全面的に引き受けるつもりだ」”. Full-Count (2017年11月30日). 2018年2月12日閲覧。
  62. ^ 「一世一代のチャンス」 ブーン氏がヤンキース新監督に就任”. フランス通信社 (2017年12月7日). 2018年2月12日閲覧。
  63. ^ a b クレメンテ賞にベルトラン選出 カージナルスの外野手”. 日本経済新聞 (2013年10月27日). 2018年2月12日閲覧。
  64. ^ Carlos Beltran starts Hurricane Maria relief effort with $1 million donation” (英語). ESPN (2017年9月23日). 2018年2月12日閲覧。
  65. ^ 差別行為で処分のグリエルを救ったベテランの気遣い、ダルビッシュの寛容さ”. Full-Count (2017年10月30日). 2018年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]