ブレンダン・ライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレンダン・ライアン
Brendan Ryan
フリーエージェント
Brendan Ryan-Yankees-11-09-2013.jpg
ヤンキース時代(2013年9月11日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 1982年3月26日(34歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手左翼手
プロ入り 2003年 ドラフト7巡目(全体215位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 2007年7月2日 ヒューストン・アストロズ
年俸 $507,500(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブレンダン・ウッド・ライアンBrendan Wood Ryan, 1982年3月26日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。フリーエージェント

経歴[編集]

プロ入りとカージナルス時代[編集]

2003年MLBドラフト7巡目(全体215位)でセントルイス・カージナルスから指名され、プロ入り。

2007年スコット・ローレンデビッド・エクスタインがケガをしたため、控えの内野手としてメジャー昇格を果たし[2]、同日メジャーデビュー。同年はメジャーとマイナーの昇降格を繰り返しシーズンを終えた。

2008年は、スプリングトレーニングでわき腹を痛め、開幕を故障者リストで迎え、4月23日に復帰した[3]。同年は、80試合にメジャーで出場。

打撃や肩が弱いため、メジャーではユーティリティープレイヤーとして起用されていたが[4]2009年6月にカリル・グリーンが故障者リスト入り後は遊撃手として起用された。グリーンは復帰後に三塁手として起用され[5]、ライアンは遊撃手として起用されレギュラーに定着した[4]

2010年守備防御点プラス・マイナス・システムUZRという守備の新指標すべてで遊撃手として両リーグ1位を記録した。

マリナーズ時代[編集]

2010年12月12日マイケル・クレトとのトレードで、シアトル・マリナーズへ移籍。

2012年には、打率1割台と低迷したものの、守備面ではフィールディング・バイブル・アワードを初受賞している。

ヤンキース時代[編集]

2013年9月10日にトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[6]10月31日にFAとなったが、11月18日にヤンキースと1年契約で再契約し[7]12月2日にヤンキースと総額500万ドルの2年契約[8](2016年の200万ドルの球団オプション付き[9])を結んだ[10]

2014年4月1日に上背部の怪我で、15日間の故障者リスト入りし、5月6日に復帰した[11]。復帰後は二塁・遊撃のバックアップとして起用された。この年は49試合に出場し、打率.167・8打点だった。

2015年ディディ・グレゴリウスが遊撃のレギュラーに抜擢されたため、前年に続きユーティリティとして起用され、計47試合に出場した。打撃では2シーズン連続で本塁打なしに終わったが、打率やOPS等の数字を前年から改善させた。守備面では、二塁を守った試合数が26と最多で、次いで三塁手を14試合守り、遊撃手・一塁手右翼手としても起用された。カージナルス時代に遊撃のレギュラーだった時は、コンスタントに+20前後のDRSを記録していたが、2015年はプラスだったポジションが1つもなかった。ちなみに、この年は投手としても1試合でマウンドに登り、2イニングを2安打無失点に抑えた。オフに球団は200万ドルの来季オプションを行使しなかったが、11月3日に100万ドルのプレイヤー・オプションをライアンが行使した[12]

ナショナルズ傘下時代[編集]

2015年12月17日、同月8日に行われたスターリン・カストロとのトレードの後日発表選手としてシカゴ・カブスへ移籍した[13]が、12月23日エドガー・オルモスの加入に伴いFAとなった[14]

2016年2月2日ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[15]。開幕後は傘下のAAA級シラキュース・チーフスでプレーした。

エンゼルス時代[編集]

2016年5月10日に後日発表選手または金銭とのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[16]。11試合に出場したが11打数でヒットはなく、28日にDFAとなった[17]5月31日に40人枠から外れる形でAAA級ソルトレイク・ビーズへ降格した。6月1日クリフ・ペニントンの15日間の故障者リスト入りに伴い、再度メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[18][19]6月15日に再びDFAとなり、18日に40人枠から外れる形でAAA級ソルトレイクへ降格した[18]。10月4日にFAとなった[18]

人物[編集]

2012年に行われた日本での開幕戦前日に、六本木ヒルズにある森タワー54階のスカイデッキでプロポーズに成功している[20]物真似が特技であり、十八番はロバート・デニーロ[21]。この物真似を2012年のマリナーズの球団CMでも披露している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 STL 67 199 180 30 52 9 0 4 73 12 7 0 3 0 15 0 1 19 3 .289 .347 .406 .752
2008 80 218 197 30 48 9 0 0 57 10 7 2 3 0 16 0 2 31 4 .244 .307 .289 .596
2009 129 429 390 55 114 19 7 3 156 37 14 7 6 3 24 3 6 56 9 .292 .340 .400 .740
2010 139 486 439 50 98 19 3 2 129 36 11 4 9 3 33 5 2 60 6 .223 .279 .294 .573
2011 SEA 123 494 436 51 108 19 3 3 142 39 13 3 9 5 34 0 10 87 7 .248 .313 .326 .639
2012 141 470 407 42 79 19 3 3 113 31 11 5 8 6 44 0 5 98 4 .194 .277 .278 .555
2013 87 287 260 23 50 10 0 3 69 21 4 2 4 1 21 1 1 60 11 .192 .254 .265 .520
NYY 17 62 59 7 13 2 0 1 18 1 0 0 0 0 2 0 1 13 0 .220 .258 .305 .563
'13計 104 349 319 30 63 12 0 4 87 22 4 2 4 1 23 1 2 73 11 .197 .255 .273 .528
2014 49 124 114 5 19 4 0 0 23 8 0 2 1 2 4 0 3 30 2 .167 .211 .202 .413
2015 47 103 96 10 22 6 2 0 32 8 0 0 1 0 5 0 1 29 1 .229 .275 .333 .608
通算:9年 879 2872 2578 303 603 116 18 19 812 203 67 25 44 20 198 9 32 483 47 .234 .295 .315 .610
  • 2015年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (2007年 - 2007年途中)
  • 13 (2007年途中 - 2010年)
  • 26 (2011年 - 2013年途中)
  • 35 (2013年途中 - 同年終了)
  • 17 (2014年 - 2015年)
  • 23 (2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Brendan Ryan Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年10月18日閲覧。
  2. ^ Matthew Leach (2007年6月2日). “Cards call up Ryan, option Cate” (英語). MLB.com. 2015年12月18日閲覧。
  3. ^ George Von Benko (2008年4月23日). “Ryan makes return to Cardinals” (英語). MLB.com. 2015年12月18日閲覧。
  4. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版2010年、334頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  5. ^ “Greene playing 3B, not SS, in rehab” (英語). Associated Press. ESPN. (2009年6月16日). http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=4264847 2015年12月18日閲覧。 
  6. ^ Yankees acquire SS Brendan Ryan ESPN New York
  7. ^ Bryan Hoch (2013年11月18日). “Yankees reportedly re-sign Ryan to back up Jeter” (英語). MLB.com. 2015年12月18日閲覧。
  8. ^ 各年200万ドル。
  9. ^ 球団が破棄した場合、100万ドルのプレイヤー・オプションとなる。
  10. ^ Steve Adams (2013年12月2日). “Yankees Sign Brendan Ryan” (英語). MLB Trade Rumors. 2014年12月21日閲覧。
  11. ^ Bryan Hoch (2014年5月5日). “Yanks activate Ryan, Pineda goes to DL” (英語). MLB.com. 2015年12月18日閲覧。
  12. ^ Bryan Hoch (2015年11月3日). “Ryan exercises player option for 2016” (英語). MLB.com. 2015年12月18日閲覧。
  13. ^ Cash Kruth (2015年12月17日). “Yanks send Ryan to Cubs to complete trade” (英語). MLB.com. 2015年12月18日閲覧。
  14. ^ Carrie Muskat (2015年12月23日). “Cubs claim lefty Olmos, release Ryan” (英語). MLB.com. 2015年12月24日閲覧。
  15. ^ Bill Ladson (2016年2月2日). “Nationals, Brendan Ryan agree on contract” (英語). MLB.com. 2016年5月11日閲覧。
  16. ^ “Angels' Brendan Ryan: Traded to Angels on Tuesday” (英語). CBSSports FANTASY. RotoWire Staff (CBS Interactive). (2016年5月10日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/angels-brendan-ryan-traded-to-angels-on-tuesday/ 2016年5月11日閲覧。 
  17. ^ Charlie Wilmoth (2016年5月28日). “Angels Designate Brendan Ryan For Assignmen” (英語). MLB Trade Rumors. 2016年5月31日閲覧。
  18. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2016年10月19日閲覧。
  19. ^ Alden Gonzalez (2016年6月1日). “Pennington placed on DL; Ryan back with Angels” (英語). MLB.com. 2016年6月2日閲覧。
  20. ^ 東京でプロポーズ
  21. ^ 「ニューヨーク・ヤンキース」『2014MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 17頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]