アンソニー・デスクラファニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンソニー・デスクラファニー
Anthony DeSclafani
シンシナティ・レッズ #28
Anthony DeSclafani on May 23, 2015 (1).jpg
2015年5月23日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州モンマス郡フリーホールド
生年月日 (1990-04-18) 1990年4月18日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト6巡目(全体199位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2014年5月14日 ロサンゼルス・ドジャース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンソニー・J・デスクラファニーAnthony J. DeSclafani , 1990年4月18日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州モンマス郡フリーホールド出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBシンシナティ・レッズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2008年MLBドラフトボストン・レッドソックスから22巡目(全体682位)指名されたが、フロリダ大学へ進学した。

プロ入りとブルージェイズ傘下時代[編集]

2011年MLBドラフトトロント・ブルージェイズから6巡目(全体199位)指名され、プロ入り。

2012年、A級ランシング・ラグナッツでプロデビュー。28試合に登板し、11勝3敗・防御率3.37だった。

マーリンズ時代[編集]

2012年11月19日エミリオ・ボニファシオジョン・バックマーク・バーリージョシュ・ジョンソンホセ・レイエスとの大型トレードで、ヘンダーソン・アルバレスアデイニー・エチェバリアジェイク・マリスニックジェフ・マシスジャスティン・ニコリーノと共にマイアミ・マーリンズへ移籍した[1]

2013年はA+級ジュピター・ハンマーヘッズで12試合に登板し、4勝2敗・防御率1.67だった。6月にAA級ジャクソンビル・サンズへ昇格。13試合に登板し、5勝4敗・防御率3.36だった。

2014年はAA級ジャクソンビルで開幕を迎え、8試合に登板。5月14日にマーリンズとメジャー契約を結び[2]、同日のロサンゼルス・ドジャース戦で先発起用されメジャーデビュー。6回を7安打2失点7奪三振と好投し、メジャー初勝利を挙げた[3]。しかし2度目の登板となった5月20日フィラデルフィア・フィリーズ戦では、5.1回を6安打5失点と打ち込まれ、メジャー初黒星を喫し、5月21日にAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ降格。7月20日に再昇格し、3試合に登板したが、13イニングで13失点、防御率9.00と結果を残せず、7月25日に再び降格した[4]8月8日に再昇格[5]。昇格後はリリーフとして2試合に登板したが、8月15日に降格[6]。登録枠が拡大された9月2日に再昇格した。9月11日に行われたミルウォーキー・ブルワーズ戦で、乱闘騒ぎ[7]直後の6回裏無死の場面で、カルロス・ゴメスに左肘へ死球を与えたため、報復死球とみなされ一発退場となった。9月12日にMLB機構が3試合の出場停止処分を発表した[8]。この年は13試合に登板し、2勝2敗・防御率6.27だった。

レッズ時代[編集]

2014年12月11日マット・レイトスとのトレードでチャド・ウォラックと共にシンシナティ・レッズへ移籍した[9]

2015年は、メジャー2年目ながら先発ローテーションに定着し、チームの先発陣で唯一、規定投球回に達した[10]。9勝13敗と負け越したが、防御率4.05・WHIP1.35・55四球・151奪三振という平均レベルのピッチングを見せた。

2016年斜紋筋を痛めた影響で開幕を故障者リストで迎えた[11]為、出遅れた。それにより20試合の先発登板に留まったが、防御率3.28・WHIP1.22はいずれも前年より良くなり、1つの完封勝利を含む9勝5敗を記録するなど、好投する場面が多かった。

選手としての特徴[編集]

最速96.4mph(約155km/h)・平均93mph(約150km/h)の速球フォーシームツーシーム)と、平均87mph(約140km/h)のスライダーを投球の軸として主に使用し、その他に平均81mph(約130km/h)のナックルカーブ、平均86mph(約138km/h)のチェンジアップを投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 MIA 13 5 0 0 0 2 2 0 0 .500 146 33.0 40 4 5 0 2 26 2 0 23 23 6.27 1.36
2015 CIN 31 31 0 0 0 9 13 0 0 .409 785 184.2 194 17 55 5 5 151 6 0 93 83 4.05 1.35
2016 20 20 1 1 0 9 5 0 0 .643 507 123.1 120 16 30 2 4 105 6 1 51 45 3.28 1.22
2018 21 21 0 0 0 7 8 0 0 .467 484 115.0 118 24 30 2 2 108 4 0 68 63 4.93 1.29
MLB:4年 85 77 1 1 0 27 28 0 0 .491 1922 456.0 472 61 120 9 13 390 18 1 235 214 4.22 1.30
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 28 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Marlins complete 12-player trade with Blue Jays”. MLB.com Marlins Press Release (2012年11月19日). 2014年5月15日閲覧。
  2. ^ Joe Frisaro (2014年5月14日). “Heaney's callup a matter of when, not if”. MLB.com. 2014年5月15日閲覧。
  3. ^ Scores for May 14, 2014”. ESPN MLB (2014年5月14日). 2014年5月15日閲覧。
  4. ^ Joe Frisaro (2014年7月26日). “Realmuto up, Disco down as Marlins balance roster”. MLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  5. ^ Joe Frisaro (2014年8月9日). “Hernandez down, Lucas up in flurry of moves”. MLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  6. ^ Joe Frisaro, Maria Torres (2014年8月16日). “With Alvarez returning, DeSclafani optioned”. MLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  7. ^ 5回表にブルワーズのマイク・ファイヤーズの投球がジャンカルロ・スタントンの顔面に直撃(スタントンはスイングしていたため空振り扱い)し、スタントンは負傷退場した。2ストライクからスタントンの代打としてリード・ジョンソンが起用。初球がジョンソンの手に直撃したが、審判はスイングアウトと判定。その際マーリンズベンチからファイヤーズに野次を飛ばし、ファイヤーズもそれに対抗したため、乱闘騒ぎとなった。
  8. ^ Joe Frisaro (2014年9月13日). “DeSclafani suspended three games for hit-by-pitch”. MLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  9. ^ Reds Acquire DeSclafani, Wallach From Miami”. MLB.com Reds Press Release (2014年12月12日). 2014年12月13日閲覧。
  10. ^ 2015 Cincinnati Reds Pitching Statistics - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年2月14日閲覧。
  11. ^ Mark Sheldon (2016年5月4日). “DeSclafani still shut down but feels close” (英語). MLB.com. 2016年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]