ヘンダーソン・アルバレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘンダーソン・アルバレス
Henderson Alvarez
フリーエージェント
Henderson Alvarez (6965414406).jpg
トロント・ブルージェイズ時代
(2012年4月24日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 カラボボ州バレンシア
生年月日 (1990-04-18) 1990年4月18日(26歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 アマチュア・フリーエージェントとしてトロント・ブルージェイズと契約
初出場 2011年8月10日 オークランド・アスレチックス
年俸 $4,250,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ代表
WBC 2013年

ヘンダーソン・ハビアー・アルバレス西: Henderson Javier Alvarez, 1990年4月18日 - )は、ベネズエラカラボボ州バレンシア出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はフリーエージェント

スペイン語での発音はエンデルソン・ハビエル・アルバレス。

経歴[編集]

ブルージェイズ時代[編集]

2006年トロント・ブルージェイズと契約。それまでは三塁手だったが、契約後に投手へ転向した[2]。当時憧れていた選手は、同じベネズエラバレンシア出身のフェリックス・ヘルナンデスだった[3]

マイナー時代[編集]

2007年に17歳でルーキー級のドミニカン・サマーリーグでデビュー。

2008年に渡米すると、2009年には1Aランシングで9勝6敗、防御率3.47を記録して頭角を現した。

2010年は1A+ダニーデンで防御率4.33と振るわず、やや評価を下げた。

2011年直球の球速が前年から飛躍的に上昇し[4]、AA級ニューハンプシャーで8勝4敗、防御率2.84と活躍。

メジャーデビューと退団まで[編集]

カルロス・ビヤヌエバのDL入りに伴い、ブルージェイズの他の若手有望投手と同じく打者天国の3AラスベガスをスキップしてMLBに昇格し、8月10日オークランド・アスレチックス戦でメジャーデビュー。8月31日ボルティモア・オリオールズ戦で8回3安打無失点と好投し、メジャー初勝利を挙げた。21歳135日でのメジャー初勝利はブルージェイズの投手では1997年ケルビム・エスコバー以来の若さであり、先発に限れば1979年フィル・ハフマン以来となった[5]

2012年は初めてフルシーズンをメジャーで過ごしたが、奪三振率の低下と被弾の多さにより、成績は伸び悩んだ。9月以降はチェンジアップの改良が功を奏して復調の兆しを見せた[6]

マーリンズ時代[編集]

2012年11月13日ジョシュ・ジョンソンマーク・バーリーホセ・レイエスユネル・エスコバーら総勢11人が動く大型トレードでマイアミ・マーリンズに移籍した[7]

2013年開幕前の3月に第3回WBCベネズエラ代表に選出された[8]

シーズンでは右肩痛で開幕は出遅れた。9月30日、シーズン最終戦の対デトロイト・タイガース戦でメジャーリーグ史上4人目のシーズン最終戦でのノーヒッターを達成。試合は9回裏2死満塁から暴投によるサヨナラ勝利で、ノーヒッター試合でのサヨナラ暴投での決着は61年ぶり史上2度目[9]

2014年は、8月及び9月に登板回避した場面があった[10]ものの、30試合に先発登板。自責点1以内に抑えたのが16試合 (8試合は無失点) あり[10]、防御率2.65・メジャートップタイの3完封勝利を含む12勝を挙げ、エース格として先発ローテーションを牽引した。なお、この年はオール・スターのメンバーにも選出されている。活躍ぶりが評価され、1.0ポイントだけであるがサイ・ヤング賞のポイントを獲得した[11]

2015年4月MRIにより肩と肘の炎症が判明し、15日間のDL入りをした[12]。その後、7月28日にシャットダウンし、肩の手術を受けた[13]。これら故障の影響があって4試合の先発登板に終わり、防御率6.45・全試合で敗戦投手になった。オフの12月2日にノンテンダーFAとなった[14]

アスレチックス時代[編集]

2015年12月18日、オークランド・アスレチックスと1年契約を結んだ[15]

2016年は開幕から15日間の故障者リストに入り、マイナーでリハビリ調整が行われたが6月25日に60日間の故障者リスト入りとなった[16]。その後もリハビリ調整は行われたものの10月7日に40人枠から外れAAA級ナッシュビル・サウンズに降格し、同日FAとなった[16]

選手としての特徴[編集]

平均球速149km/h、最速156km/hのツーシームが投球全体の半分以上を占め、次いでほぼ同じ球速のフォーシームが約20%という割合となっている。他に持ち球は、平均134km/hのスライダー、平均139km/hのチェンジアップ、平均121km/hのカーブ、さらに70km/h台のイーファスも投げる[17]

2012年までは、フォーシームが主体で、この頃にはカットボールも投げていた。ツーシームを主体として典型的なグラウンドボーラーとなったのは2013年からで、速球系で計75%ほどを占め、変化球はそれぞれ多くても約10%程度となっている[18]

また、2015年は右肩痛で4試合にしか登板していないが、肩の故障をかばうため、イーファスを多投している。

マイナーリーグでの通算与四球率(9回あたりの与四球数)は、わずか1.6というズバ抜けた数字を残している。これは、制球力の高さも実証しているが、与四球を与える前にバットに当てさせるため、結果的に与四球が少ないというグラウンドボーラーの典型例である。

詳細情報[編集]

年度別投球成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 TOR 10 10 0 0 0 1 3 0 0 .250 259 63.2 64 8 8 0 4 40 2 0 26 25 3.53 1.13
2012 31 31 1 1 0 9 14 0 0 .391 807 187.1 216 29 54 2 3 79 3 1 110 101 4.85 1.44
2013 MIA 17 17 1 1 0 5 6 0 0 .455 418 102.2 90 2 27 1 7 57 4 1 42 41 3.59 1.14
通算:3年 58 58 2 2 0 15 23 0 0 .395 1484 353.2 370 39 89 3 14 176 9 2 178 167 4.25 1.30
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (2011年 - 2016年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Henderson Alvarez Contract, Salary Cap Details & Breakdowns” (英語). Spotrac. 2016年2月18日閲覧。
  2. ^ Gregor Chisholm (2011年8月9日). “Alvarez gets call, will start Wednesday vs. A's” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  3. ^ Mark Zwolinski (2011年8月17日). “Jays Alvarez gets to meet his idol” (英語). GuelphMercury.com. Metroland Media Group Ltd. 2015年12月4日閲覧。
  4. ^ Teddy Cahill (2011年6月23日). “Velocity Makes The Difference for Jays' Alvarez In Double-A” (英語). Baseball America. 2015年12月4日閲覧。
  5. ^ Todd Karpovich (2011年8月31日). “Homers back Alvarez's first big league win” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  6. ^ Carson Cistulli (2012年9月20日). “Toronto’s Alvarez Abandons Change, Succeeds Harder”. FanGraphs Baseball. 2015年12月4日閲覧。
  7. ^ Blue Jays To Acquire Johnson, Reyes, Buehrle From Marlins”. MLB Trade Rumors. 2015年12月4日閲覧。
  8. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月3日閲覧 [リンク切れ]
  9. ^ “マーリンズ・アルバレスがサヨナラ暴投でノーヒッター”. スポーツニッポン. (2013年10月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/01/kiji/K20131001006723570.html 2015年12月4日閲覧。 
  10. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、304頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  11. ^ 2014 Awards Voting - NL Cy Young Voting - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年1月19日閲覧。
  12. ^ MANNY NAVARRO (2015年4月13日). “Miami Marlins place Henderson Alvarez on 15-day disabled list with shoulder injury”. MiamiHerald.com & Miami Herald. 2016年1月19日閲覧。
  13. ^ Drew Silva (2015年7月28日). “Henderson Alvarez undergoes shoulder surgery”. NBC Sports. 2016年1月19日閲覧。
  14. ^ Joe Frisaro (2015年12月2日). “Alvarez non-tendered by Marlins, becomes free agent” (英語). MLB.com. 2015年12月4日閲覧。
  15. ^ Jeremy F. Koo (2015年12月18日). “Oakland A's sign Henderson Alvarez to one-year deal, under team control through 2017”. Athletics Nation. Vox Media, Inc.. 2016年2月18日閲覧。
  16. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2016年10月13日閲覧。
  17. ^ Henderson Alvarez>Pitch Type”. 2016年1月14日閲覧。
  18. ^ Fangraphs:Henderson Alvarez”. 2016年1月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]