ユネル・エスコバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエスコバー第二姓(母方の)はアルメナレスです。
ユネル・エスコバー
Yunel Escobar
ロサンゼルス・エンゼルス #0
Yunel Escobar on July 9, 2016.jpg
ロサンゼルス・エンゼルスでのエスコバー (2016年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国へ亡命)
出身地 キューバの旗 キューバ
ハバナ州ハバナ
生年月日 (1982-11-02) 1982年11月2日(34歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手三塁手
プロ入り 2005年 ドラフト2巡目(全体75位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 2007年6月2日
年俸 $7,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ユネル・エスコバー・アルメナレスYunel Escobar Almenanes, 1982年11月2日 - )は、キューバハバナ出身のプロ野球選手内野手。主に遊撃手)。右投右打。MLBロサンゼルス・エンゼルス所属。

経歴[編集]

キューバ時代から亡命まで[編集]

2000-2001シーズンからキューバ国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のレオネス・デ・インダストリアレスに所属。

2004年10月にジュニアナショナルチームの仲間5人を含むキューバからの35人の脱出グループの一員としていかだフロリダ半島に上陸し、アメリカ合衆国亡命した[2]

ブレーブス時代[編集]

2005年6月8日MLBドラフト2巡目(全体75位)でアトランタ・ブレーブスから指名を受け、契約金47万5000ドルで入団した。

2006年はシーズン通してマイナーリーグのAA級ミシシッピ・ブレーブスでプレーし、7月にオールスター・フューチャーズゲームの世界選抜に選ばれた[3]。同年秋のアリゾナ・フォールリーグでは打率.407を記録し、首位打者のタイトルを獲得した[2]

2007年はAA級ミシシッピを経て、6月2日シカゴ・カブス戦でメジャーデビュー。本職の遊撃手以外にも二塁手三塁手としてもプレー。7月下旬以降は打率3割台をキープし、シーズントータルで94試合に出場し、打率.326・5本塁打・28打点をマークし、新人王の投票で6位に入った[4]。2007年10月28日にブレーブスの正遊撃手だったエドガー・レンテリアトレードで放出され、エスコバーは2008年から後釜の正遊撃手となった。

2009年は前のシーズンより成績を上げ、打率.299・14本塁打・76打点・OPS.812を記録した。

2010年は深刻な打撃不振に陥った。

ブルージェイズ時代[編集]

2010年7月14日アレックス・ゴンザレスら3人とのトレードで、ジョジョ・レイエスと共にトロント・ブルージェイズへ移籍した[5]。ブレーブス時代に素行不良が伝えられていたエスコバーに対し、ブルージェイズは同じラテンアメリカ出身のホセ・バティスタを指南役に充てた[6]。移籍後は打率.275とやや持ち直したが、トータルでは打率.256・4本塁打・OPS.696と自己最低の成績に終わった。シーズン終了後、年俸調停の権利を得たエスコバーは2011年1月18日に1年290万ドルで契約を延長した[7]

2011年は本来の打撃を取り戻し、アメリカンリーグの遊撃手では最高の出塁率をマークした。球団はエスコバーの働きを高く評価し、6月19日に2013年まで2年1000万ドル(2015年までのオプションを含めると4年2000万ドル)で契約を延長した[8]

2012年四球を選ぶ割合が低下し、シーズン途中で1番打者から外された。9月15日ボストン・レッドソックス戦で、スペイン語による同性愛者を中傷する『TUERE MARICON』(訳は「あなたはホモです」もしくは「あなたは女の子みたいだね」)という言葉が入ったアイブラックを着用して試合に出場していたため、ブルージェイズ球団から3試合(同年9月19日のダブルヘッダー及び20日のニューヨーク・ヤンキース3連戦)の出場停止処分を科された。エスコバーは「単なる冗談のつもりだったが、同じ過ちを二度と起こさない」と謝罪を表明、停止3試合分の給与はLGBT団体のユーキャンプレイGLAADへ寄贈された[9][10]

レイズ時代[編集]

2012年オフの11月13日ジョシュ・ジョンソンホセ・レイエスマーク・バーリーら総勢11人が動く大型トレードでマイアミ・マーリンズへ移籍した[11]が、このトレードで一緒に移籍してきた同じキューバからの亡命組である弟分のアデイニー・エチェバリアとレギュラー争いをしたくないとして、トレードを希望[12]。その後、12月4日デレク・ディートリックとのトレードで、タンパベイ・レイズへ移籍した[13]

2013年、移籍1年目のシーズンは自己最高の153試合に出場。打率.256・9本塁打・56打点・4盗塁という成績は、いずれも2012年とほぼ同等だったが、自己ベストの27二塁打を放った。11月2日にレイズが2014年シーズンの球団オプションを行使した[14]

2014年4月5日にレイズと総額1300万ドルの2年契約(2017年・700万ドルの球団オプション付き)に合意した[15][16]。最終的に打率.258を記録、2012年から2年連続で打率が上昇したが、安打・本塁打・打点・出塁率・OPS等の主要打撃部門で軒並み数字を落とした。守備面でも、失策が7から16に増加し、全体的にやや低調なシーズンを送った。

ナショナルズ時代[編集]

2015年1月10日ジョン・ジェイソダニエル・ロバートソンブーグ・パウエルとのトレードで、ベン・ゾブリストと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[17]が、1月14日タイラー・クリッパードとのトレードでワシントン・ナショナルズへ移籍した[18]。ナショナルズには不動の正遊撃手のイアン・デズモンドがいるため、三塁手としての出場に限られた。レギュラーの座をキープしたエスコバーは打撃面で好調を維持し、ナ・リーグ6位となる打率.314をマークした。しかし守備面では、不慣れな三塁で失策こそ7個に留めたが、DRSは -11だった。

エンゼルス時代[編集]

2015年12月10日マイケル・ブレイディ英語版トレバー・ゴットとのトレードで、金銭とともにロサンゼルス・エンゼルスに移籍した[19]

2016年、エンゼルスではサードのレギュラーに抜擢され、132試合に出場。バッティング面では打率.304 (リーグ9位) ・5本塁打・39打点という好成績を残し、2年連続で.300超の打率をマークして巧打者ぶりを発揮した。課題の守備面では、129試合でリーグワースト2位の19失策守備率.937・DRS - 11という成績に終わり、相変わらずの拙守だった。

プレースタイル[編集]

1打席あたりの球数は2012年終了時点の通算で3.49で、多くのキューバ出身選手と同様に早打ち傾向にあるが、ストライクゾーン外の球に対するスイング率は通算23.0%という優れた選球眼を持ち合わせており(2011年は21.1%でボビー・アブレイユイアン・キンズラーに次ぐ両リーグ3位)[20]、四球は安定して選べる。2011年からは1番打者として起用される事が多い。

遊撃手としてはMLB全体でもトップクラスの守備力を持ち、特に強肩が武器。2008年から2013年までの6年間の守備防御点(DRS)はこの期間の全遊撃手の中で最高の+49を記録している[21]。しかし、2014年はショートとしてDRSが-24、UZRが-17.0を記録し、2014年の遊撃手中最低のDRSとUZRを残した。2015年はナショナルズに移籍しサードにコンバートするもDRSが-11、UZRは-7.7を記録している。

人物[編集]

キューバ出身MLB選手のブライアン・ペーニャは子供の頃からの親友[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000-2001 IND 62 150 128 19 34 3 1 1 42 16 4 0 0 2 18 0 2 29 6 .266 .360 .328 .688
2001-2002 56 67 58 14 20 3 0 1 26 6 0 2 3 1 4 0 1 8 1 .345 .391 .448 .839
2002-2003 25 82 63 16 20 3 0 2 29 12 1 1 1 0 18 0 0 17 1 .317 .469 .460 .929
2003-2004 57 214 168 24 42 5 1 2 55 14 4 1 6 2 30 0 8 32 9 .250 .385 .327 .712
2007 ATL 94 355 319 54 104 25 0 5 144 28 5 3 2 2 27 1 5 44 6 .326 .385 .451 .837
2008 136 587 514 71 148 24 2 10 206 60 2 5 7 2 59 4 5 62 24 .288 .366 .401 .766
2009 141 604 528 89 158 26 2 14 230 76 5 4 7 2 57 3 10 62 21 .299 .377 .436 .812
2010 75 301 261 28 62 12 0 0 74 19 5 1 2 0 37 1 1 31 9 .238 .334 .284 .618
TOR 60 266 236 32 65 7 0 4 84 16 1 1 7 0 19 0 4 26 9 .275 .340 .356 .696
'10計 135 567 497 60 127 19 0 4 158 35 6 2 9 0 56 1 5 57 18 .256 .337 .318 .655
2011 133 590 513 77 149 24 3 11 212 48 3 3 5 5 61 1 6 70 14 .290 .369 .413 .782
2012 145 608 558 58 141 22 1 9 192 51 5 1 7 4 35 1 4 70 21 .253 .300 .344 .644
2013 TB 153 578 508 61 130 27 1 9 186 56 4 4 6 4 57 2 3 73 19 .256 .332 .366 .698
2014 137 529 476 33 123 18 0 7 162 39 1 1 4 2 43 3 4 60 15 .258 .324 .340 .664
CNS:4年 200 513 417 73 116 14 2 6 152 48 9 4 10 5 70 0 11 86 17 .278 .392 .365 .756
MLB:8年 1074 4418 3913 503 1080 185 9 69 1490 395 31 23 47 21 395 16 42 498 138 .276 .347 .381 .728
  • 2014年度シーズン終了時
  • キューバ時代の出典:[22]
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

背番号[編集]

  • 19 (2007年 - 2010年途中)
  • 5 (2010年途中 - 2012年、2015年)
  • 11 (2013年 - 2014年)
  • 6 (2016年 - 同年途中)
  • 0 (2016年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ Yunel Escobar Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ a b c YunelEscobar” (英語). Mopupduty.com. 2013年8月29日閲覧。
  3. ^ Futures GameHistory” (英語). MLB.com. 2013年7月7日閲覧。
  4. ^ Baseball Awards Voting for 2007” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年8月31日閲覧。
  5. ^ Jordan Bastian (2010年7月14日). “Blue Jays acquire Escobar for Gonzalez” (英語). The Official Site of The Toronto Blue Jays. 2015年12月11日閲覧。
  6. ^ Jordan Bastian (2010年7月18日). “Bautista helping Escobar's transition to Jays” (英語). MLB.com. 2015年12月11日閲覧。
  7. ^ Brandon Morrow, Rajai Davis have deals” (英語). ESPN. 2013年4月1日閲覧。
  8. ^ Gregor Chisholm (2011年6月19日). “BlueJaysextendEscobarthrough2013” (英語). The Official Site of TheTorontoBlueJays. 2015年12月11日閲覧。
  9. ^ ブルージェイズのエスコバー、同性愛者中傷で3試合出場停止”. AFP BB News. 2013年4月1日閲覧。
  10. ^ Yunel Escobarsuspended by Blue Jays for wearing eyeblackwithanti-gayslur”. NationalPost. 2013年7月7日閲覧。
  11. ^ Blue Jays To AcquireJohnson,Reyes,BuehrleFromMarlins” (英語). MLB Trade Rumors. 2013年4月1日閲覧。
  12. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版2014年、330頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  13. ^ RaysAcquireYunelEscobar” (英語). MLB Trade Rumors. 2013年4月1日閲覧。
  14. ^ “Rays exercise 2014 options on Escobar, Zobrist” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), (2013年11月2日), http://m.rays.mlb.com/news/article/63634704 2015年12月11日閲覧。 
  15. ^ “Rays, Escobar Agree to Contract Extension” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay Rays), (2014年4月5日), http://m.rays.mlb.com/news/article/71071576 2015年12月11日閲覧。 
  16. ^ Bill Chastain (2014年4月5日). “Rays extend Yunel through '16, with '17 option” (英語). MLB.com. 2015年12月11日閲覧。
  17. ^ “A's Acquire Ben Zobrist and Yunel Escobar from Tampa Bay” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oaklanf Athletics), (2015年1月10日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/106091004/as-acquire-ben-zobrist-and-yunel-escobar-from-tampa-bay 2015年12月11日閲覧。 
  18. ^ “Nationals acquire INF Yunel Escobar from Oakland Athletics” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Washington Nationals), (2015年1月14日), http://m.nationals.mlb.com/news/article/106450220/nationals-acquire-inf-yunel-escobar-from-oakland-athletics 2015年12月11日閲覧。 
  19. ^ Alden Gonzalez (2015年12月10日). “Angels add Escobar in trade with Nats” (英語). MLB.com. 2015年12月11日閲覧。
  20. ^ Yunel Escobar » Statistics » Batting Yunel Escobar » Statistics » Batting” (英語). Fangraphs Baseball. 2013年4月1日閲覧。
  21. ^ Major League Leaderboards » 2012 » Shortstops » Fielding Statistics” (英語). Fangraphs Baseball. 2013年4月1日閲覧。
  22. ^ Serie_Nacional - キューバ国内リーグのシーズン成績

関連項目[編集]

外部リンク[編集]