エディンソン・ボルケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エディンソン・ボルケス
Edinson Volquez
マイアミ・マーリンズ #36
Edinson Volquez 01.jpg
サンディエゴ・パドレス時代
(2012年9月11日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 バラオナ州英語版
生年月日 (1983-07-03) 1983年7月3日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 アマチュア・フリーエージェントとしてテキサス・レンジャーズと契約
初出場 2005年8月30日 シカゴ・ホワイトソックス
年俸 $9,000,000 (2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国代表
WBC 2009年2013年2017年
獲得メダル
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

エディンソン・ボルケスEdinson Volquez, 1983年7月3日 - )は、ドミニカ共和国バラオナ州英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、MLBマイアミ・マーリンズに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

2001年10月29日テキサス・レンジャーズと契約を結んた。

2005年8月30日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビューを果たした。6試合に登板して0勝4敗・防御率14.21の成績でメジャー1年目を終えた。

2006年シーズン2回目の登板となった7月12日にメジャー初勝利を挙げたが、その後は5連敗でシーズンを終えた。

2007年は制球難が深刻なためマイナーでメカニックスを改造し、チェンジアップのキレがよくなった[2]。マイナーで14勝6敗・防御率3.67を記録し、9月にメジャー昇格を果たした。6試合に登板し2勝1敗・防御率4.50の成績を残し、シーズン終了後にはレンジャーズ傘下の最優秀マイナー投手に選出された[3]

レッズ時代[編集]

2007年12月21日ジョシュ・ハミルトンとのトレードで、ダニエル・レイ・ヘレーラとともにアーロン・ハラングブロンソン・アローヨに続く先発ローテーションを必要とするシンシナティ・レッズへ移籍[4]

レッズではマリオ・ソトにボルケスとジョニー・クエトの教育係に依頼。ソトはボルケスとクエトに対し、登板の際に違反すれば罰金250ドルのルールを10項目以上課した[5]

2008年スプリングトレーニングで20イニングを投げ、奪三振26に対し与四球は4と好投し、先発入りを果たし[2]、4月・5月と2か月連続で防御率1点台を記録した。7月以降は月間防御率が4点台で推移したが、オールスター初選出を果たし、17勝・防御率3.21・206奪三振でチーム投手三冠を達成。

2009年開幕前の3月に開催された第2回WBCのドミニカ共和国代表に選出された[6]

シーズンでは開幕投手を務めた。しかし、6月1日以降登板がなく、8月3日トミー・ジョン手術を受けた[7]。復帰は2010年の7月から8月ころの復帰が見込まれていた。

2010年4月20日、競技力向上に効果がある禁止薬物 (performance-enhancing drug) に陽性反応を示したため、21日から50試合の出場停止処分となった[7]

パドレス時代[編集]

2011年12月17日マット・レイトスとの1対4のトレードでヨンダー・アロンソヤズマニ・グランダルブラッド・ボックスバーガーと共にサンディエゴ・パドレスに移籍した[8]

2012年は、32試合に登板して11勝11敗・防御率4.14だった。

2013年開幕前の3月に開催された第3回WBCのドミニカ共和国代表に選出され[9]、2大会連続2度目の選出を果たした。

シーズンでは自身2度目の開幕投手を務めた。しかし、27試合に登板して9勝10敗・防御率6.01と不本意な成績で8月27日DFAとなった[10]

ドジャース時代[編集]

2013年8月30日ロサンゼルス・ドジャースと契約した[11]。ドジャースでは6試合に登板して0勝2敗・防御率4.18だった。オフの10月31日にFAとなった。

パイレーツ時代[編集]

2013年12月13日ピッツバーグ・パイレーツと500万ドルの1年契約を結んだ[12][13]

2014年は32試合に登板し、13勝7敗・防御率3.04だった。オフの10月30日にFAとなった。

ロイヤルズ時代[編集]

2014年12月29日カンザスシティ・ロイヤルズと総額2000万ドルの2年契約[14](2017年・1000万ドルのミューチュアル・オプション付き[15])を結んだ[16][17]

2015年4月23日のホワイトソックス戦で乱闘を起こし、退場処分を受けた[18]。26日に、5試合の出場停止処分を科された[19]。ロイヤルズ加入1年目となる同年は、自身初となる200.0イニングを突破し、2年連続で13勝(9敗)を挙げた。防御率も3.00台をキープし、チームのプレーオフ進出とワールドシリーズ制覇に貢献した。

2016年は34試合に先発登板し、3年連続2ケタ勝利となる10勝を挙げたが、11敗を喫して僅かに負け越し、リーグワーストの113自責点で防御率5.37に終わるなど、投球内容自体はイマイチだった。オフの11月4日にFAとなった[20]

マーリンズ時代[編集]

2016年12月1日マイアミ・マーリンズと2年2200万ドルで契約を結んだ[21]

2017年開幕前の2月8日第4回WBCドミニカ共和国代表に選出され、3大会連続3度目の選出を果たした[22]

シーズンでは6月3日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で98球での自身初のノーヒットノーランを達成した[23]。この日は、同郷でロイヤルズ時代のチームメートでシーズン開幕前に夭逝したヨーダノ・ベンチュラの誕生日で、試合前[24]と試合後[25]に彼と一緒に写った写真を投稿した[26]

投球スタイル[編集]

最速球速98.4mph(約158km/h[27]・平均93mph(約150km/h)の二種類の速球シンカーフォーシーム)を中心に、平均83mph(約134km/h)のチェンジアップ、平均80mph(約129km/h)のナックルカーブの計4球種を持ち球とする[28][29]
2012年まで速球はフォーシーム主体だったが、2013年からシンカー主体に転身。また、2014年途中から普通のカーブからナックルカーブに変更している。チェンジアップはペドロ・マルティネスと比較されるほどの精度を誇っている[30]。2012年以前の与四球率は5点台前後と制球難が課題であったが、2014年以降は3点台前半となり以前よりは大幅に改善された。

人物[編集]

2015年のワールドシリーズ初戦に先発登板したが、試合直前に父親のダニエル氏を心臓病の合併症により63歳で亡くしている。訃報を受けたネッド・ヨスト監督は、ボルケスには知らせず、ボルケスはそのまま先発し、6イニングを6安打・3失点に抑えた。(勝敗はつかなかったがチームは勝利した)交代を告げられたボルケスは、ヨスト監督から父親の死去を告げられると試合中にチームを離れ、ドミニカ共和国に戻って葬儀に参列した。ロイヤルズの王手で迎えたシリーズ第5戦を前に、ボルケスがチームに合流。先発登板すると、6イニングを2安打・2失点と好投し、チームは30年ぶりに世界一となった[31][リンク切れ]

2017年1月に故郷・ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴにある理容店で、ボルケスの兄弟であるブランディ氏が刺されるという事件が起きた。ブランディ氏は、その後死亡が確認され、ボルケスは1年半のうちに2人も肉親を失うことになった[31]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 TEX 6 3 0 0 0 0 4 0 0 .000 75 12.2 25 3 10 0 2 11 0 0 22 20 14.21 2.76
2006 8 8 0 0 0 1 6 0 0 .143 164 33.1 52 7 17 0 1 15 0 0 28 27 7.29 2.07
2007 6 6 0 0 0 2 1 0 0 .667 149 34.0 34 4 15 0 2 29 0 0 18 17 4.50 1.44
2008 CIN 33 32 0 0 0 17 6 0 0 .739 838 196.0 167 14 93 5 14 206 10 1 82 70 3.21 1.33
2009 9 9 0 0 0 4 2 0 0 .667 218 49.2 34 6 32 0 5 47 2 1 25 24 4.35 1.33
2010 12 12 0 0 0 4 3 0 0 .571 275 62.2 59 6 35 0 3 67 5 0 30 30 4.31 1.50
2011 20 20 0 0 0 5 7 0 0 .417 489 108.2 106 19 65 3 4 104 5 2 72 69 5.71 1.57
2012 SD 32 32 1 1 0 11 11 0 0 .500 802 182.2 160 14 105 6 9 174 9 1 88 84 4.14 1.45
2013 27 27 0 0 0 9 10 0 0 .474 659 142.1 168 14 69 2 3 116 11 0 100 95 6.01 1.67
LAD 6 5 0 0 0 0 2 0 0 .000 118 28.0 25 5 8 0 0 26 5 0 14 13 4.18 1.18
'13計 33 32 0 0 0 9 12 0 0 .429 777 170.1 193 19 77 2 3 142 16 0 114 108 5.71 1.59
2014 PIT 32 31 1 0 0 13 7 0 0 .650 809 192.2 166 17 71 6 14 140 15 0 75 65 3.04 1.23
2015 KC 34 33 1 0 0 13 9 0 0 .591 850 200.1 190 16 72 1 8 155 3 0 89 79 3.55 1.31
2016 34 34 0 0 0 10 11 0 0 .476 853 189.1 217 23 76 1 7 139 5 1 124 113 5.37 1.55
MLB:12年 259 252 3 1 0 89 79 0 0 .530 6299 1432.1 1403 148 668 24 72 1229 70 6 767 706 4.44 1.45
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40(2005年)
  • 38(2006年)
  • 31(2007年)
  • 36(2008年 - 2011年、2014年 - )
  • 37(2012年 - 2013年途中)
  • 30(2013年途中 - 同年終了)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Edinson Volquez Contract Details, Salaries, & Earnings”. Spotrac. 2016年12月5日閲覧。
  2. ^ a b 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 シンシナティレッズ/CIN 先発ローテーションを勝ち取った24歳の右腕」『スラッガー』2008年6月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-6、84頁
  3. ^ Mark Sheldon (2007年12月21日). “Reds reel in Volquez from Rangers” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  4. ^ Reds send outfielder to Rangers for Volquez, minor leaguer” (英語). ESPN. 2008年10月18日閲覧。
  5. ^ 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、380頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  6. ^ 2009 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  7. ^ a b Mark Sheldon (2010年4月20日). “Volquez suspended 50 games for PED use” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  8. ^ Mat Latos pitcher traded to Cincinnati Reds from San Diego Padres FOX Sports on MSN
  9. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  10. ^ Corey Brock (2013年8月27日). “Padres release struggling Volquez” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  11. ^ Dylan Hernandez (2013年8月28日). “Dodgers reach agreement with pitcher Edinson Volquez” (英語). Los Angeles Times. http://www.latimes.com/sports/dodgersnow/la-sp-dn-padres-edinson-volquez-dodgers-reach-agreement-20130828,0,3324259.story?track=rss#axzz2dNBdyfQk 2015年4月23日閲覧。 
  12. ^ John Schlegel (2013年12月12日). “Reported Volquez signing gives Pirates options” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  13. ^ Twitter / The @Pirates sign free agents Edinson Volquez and Clint Barmes; DFA Ryan Reid and Jerry Sands.
  14. ^ 2015年は750万ドル、2016年は950万ドル。
  15. ^ 違約金は300万ドル。
  16. ^ “Royals sign free agent pitcher Edinson Volquez to two-year deal with mutual option” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Kansas City Royals), (2014年12月29日), http://m.royals.mlb.com/news/article/105123966/royals-sign-free-agent-pitcher-volquez-to-two-year-deal-with-mutual-option 2014年12月30日閲覧。 
  17. ^ Edinson Volquez gets $20M over 2”. ESPN MLB (2014年12月29日). 2014年12月30日閲覧。
  18. ^ Phil Rogers (2015年4月24日). “Time has come for Ventura to display maturity” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  19. ^ Jeffrey Flanagan (2015年4月26日). “4 Royals suspended in fracas with White Sox” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  20. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年12月5日閲覧。
  21. ^ Joe Frisaro (2016年12月1日). “Volquez introduced: 'Marlins were my first choice'” (英語). MLB.com. 2016年12月5日閲覧。
  22. ^ DR aims to defend title as WBC '17 roster set MLB.com (英語) (2017年2月15日) 2017年3月16日閲覧
  23. ^ Poignant no-hitter by Volquez lifts spirits MLB.com (英語) (2017年6月3日) 2017年6月4日閲覧
  24. ^ Miss you broth HBD to Ace Ventura one love”. エディンソン・ボルケス公式Instagram (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  25. ^ That was for you my little broth Ace 30 I can't do it without god first you and José Fernández and my teammates defense and a lot it credit to my catcher JT realmuto thanks god for this game”. エディンソン・ボルケス公式Instagram (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  26. ^ ボルケス、天国のベンチュラ誕生日に捧ぐ無安打投球 - MLB”. 日刊スポーツ (2017年6月4日). 2017年6月4日閲覧。
  27. ^ 2008年シーズン計測。
  28. ^ 月刊スラッガー』2009年7月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-7、35頁。
  29. ^ FanGraphs - PITCHf/x2017年2月2日閲覧。
  30. ^ 『月刊スラッガー』2008年12月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-12、45頁。
  31. ^ a b “マーリンズ右腕の兄弟が母国ドミニカ共和国で刺殺 米複数メディアが報じる”. iSM(Yahoo!JAPAN). (2017年1月18日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00010001-fullcount-base/ 2017年1月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]