ダニー・ダフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニー・ダフィー
Danny Duffy
カンザスシティ・ロイヤルズ #41
Kansas City Royals starting pitcher Danny Duffy (23).jpg
2011年5月24日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ゴリータ
生年月日 (1988-12-21) 1988年12月21日(28歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト3巡目(全体96位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 2011年5月18日
年俸 $505,125(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2017年
獲得メダル
男子 野球
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

ダニエル・リチャード・ダフィーDaniel Richard Duffy , 1988年12月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ゴリータ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズ所属。ニックネームは「Bear(熊)[1]

経歴[編集]

2007年のMLBドラフト3巡目でカンザスシティ・ロイヤルズに入団。

2009年にはオールスター・フューチャーズゲームに出場するなど順調なキャリアを歩んでいたが、2010年の3月に「人生を見つめ直す」として突如引退を表明[2]。周囲を驚かせたが、6月になって復帰を発表した[3]

2011年5月18日レンジャーズ戦で先発し、メジャーデビューを果たした。6度目の先発登板となった6月14日アスレチックス戦で6回2失点でメジャー初勝利を挙げた。1年目の最終成績は4勝8敗、防御率5.64だった。

2012年は5月に左肘の靭帯を断裂してトミー・ジョン手術を受け、僅か6試合の登板でシーズンを終えた[4]。 背番号は23だったが、2013年から41に変更となった。

2014年3月1日にロイヤルズと1年契約に合意した[5]。同年は開幕をマイナーで迎えたが、すぐにメジャー昇格を果たし、5月からは先発ローテーションに定着した[6]。ローテーションに入ってからは度々好投を見せ、ぎりぎり2ケタ勝利に届かず9勝止まりだったものの、防御率は2.53という優れた成績をマークした。チームはポストシーズン進出を果たすと、リリーフとして出場選手登録され、救援勝利でポストシーズン初勝利を挙げた。

2015年も先発ローテーションで投げ、30試合中24試合で先発登板したが、ルーキーイヤー以来の悪い値となる防御率4.08・7勝8敗に終わった。チームは地区優勝を成し遂げ、2年連続でポストシーズンに出場すると、再びリリーフとして自身2勝目を飾った。ワールドシリーズではリリーフで3試合を1失点に抑え、チームの優勝に貢献した。

2016年は左のリリーフとして起用されていたが、途中から先発ローテーションに加わり、8月11日のデトロイト・タイガース戦で10勝を挙げて、自身初の2桁勝利となった。最終的には先発で26試合、リリーフで16試合に登板、179.2イニングに投げてキャリア初の規定投球回到達を果たした。防御率3.51・12勝3敗に加え、投げたイニング数を上回るリーグ9位の188奪三振を奪い、エース格の1人として活躍した。

2017年開幕前の2月9日第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表に選出された[7]。1次ラウンドでは3月12日カナダ戦、2次ラウンドでは3月18日ドミニカ共和国戦と負ければ敗退決定の2試合に先発し、いずれも勝利投手となった。チームは3月22日の決勝プエルトリコ戦に勝利し、初の優勝を果たした[8]

シーズンでは8月26日に左ひじ痛で故障者リストに登録されたが、翌8月27日カンザス州オーバーランドパークで飲酒運転の容疑で逮捕されていたことが8月29日に球団から公表された[9]。シーズントータルでは、離脱の影響によって24試合登板・146.1イニングに留まり、9勝10敗・防御率3.81と2年連続二桁勝利・規定投球回到達はならなかった。

選手としての特徴[編集]

オーバースローから最速99.5mph(約160km/h)[10]・平均94mph(約151km/h)の速球フォーシームツーシーム)を軸に、平均80mph(約129km/h)のカーブ、平均84mph(約135km/h)のチェンジアップを使用する[11]
2012年のフォーシームの平均球速は95.3mph(153.4km/h)だった[12]。2013年以前は与四球率が高く課題となっていたが、2014年に与四球率は3.2、2016年には2.1となり改善された。
通算対左被OPSは.556なのに対し、通算対右被OPSは.765と右打者を苦手としている。

2015年まではフォーシームとカーブの2球種を主体とした投球スタイルだったが、2016年からはあまり投げていなかったツーシーム、チェンジアップの割合を増やした。2017年にはフォーシームを以前の約半分ほどに減らしてツーシームを主体とすると、これまでほとんど投げていない約130km/h前後のスライダーを前面に押し出す投球スタイルとなった。一方で、代名詞だったカーブはほとんど投げなくなっている[13]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 KC 20 20 0 0 0 4 8 0 0 .333 474 105.1 119 15 51 1 5 87 4 1 66 66 5.64 1.61
2012 6 6 0 0 0 2 2 0 0 .500 121 27.0 26 2 18 1 0 28 0 1 13 12 3.90 1.59
2013 5 5 0 0 0 2 0 0 0 1.000 104 24.1 19 0 14 0 1 22 2 0 5 5 1.85 1.36
2014 31 25 0 0 0 9 12 0 1 .429 606 149.1 113 12 53 2 5 113 5 0 52 42 2.53 1.11
2015 30 24 0 0 0 7 8 1 2 .467 588 136.2 137 15 53 0 9 102 11 0 64 62 4.08 1.39
2016 42 26 1 0 1 12 3 0 2 .800 731 179.2 163 27 42 0 7 188 4 0 71 70 3.51 1.14
2017 24 24 0 0 0 9 10 0 0 .474 609 146.1 143 13 41 0 4 130 2 2 67 62 3.81 1.26
通算:7年 158 130 1 0 1 45 43 1 5 .511 3233 769.1 720 84 272 4 31 670 28 4 338 319 3.73 1.29
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 23 (2011年 - 2012年)
  • 41 (2013年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Royals Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  2. ^ Duffy taking leave from baseball
  3. ^ Royals prospect Duffy returns to club
  4. ^ Royals pitchers Danny Duffy and Blake Wood both need Tommy John surgery
  5. ^ Royals agree to terms with three players on one-year contracts for 2014”. MLB.com Royals Press Release (2014年3月1日). 2014年3月2日閲覧。
  6. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、127頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  7. ^ USA Baseball Announces 2017 World Baseball Classic Roster Archived 2017年2月12日, at the Wayback Machine. USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball (英語) (2017年2月9日) 2017年3月16日閲覧
  8. ^ American Beauty: USA dominates PR in final World Baseball Classic (英語) (2017年3月22日) 2017年3月23日閲覧
  9. ^ “Royals pitcher Danny Duffy cited for DUI in Overland Park”. The Kansas City Star.. (2017年8月29日). http://www.kansascity.com/sports/mlb/kansas-city-royals/article169961577.html 2017年9月1日閲覧。 
  10. ^ 2012年シーズン計測
  11. ^ FanGraphs - PITCHf/x
  12. ^ Danny Duffy » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball
  13. ^ Danny Duffy Pitch Data”. The Baseball Cube. 2017年9月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]