デニス・レナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デニス・レナード
Dennis Leonard
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ブルックリン
生年月日 (1951-05-08) 1951年5月8日(66歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1972年 ドラフト2巡目
初出場 1974年9月4日
最終出場 1986年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デニス・パトリック・レナードDennis Patrick Leonard, 1951年5月8日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン出身。

経歴[編集]

1972年MLBドラフトカンザスシティ・ロイヤルズから2巡目に指名を受け入団。1973年にA級で15勝9敗・防御率2.58を記録。1974年はAAA級で12勝13敗・防御率3.47を記録し、9月4日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。その後4試合に先発したが全て敗戦投手となる。1975年も開幕をAAA級で迎えたが、5月にメジャー昇格。5月16日ボストン・レッドソックス戦でメジャー初完投・初勝利。後半戦で7連勝を含む10勝を挙げ、シーズン通算で15勝7敗・防御率3.77を記録する。1976年7月9日デトロイト・タイガース戦でメジャー初完封を挙げるなど17勝10敗・防御率3.51を記録し、チームの球団創設以来初の地区優勝に貢献。ニューヨーク・ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2試合に先発するが防御率19.29と打ち込まれ、チームも2勝3敗で敗退した。1977年は後半戦で11勝3敗・防御率2.64をマークし、20勝12敗・防御率3.04・244奪三振を記録し、ジム・パーマーら2人と並んで最多勝のタイトルを獲得し、チームは2年連続の地区優勝。前年に続きヤンキースとの対戦となったリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し自責点1で完投勝利。第5戦では8回を終了して3-2とリードし、初のリーグ優勝まで後1イニングとなった9回表に登板したが、1死も取れずに降板。後続が打たれて逆転を許し敗戦投手となる。サイ・ヤング賞の投票では4位に入った。1978年も後半戦で12勝6敗・防御率2.89と調子を上げ、リーグ最多タイの40試合に先発し21勝17敗・防御率3.33を記録し、チームは地区3連覇を果たす。3年連続の対戦となったヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦に先発し敗戦投手。第4戦では同年25勝のロン・ギドリーと投げ合い2失点で完投するも敗戦投手となり、1勝3敗で敗退した。1979年はリーグ最多タイの5完封を記録したものの安定感は今ひとつで、14勝12敗・防御率4.08の成績だった。

1980年は序盤不調も後半戦で13勝4敗・防御率3.05をマーク。リーグ最多の38試合に先発し、被本塁打と自責点でリーグワーストながら20勝11敗・防御率3.79を記録し、チームの2年ぶりの地区優勝に貢献。4度目の対戦となったヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発、9回途中2失点の好投で勝利投手となり、チームは3連勝でヤンキースを下して雪辱を果たし、球団創設以来初のリーグ優勝を飾った。フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズでは第1戦に先発したが、4回途中6失点でノックアウト。第4戦では8回途中3失点で勝利投手となるが、チームは2勝4敗で敗退した。1981年は13勝11敗、キャリアハイの防御率2.99、共にリーグ最多の26先発・201.2イニングを記録。50日間に及ぶストライキでシーズンが短縮された影響で前後期制の変則日程となり、チームは後期優勝。オークランド・アスレチックスとのディビジョンシリーズでは第1戦に先発したが、8回4失点(自責点1)で敗戦投手となり、チームも3連敗で敗退した。

1982年は故障で2ヶ月戦線離脱。故障を挟んで7連勝を記録したものの10勝6敗・防御率5.10に終わる。1983年5月28日の登板を最後に離脱し、10試合の登板で6勝に留まる。1984年は1年間プレイできず、1985年9月に復帰。チームは初のワールドシリーズ制覇を果たしたが、ポストシーズンの出場資格がなかったためロースター入りはならなかった。1986年は序盤好調で5月まで防御率1点台を維持したが、その後7連敗を喫するなど得意の後半戦で調子を落とし、8勝13敗・防御率4.44に終わる。12月22日に解雇され、引退。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1974 KC 5 4 0 0 - 0 4 0 -- .000 105 22.0 28 0 12 0 3 8 0 0 15 13 5.32 1.82
1975 32 30 8 0 - 15 7 0 -- .682 916 212.1 212 18 90 4 9 146 4 0 98 89 3.77 1.42
1976 35 34 16 2 - 17 10 0 -- .630 1072 259.0 247 16 70 5 11 150 7 1 113 101 3.51 1.22
1977 38 37 21 5 - 20 12 1 -- .625 1186 292.2 246 18 79 0 8 244 14 2 117 99 3.04 1.11
1978 40 40 20 4 - 21 17 0 -- .553 1218 294.2 283 27 78 7 9 183 12 0 125 109 3.33 1.23
1979 32 32 12 5 - 14 12 0 -- 538 966 236.0 226 33 56 3 2 126 8 0 117 107 4.08 1.20
1980 38 38 9 3 - 20 11 0 -- .645 1172 280.1 271 30 80 5 1 155 12 1 127 118 3.79 1.25
1981 26 26 9 2 - 13 11 0 -- .542 837 201.2 202 15 41 5 3 107 5 1 79 67 2.99 1.21
1982 21 21 2 0 - 10 6 0 -- .625 579 130.2 145 20 46 3 2 58 4 0 82 74 5.10 1.46
1983 10 10 1 0 - 6 3 0 -- .667 270 63.0 69 3 19 1 0 31 1 0 29 26 3.71 1.40
1985 2 0 0 0 - 0 0 0 -- -- 7 2.0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.50
1986 33 30 5 2 - 8 13 0 -- .381 821 192.2 207 22 51 6 4 114 6 1 106 95 4.44 1.34
通算:12年 312 302 103 23 - 144 106 1 -- .576 9149 2187.0 2137 202 622 39 52 1323 73 6 1008 898 3.70 1.26
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

外部リンク[編集]