マーク・マルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・マルダー
Mark Mulder
フリーエージェント
Mark Mulder.jpg
カージナルス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州サウスホーランド
生年月日 1977年8月5日(37歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 1巡目
初出場 2000年4月18日
最終出場 2008年7月9日
年俸 $7,000,000(2008年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーク・アラン・マルダー(Mark Alan Mulder, 1977年8月5日 - )はアメリカ合衆国イリノイ州出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代は一塁手として打力が注目され、卒業時にはデトロイト・タイガースからドラフト55巡目(全体1456位)指名されたが、これを蹴ってミシガン州立大学へ進学。1997年1998年と2年連続でチームのMVPに選出された[2]

アスレチックス時代[編集]

1998年にドラフトでオークランド・アスレチックスから1巡目(全体2位)指名を受け入団。2000年4月18日にメジャーデビューを果たし、9勝10敗と負け越したが、新人投手最多の27試合に先発登板した[3]。翌2001年9月23日にシーズン20勝を達成した。ア・リーグの左投手が20勝以上をマークするのは1996年アンディ・ペティット以来の快挙であった[4]。その後シーズン最後の登板となった10月4日に勝ち投手となり21勝を挙げ最多勝を獲得。サイ・ヤング賞の投票ではロジャー・クレメンスに次ぐ2位に入り、ティム・ハドソンバリー・ジトと共にエーストリオ“ビッグ3”としてチームの4年連続(2000年 - 2003年ポストシーズン進出の原動力となった。

2002年は4月12日から5月10日まで29日間故障者リスト入りとなったものの、19勝を記録した。2003年オールスターゲームに初めて選出されたが、8月19日の登板を最後にシーズンを終えた。26試合の登板で15勝をマークした。26試合以下の登板でマルダーより多い勝ち星を挙げたのは球団史上エディ・プランク(1906年に26試合で19勝)しかいない[5]

カージナルス時代[編集]

2004年12月18日にダン・ヘイレンらとのトレードセントルイス・カージナルスへ移籍[6]。1年契約(2006年の球団オプション付き)を結んだ。

2005年はチームに欠けていた左腕エースとしてチーム2位タイの16勝を挙げた。

2006年は終了時にFAとなるだけに期するものがあったはずだが、左肩を痛め不調。結局シーズン終了を待たずに手術に踏み切ることになり、9月12日に左肩の修復手術を行った[7]。この年は6勝にとどまり、メジャー2年目の2001年からの連続15勝以上が5年で途切れた。10月13日にFAとなった。

2007年1月10日にカージナルスと2年1300万ドル(2009年の球団オプション付き)で再契約[8][9]。手術の回復が思わしくなくマイナーで調整を重ねた。9月5日にメジャー復帰し3試合に登板したが、速球のスピードが140キロ以下に落ち、再び故障者リスト入りした。9月19日に再びMRI検査を行うことが発表され[10]、9月24日に左肩の関節鏡下手術を行った[11]

2008年3月25日に再び故障者リスト入りした[12]。6月17日に復帰[13]。3試合に登板したが、7月10日に再び15日間の故障者リスト入りした。8月27日に再び左肩の手術を行い、60日間の故障者リストへ異動した。10月20日に球団が150万ドルの違約金を払い、1100万ドルのオプションを破棄しFAとなった[14]

現役引退[編集]

2010年2月に引退説が流れたが、当初は否定[15]。2007年の手術以来肩のリハビリを続けてきたにも関わらず球速が回復していないことを認め、今後に関しては明言を避けていたが[16]、6月15日に引退を表明[17]2011年ESPNの野球中継で解説者を務めた。

現役復帰[編集]

2014年1月1日にロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとマイナー契約を結び[18]、スプリングトレーニングに参加することが決まった[19]。しかし、2月15日にアキレス腱断裂し、手術が必要となったため、長期間の離脱を余儀なくされた[20]。3月11日に放出された[21]

投球スタイル[編集]

長身から投げる91~95mph(約147~153km/h)のムービングファストボールフォーシーム[22]、切れ味鋭いカーブスプリッターなど豊富な球種をテンポ良く投げ込み、ゴロで打たせて取る投球が持ち味。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 OAK 27 27 0 0 0 9 10 0 0 .474 705 154.0 191 22 69 3 4 88 6 0 106 93 5.44 1.69
2001 34 34 6 4 3 21 8 0 0 .724 927 229.1 214 16 51 4 5 153 4 0 92 88 3.45 1.16
2002 30 30 2 1 0 19 7 0 0 .731 862 207.1 182 21 55 3 11 159 7 1 88 80 3.47 1.14
2003 26 26 9 2 2 15 9 0 0 .625 747 186.2 180 15 40 2 2 128 7 0 66 65 3.13 1.18
2004 33 33 5 1 0 17 8 0 0 .680 952 225.2 223 25 83 1 12 140 10 0 119 111 4.43 1.36
2005 STL 32 32 3 2 2 16 8 0 0 .667 868 205.0 212 19 70 1 9 111 9 0 90 83 3.64 1.38
2006 17 17 0 0 0 6 7 0 0 .462 430 93.1 124 19 35 1 5 50 3 0 77 74 7.14 1.70
2007 3 3 0 0 0 0 3 0 0 .000 59 11.0 22 4 7 0 1 3 0 0 17 15 12.27 2.64
2008 3 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 1.2 4 0 2 0 1 2 1 0 2 2 10.80 3.60
通算:8年 205 203 25 10 7 103 60 0 0 .632 5562 1314.0 1352 141 412 15 50 834 47 1 657 611 4.18 1.34
  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mark Mulder Stats, News, Photos” (英語). ESPN.com. 2009年2月23日閲覧。
  2. ^ Mark Mulder Biography” (英語). 2008年4月3日閲覧。
  3. ^ Mark Mulder 2000 Career Highlights” (英語). 2008年4月3日閲覧。
  4. ^ Mark Mulder 2001 Career Highlights” (英語). 2008年4月3日閲覧。
  5. ^ Mark Mulder 2003 Career Highlights” (英語). 2008年4月3日閲覧。
  6. ^ Cards acquire All-Star pitcher Mark Mulder”. MLB.com Cardinals Press Release (2004年12月18日). 2014年1月15日閲覧。
  7. ^ Mulder has surgery; no timetable set for return”. ESPN MLB (2007年9月13日). 2014年1月15日閲覧。
  8. ^ Cards and lefty Mark Mulder agree to new deal”. MLB.com Cardinals Press Release (2007年1月10日). 2014年1月15日閲覧。
  9. ^ Mulder to return to Cardinals”. ESPN MLB (2007年1月10日). 2014年1月15日閲覧。
  10. ^ Cards' statement on Mulder testing”. MLB.com Cardinals Press Release (2007年9月19日). 2014年1月15日閲覧。
  11. ^ Medical statement”. MLB.com Cardinals Press Release (2007年9月24日). 2014年1月15日閲覧。
  12. ^ Cardinals disable seven players”. MLB.com Cardinals Press Release (2008年3月25日). 2014年1月15日閲覧。
  13. ^ Cardinals activate Mark Mulder from disabled list”. MLB.com Cardinals Press Release (2008年6月27日). 2014年1月15日閲覧。
  14. ^ Cardinals to let Mulder walk after two injury-plagued seasons”. ESPN MLB (2008年10月21日). 2014年1月15日閲覧。
  15. ^ Mark Mulder denies he's retiring; says he halted throwing program”. 2010年3月22日閲覧。
  16. ^ Mulder deserves better”. 2010年3月22日閲覧。
  17. ^ Mark Mulder Says He's Retired; Now Playing Competitive Golf
  18. ^ Jerry Crasnick (2014年1月1日). “Mark Mulder gets minor league deal”. ESPN LA. 2014年1月15日閲覧。
  19. ^ Cash Kruth (2014年1月14日). “Mulder, top prospects invited to Spring Training”. MLB.com. 2014年1月15日閲覧。
  20. ^ Alden Gonzalez (2014年2月15日). “Mulder ruptures Achilles during workout, needs surgery”. MLB.com. 2014年2月16日閲覧。
  21. ^ Alden Gonzalez (2014年3月11日). “Mulder, released by Halos, not giving up yet”. MLB.com. 2014年3月12日閲覧。
  22. ^ A`s復調を支える左腕『月刊スラッガー』2001年11月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-11、32-33頁。

外部リンク[編集]