ボビー・ウィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・ウィット
Bobby Witt
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州アーリントン
生年月日 1964年5月11日(50歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト1巡目(全体3位)
初出場 1986年4月10日
最終出場 2001年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・アンドルー・ウィットRobert Andrew Witt, 1964年5月11日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国バージニア州アーリントン出身。

経歴[編集]

1982年のMLBドラフトシンシナティ・レッズから7巡目に指名を受けるが契約せず、オクラホマ大学に進学。1985年のMLBドラフトテキサス・レンジャーズから1巡目(全体3位)に指名を受け入団。1986年の開幕から先発ローテーション入りし11勝、174奪三振をマークするが、一方でリーグ最多の143四球と制球が荒れていた。翌年の1987年もリーグ最多の140四球と荒れて、1990年まで5年連続100四球以上と制球が荒れていた。1987年8月2日には「1イニング4奪三振」の珍記録を達成。また、1987年シーズン終盤に初めて完投するまで、「メジャー初登板から55試合連続で先発しながら完投なし」というメジャーリーグワースト記録を作ってしまった。1988年シーズン当初は散々な成績でマイナー降格を経験したが、再昇格後は急成長し、9試合連続完投を記録。当時のチーム記録にあと1と迫るものであった。

1990年は17勝・221奪三振と自己最高の成績を残すが、1991年は故障に終わった。1992年8月31日ホセ・カンセコとの交換トレードルーベン・シエラジェフ・ラッセルと共にオークランド・アスレチックスへ移籍。

1994年は開幕投手を務め、6月23日カンザスシティ・ロイヤルズ戦で、14奪三振1安打無四球完封という準完全試合を記録。1994年から1995年のMLBストライキ中断でシーズン終了後フリーエージェントとなり、フロリダ・マーリンズと契約。

1995年は打線の援護に恵まれず、勝ち星がつかなかったが、8月8日に後日発表2選手(うち1人はスコット・ポドセドニック)との交換トレードでワイルドカード争いに加わった古巣のレンジャーズに復帰。

1996年は防御率5.42ながら強力打線の援護で16勝を挙げ、レンジャーズの球団初の地区優勝に貢献。しかしチームはニューヨーク・ヤンキースとのディビジョン・シリーズで敗退した。1997年6月30日にはインターリーグの試合で本塁打を放ち、アメリカンリーグ指名打者制度ができた1973年以降で初の「本塁打を記録したアメリカンリーグの投手」となり、その時のバットはアメリカ野球殿堂に贈られた。

1998年は不振により、6月23日セントルイス・カージナルスへ放出され、それ以降はタンパベイ・デビルレイズクリーブランド・インディアンスアリゾナ・ダイヤモンドバックスと渡り歩いた。

ダイヤモンドバックスでは目立った活躍が無かったが、ヤンキースとのワールドシリーズに出場、チャンピオンリングを手に入れた。これを最後に現役を引退した。

詳細情報[編集]

通算成績[編集]

430試合登板(うち先発397) 142勝157敗0セーブ 完投47 完封11 投球回数2,465 被安打2,493 失点1,449 自責点1,324 被本塁打252 与四球1,375(うち敬遠四球37) 奪三振1,955 与死球39 ボーク26 暴投128

  • 与四球のリーグワースト1位に3回(1986年:143、1987年:140、1989年:114)
  • 暴投のリーグワースト1位に2回(1986年:22、1988年:16)
  • 通算奪三振1,955はメジャー歴代75位、通算勝利142は同275位タイ、通算敗戦157は同119位タイ(いずれも2011年シーズン終了時点)

外部リンク[編集]