ビリー・ピアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビリー・ピアース
Billy Pierce
Billy Pierce 1953.jpg
ホワイトソックス時代(1953年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州デトロイト
生年月日 (1927-04-02) 1927年4月2日
没年月日 (2015-07-31) 2015年7月31日(88歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1945年 デトロイト・タイガースと契約
初出場 1945年6月1日
最終出場 1964年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウォルター・ウィリアム・ピアースWalter William Pierce, 1927年4月2日 - 2015年7月31日)は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

1945年デトロイト・タイガースでメジャーデビュー。1949年シカゴ・ホワイトソックスへ移籍した。1950年から1961年まで途中9勝に終わった1954年を除いて必ず二桁勝利を挙げ、1956年から2年間は連続で20勝している。

ピアースが全盛の1950年代はホワイトソックスもニューヨーク・ヤンキースクリーブランド・インディアンスとともにアメリカンリーグの上位常連だったが、ホワイティ・フォード(ヤンキース)と投げ合った試合で7勝2敗、ボブ・レモン(インディアンス)が相手でも7勝2敗と勝ち越している[1]

1962年にはサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍して16勝を挙げ、チームのワールドシリーズ進出に貢献した。1964年に現役引退。

1987年には背番号19がホワイトソックスの永久欠番に制定された。

2015年7月31日胆嚢癌により亡くなった[2]

詳細情報[編集]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1945年)
  • 10 (1948年)
  • 19 (1949年 - 1964年)

脚注[編集]

  1. ^ 「球団別永久欠番物語 第4回 シカゴ・ホワイトソックス」『月刊メジャー・リーグ』 2000年10月号 ベースボール・マガジン社 80頁
  2. ^ ホワイトソックスの名投手、ピアース氏が死去”. 日刊スポーツ (2015年8月1日). 2016年9月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]