スパッド・チャンドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパッド・チャンドラー
Spud Chandler
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州コマース
生年月日 1907年9月12日
没年月日 1990年1月9日(満82歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
181 lb =約82.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1937年5月6日
最終出場 1947年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スパッド・チャンドラー(Spurgeon Ferdinand "Spud" Chandler、1907年9月12日 - 1990年1月9日)は、主に1940年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手ジョージア州コマース生まれ。右投げ右打ち。1943年のアメリカンリーグ最優秀選手で、ヤンキースに11年在籍し3度のワールドシリーズ制覇に関わった。現役通算勝率は7割を超え、これはメジャーリーグ史上2位[1]に相当する。

経歴[編集]

ジョージア大学に通い、在学中はフットボールのハーフバックをしていた。卒業後チーム入りするまでの5年間をヤンキースの球団組織で過ごし、選手としてデビューしたのは1937年、29歳の時だった。2年目に先発投手として14勝5敗の成績を残したが、3年目の1938年~1940年の間はリリーフに廻ることが多かった。

第二次世界大戦の影響もあり、1942年以降は再び先発投手に廻ることが多くなり、同年16勝5敗と活躍、オールスターゲームに初めて選出される。キャリア最高の成績を残したのは1943年のことで、この年30試合に先発し20勝4敗、1.64の防御率を残し投手部門のリーグ二冠を獲得、ワールドシリーズでも2試合に先発して2勝を上げ、この年のリーグ最優秀選手に選ばれた。

1944年と1945年には陸軍に従軍し殆ど出場しなかった。戦争が終わった1946年に現役復帰し、自身2度目のシーズン20勝(8敗)を記録したが、この時は既に38歳になっていた。

1947年、自身3度目のワールドシリーズ制覇を経験した後現役を引退。引退後はマイナーリーグで監督をした後、1957年から2年間カンザスシティ・アスレチックスの投手コーチを務めている。1984年にジョージア州のスポーツ殿堂入り表彰を受けた。1990年にフロリダ州で死去。

通算成績[編集]

投手成績[編集]























防御率
211 184 1485.0 109 26 43 6 614 1327 64 463 19 20 468 2.84

打撃成績[編集]

  • 通算成績:211試合、548打数110安打、本塁打9、打点45、打率.201

獲得タイトル・記録[編集]

  • アメリカンリーグ最優秀選手:1943年
  • 最多勝利:1943年
  • 最優秀防御率:1943年
  • ワールドシリーズ出場:4回(1941-1943,1947年)
  • オールスターゲーム選出:4回(1942,1943,1946,1947年)
  • 通算勝率:.717(MLB歴代2位)

脚注[編集]

  1. ^ Baseball Referenceリンクを参照(1000イニング以上及び勝敗計100以上の投手を対象とする)。

出典・外部リンク[編集]