ジェイソン・バルガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイソン・バルガス
Jason Vargas
カンザスシティ・ロイヤルズ #51
IMG 0026 Jason Vargas.jpg
2014年6月16日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡アップルバレー英語版
生年月日 (1983-02-02) 1983年2月2日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト2巡目(全体68位)でフロリダ・マーリンズから指名
初出場 2005年7月14日 フィラデルフィア・フィリーズ
年俸 $8,500,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイソン・マシュー・バルガスJason Matthew Vargas, 1983年2月2日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡アップルバレー英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズに所属。愛称はバルギー[2]

ニューヨーク・ヤンキースなどでプレーしたランディ・ベラーディ英語版叔父にあたる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2001年MLBドラフト43巡目(全体1273位)でミネソタ・ツインズから指名されたが、契約せずにルイジアナ州立大学へ進学。

2003年カリフォルニア州立大学ロングビーチ校英語版へ編入。そこでは後に再び同僚となるジェレッド・ウィーバーがいた。

プロ入りとマーリンズ時代[編集]

2004年MLBドラフト2巡目(全体68位)でフロリダ・マーリンズから指名され、プロ入り。

2005年7月14日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。

メッツ時代[編集]

2006年11月20日トレードで、ニューヨーク・メッツへ移籍した[3]

マリナーズ時代[編集]

2008年12月10日クリーブランド・インディアンスも含めた合計12選手が動く三角トレードにおいてシアトル・マリナーズに移籍した[4]

2010年からマリナーズの先発に定着し、2011年には初の二桁勝利を達成した。

2012年は自己最多の217.1イニングを投げ、チームトップの14勝を挙げた。

エンゼルス時代[編集]

2012年12月19日ケンドリス・モラレスとのトレードで、ロサンゼルス・エンゼルスに移籍した[5]

ロイヤルズ時代[編集]

2013年11月21日に4年3200万ドルでカンザスシティ・ロイヤルズと契約。

2014年は、ロイヤルズの先発ローテーションで1完封含む30試合に投げ、2年ぶりの二桁勝利となる11勝を挙げた。防御率3.71は、規定投球回到達/未達の関係なく、バルガスの自己ベストの値である。

2015年は、左屈筋の張りで5月8日5月26日復帰)と6月13日に15日間の故障者リスト入りし、7月21日に故障者リストから復帰したが、翌22日左尺骨側副靭帯断裂で三度15日間の故障者リストに入りした[6]。その後、トミー・ジョン手術を受ける事となった[7]。結局、鳴り物入りで加入した2年目は9試合の登板に留まった。

2016年、前年に受けた手術から復帰し、3試合に先発登板した。投げた試合数こそ僅かだったが、防御率2.25・WHIP0.92だった。

2017年は前年の投球内容そのままに開幕から安定した投球を見せ、前半戦をいずれもリーグトップとなる12勝・防御率2.62で折り返して自身初となるMLBオールスターゲームに選出された。オールスター後は調子を落としたが、最終的に18勝11敗・防御率4.16を記録し、自身初タイトルとなる最多勝利を受賞した。

投球スタイル[編集]

二種類の速球(フォーシーム、ツーシーム)を投げるが、球速は85~90マイル(136.8~144.8km/h)とMLBではかなり遅い部類に入る。変化球チェンジアップがメインで、左打者にはカッターも有効的に用いる。あまり多くないが、カーブも投げる[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 FLA 17 13 1 0 0 5 5 0 0 .500 325 73.2 71 4 31 4 4 59 0 0 34 33 4.03 1.39
2006 12 5 0 0 0 1 2 0 0 .333 213 43.0 50 9 30 3 4 25 2 0 39 35 7.33 1.86
2007 NYM 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 51 10.1 17 4 2 1 0 4 1 1 14 14 12.19 1.84
2009 SEA 23 14 0 0 0 3 6 0 0 .333 385 91.2 98 16 24 1 3 54 1 0 53 50 4.91 1.33
2010 31 31 0 0 0 9 12 0 0 .429 811 192.2 187 18 54 3 1 116 1 4 86 81 3.78 1.25
2011 32 32 4 3 1 10 13 0 0 .435 857 201.0 205 22 59 4 4 131 3 1 105 95 4.25 1.31
2012 33 33 2 0 1 14 11 0 0 .560 887 217.1 201 35 55 1 3 141 5 0 94 93 3.85 1.18
2013 LAA 24 24 3 2 0 9 8 0 0 .529 644 150.0 162 17 46 2 5 109 0 1 68 67 4.02 1.39
2014 KC 30 30 1 1 1 11 10 0 0 .524 790 187.0 197 19 41 4 6 128 1 1 82 77 3.71 1.27
2015 9 9 0 0 0 5 2 0 0 .714 183 43.0 46 5 12 0 1 27 0 0 20 19 3.98 1.35
2016 3 3 0 0 0 0 0 0 0 --- 47 12.0 8 1 3 0 0 11 0 0 3 3 2.25 0.92
2017 32 32 1 1 0 18 11 0 0 .621 756 179.2 181 27 58 2 5 134 6 1 84 83 4.16 1.33
通算:12年 248 228 12 7 3 85 81 0 0 .512 5949 1401.1 1423 177 415 25 36 939 20 9 682 650 4.17 1.31
  • 2017年度シーズン終了時
  • 太字はリーグ最高

タイトル [編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56(2005年 - 2006年)
  • 43(2007年)
  • 38(2009年 - 2012年)
  • 60(2013年)
  • 51(2014年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]