屈筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

屈筋(くっきん、英語:flexor muscle)とは、主に腕や脚などを曲げる時に使用される筋肉の総称。

最大の屈筋は大腰筋であり人間は大腰筋の発達によって二足歩行を可能にしている。 ヒラメ筋腓腹筋は屈筋であり人間の身体を支えている。 同様に大腰筋によって人間の身体は支えられている。

猫背や反り腰では大腿四頭筋や腰方形筋、脊柱起立筋、頭板状筋、僧帽筋などの伸筋群が緊張し、バランスがとれたリラックスした姿勢ではこれらの伸筋群は弛緩している。

バランスがとれたリラックスした状態では屈筋群は緊張はしていないが、やや張りがある状態で筒状に身体を支えている。

関連項目[編集]