デビッド・プライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デビッド・プライス
David Price
ボストン・レッドソックス #24
David Price on August 8, 2015 (2).jpg
2015年8月8日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州マーフリーズボロ
生年月日 1985年8月26日(31歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト1巡目(全体1位)
初出場 2008年9月14日
年俸 $30,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デイヴィッド・テイラー・プライスDavid Taylor Price, 1985年8月26日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州マーフリーズボロ出身のプロ野球選手投手)。MLBボストン・レッドソックス所属。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

デイヴィッド・テイラー・プライスはテネシー州マーフリーズボロで父デビー、母ボニーのもとに生まれた[2]。彼には2人兄弟がいる[2]。彼は幼少期に野球を始め、アトランタ・ブレーブスのファンで、外野手デビッド・ジャスティスがお気に入りの選手だった[3]。10代の頃、クーパーズタウン・ドリームズ・パークに通った。ブラックマン高等学校に進学し野球とバスケットボールで活躍した[4]。高校時代、防御率0.43、奪三振151を記録した。2003年と2004年にラザフォード郡MVPピッチャーに選ばれ、最終学年時にマイケル・アルコーンと共にコ・ディストリクト7AAAピッチャー賞、2002年から2004年の3年連続ラザフォード郡男子アスリート賞を受賞した。2004年、ニューメキシコ州アルバカーキで行われた高校全米選手権に出場した[2]

大学時代[編集]

2004年のMLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから19巡目に指名を受けるが契約せず、奨学金を受けてヴァンダービルト大学に進学した[5]ヴァンダービルト・コモドアズ野球部に所属し、3年間ピッチャーを務めた。

2012年

2005年の1年次、プライスは『ベースボール・アメリカ』誌と『コリジエイト・ベースボール』紙の両方から全米大学新人賞を受賞した。同年彼は2勝4敗、19試合中防御率2.86、奪三振92、6913イニングで投球した[2]。この頃はまだそれほど登板させられず、プライスは野球を辞めて地元のマクドナルドで働こうと考えるようになったが、ティム・コービン英語版監督に説得されて思いとどまった[6]

2年次の2006年に9勝5敗、防御率4.16、投球11013イニングを記録した。学校新記録となる155奪三振を記録し、四球はたったの43であった。シーズン最初の先発6回で彼はアーカンソー大学戦の17奪三振を含み平均10以上の奪三振を記録した[2]。同年、彼はゴールデンスパイク賞の最終選考の5人に残り、ロジャー・クレメンス賞では2次選考に入った[7]。全米大学野球記者協会、全米野球監督協会、サウスイースタン・カンファレンス(SEC)の全米チームに指名された[2]

3年次の2007年は11勝1敗・防御率2.63・194奪三振を記録し、前年に記録した奪三振の学校記録をさらに更新した。彼は13313イニングで投球し、全米の奪三振投手のトップとなった。SECでの最後の先発はミシシッピ州立大学戦であった。プライスは完投し、5ヒット、2ラン、11奪三振、フォアボールなしで9回になった。大学野球最後の先発はナッシュビル・リージョナルの初戦となるオースティン・ピー州立大学戦であった。9回5ヒット、1ラン、2フォアボール、17奪三振で終了した。大学野球最高賞とされるディック・ハウザー[2]、ブルックス・ウォレス賞、ゴールデンスパイク賞とロジャー・クレメンス賞の両賞を受賞した[8]

アメリカ合衆国代表チーム[編集]

2005年夏、プライスはアメリカ合衆国代表チームのピッチャーとなった。2勝0敗、5試合2823イニングでの防御率1.26、39奪三振、13フォアボールを記録した。2005年8月2日、ニカラグア戦で5ヒットのみ、完投完封した。2006年夏、キューバで行われた世界大学野球選手権大会に出場し、8回先発してプライスは5勝1敗、防御率0.20でチームに金メダルをもたらした[2]

ドラフト[編集]

2007年のMLBドラフトタンパベイ・デビルレイズから1巡目(全体1位)に指名を受け、8月15日に契約金560万ドルを含む6年総額850万ドルの契約を締結し入団。ただしこの契約には年俸調停権を得た場合に契約で定められた年俸を取り消して調停を受けることができる、という条項が加えられた[9]

レイズ時代[編集]

2008年はA+級・AA級・AAA級合計で12勝1敗・防御率2.30の好成績[10]を挙げてメジャーに昇格し、9月14日ニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビュー。5試合に登板して防御率1.93を記録し、チームは球団創設以来初の地区優勝。ポストシーズンのロースター入りを果たし、ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは3試合にリリーフ登板して相手打線を無安打に抑え、最終第7戦ではセーブを記録してリーグ優勝に貢献。一躍ヒーローとなった[11]フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズでは2試合に登板したが、チームは1勝4敗で敗退した。

2009年は開幕をマイナーで迎えたが5月に昇格し、5月30日ミネソタ・ツインズ戦で6回途中11奪三振の好投で初勝利を挙げた[12]先発ローテーションに定着し10勝7敗・防御率4.42の成績を残した。

2010年4月25日トロント・ブルージェイズ戦でメジャー初完封勝利を挙げる[13]など、前半戦で12勝4敗・防御率2.42の好成績[14]オールスターゲームに初めて選出され、リーグの先発投手を務めた。最終的にリーグ2位タイの19勝、同3位の防御率2.72を記録し、チームの2年ぶりの地区優勝に貢献。テキサス・レンジャーズとのディビジョンシリーズでは第1戦と第5戦に先発するが共に敗戦投手となり、2勝3敗で敗退した。サイ・ヤング賞の投票ではフェリックス・ヘルナンデスに次ぐ2位に入った[15]

2011年は初の開幕投手を務める。12勝13敗・防御率3.49と前年を下回ったが、リーグ最多の34試合に先発して218奪三振を記録。FIPなどのセイバーメトリクスの観点からは前年よりも優れた投球内容であったことが示されていた[16]。チームは9月にボストン・レッドソックスを逆転してワイルドカードを獲得。レンジャーズとのディビジョンシリーズでは第3戦に先発し、6回まで無失点に抑えたが7回に捕まって敗戦投手となり、チームは1勝3敗で敗退。

2012年は20勝5敗・防御率2.56・205奪三振を記録して最優秀防御率最多勝利ジェレッド・ウィーバーとタイ)の二冠を獲得。サイ・ヤング賞の投票では2位のジャスティン・バーランダーを4ポイントという僅差で抑えて初受賞した[17]

2013年は、出だしから大量にホームランを浴びた上、5月には審判とのいざこざで罰金を科されたほか、利き腕である左腕の筋肉を痛めてDL入りするという、どん底の状態でシーズン序盤を過ごした[18]。しかし、故障から復帰してからは調子を取り戻し、最終的には規定投球回に到達し、防御率3.33・10勝8敗という内容にまとめ上げ、元サイ・ヤング賞投手の実力を見せた。

2014年は、23試合に登板して11勝を挙げ、170.1イニングで189奪三振とハイペースで三振を奪った。

タイガース時代[編集]

2014年7月31日にレイズ、シアトル・マリナーズ間の三角トレードでデトロイト・タイガースへ移籍した[19]。タイガース加入後は11試合に先発登板し、防御率3.59・4勝4敗とやや調子を落としたが、相変わらずのペースで三振を奪った。最終的には、いずれもメジャー1位の248.1イニング・271奪三振を記録し、ア・リーグの奪三振王になった。なお、この年は全体的にピッチングに波があり、5自責点以上を喫した試合が7試合もあった[20]

2015年は、ジャスティン・バーランダーの調子が上がらない中、タイガースのエース格として21試合に登板。防御率2.53・9勝4敗・WHIP1.11と好投した。

ブルージェイズ時代[編集]

2015年7月30日にダニエル・ノリスマット・ボイドハイロ・ラボートとのトレードでトロント・ブルージェイズへ移籍した[21][22]。移籍後は投球内容が更に凄みを増し、11試合に投げて防御率2.30・9勝1敗という圧巻の内容だった。タイガースとの合算では、ア・リーグの最優秀防御率 (2.45) に輝いたほか、同3位の18勝・同2位の勝率.783・投球イニング数を上回る225奪三振を記録。ブルージェイズでは、プレーオフ進出に大いなる貢献度を示した。オフの11月2日にFAとなった[23]

レッドソックス時代[編集]

2015年12月4日、ボストン・レッドソックスと7年総額2億1700万ドルの契約を結んだ[24]。この金額は投手としてはクレイトン・カーショウを超え、史上最高額である。キャリアを通じてこれまでの背番号は「14」であったが、レッドソックスの背番号「14」は永久欠番(ジム・ライス)のため、「24」を着けることとなった。

投球スタイル[編集]

平均球速約151km/hのツーシームが約20%、ほぼ同じ球速のフォーシームが約35%ほどで、この2球種で55~60%を占める。また、最大の武器である平均球速137km/h程度のチェンジアップが約22%、約144km/hのカットボールが約10~15%、同様に約128km/hのカーブを約10~15%ほどの割合で投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 TB 5 1 0 0 0 0 0 0 1 ---- 57 14.0 9 1 4 0 1 12 0 0 4 3 1.93 0.93
2009 23 23 0 0 0 10 7 0 0 .588 557 128.1 119 17 54 0 4 102 2 0 72 63 4.42 1.35
2010 32 31 2 1 0 19 6 0 0 .760 861 208.2 170 15 79 1 5 188 5 3 71 63 2.72 1.19
2011 34 34 0 0 0 12 13 0 0 .480 918 224.1 192 22 63 5 9 218 2 0 93 87 3.49 1.14
2012 31 31 2 1 1 20 5 0 0 .800 836 211.0 173 16 59 2 5 205 8 1 63 60 2.56 1.10
2013 27 27 4 0 3 10 8 0 0 .556 740 186.2 178 16 27 0 3 151 6 0 78 69 3.33 1.10
2014 23 23 2 0 1 11 8 0 0 .579 689 170.2 156 20 23 1 5 189 2 0 68 59 3.31 1.05
DET 11 11 1 0 1 4 4 0 0 .500 320 77.2 74 5 15 0 0 82 0 0 32 31 3.59 1.15
'14計 34 34 3 0 2 15 12 0 0 .556 1009 248.1 230 25 38 1 5 271 2 0 100 90 3.26 1.08
2015 21 21 3 1 2 9 4 0 0 .692 592 146.0 133 13 29 2 3 138 3 0 68 59 2.53 1.11
TOR 11 11 0 0 0 9 1 0 0 .900 296 74.1 57 4 18 0 0 87 1 0 20 19 2.30 1.01
'15計 32 32 3 1 2 18 5 0 0 .783 888 220.1 190 17 47 2 3 225 4 0 70 60 2.45 1.08
通算:8年 218 213 14 3 8 104 56 0 1 .650 5866 1441.2 1261 129 371 11 35 1372 29 4 551 495 3.09 1.13
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 14(2008年 - 2015年)
  • 24(2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ David Price Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h David Price - 14” (英語). Vanderbilt Commodores (2014年). 2015年12月7日閲覧。
  3. ^ Art Davidson (2007年7月7日). “On Baseball: Paying the Price” (英語). The MetroWest Daily News. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  4. ^ Jeff Passan (2007年6月4日). “Price is right for Rays” (英語). Yahoo! Sports. http://sports.yahoo.com/mlb/news?slug=jp-price060407 2015年12月7日閲覧。 
  5. ^ Los Angeles Dodgers 2004 Draft Selections” (英語). Major League Baseball. 2015年12月7日閲覧。
  6. ^ “Young, Gifted And Black” (英語). Sports Illustrated. (2008年8月4日). オリジナル2009年3月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090304170918/http://vault.sportsillustrated.cnn.com/vault/article/magazine/MAG1143338/index.htm 2015年12月7日閲覧。 
  7. ^ Player Bio:14 David Price” (英語). Vanderbilt University. 2009年2月28日閲覧。
  8. ^ Brooks Wallace Award” (英語). College Baseball Foundation. 2009年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  9. ^ Keith Law (2007年8月16日). “Price to get $8.5M guaranteed from Devil Rays” (英語). ESPN. http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=2976365 2015年12月7日閲覧。 
  10. ^ David Price Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC. 2013年4月29日閲覧。
  11. ^ 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版2009年、36頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  12. ^ 2009 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。
  13. ^ 2010 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。
  14. ^ 2010 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. Sports Reference LLC. 2015年12月7日閲覧。
  15. ^ “Felix Hernandez of Seattle Mariners wins AL Cy Young Award” (英語). Associated Press. ESPN. (2010年11月19日). http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=5820623 2015年12月7日閲覧。 
  16. ^ CHART: David Price Dominated Clean-Up Hitters In 2011” (英語). Rays Index (2012年3月5日). 2015年12月7日閲覧。
  17. ^ David Price Edges Reigning Winner” (英語). BBWAA. 2015年12月7日閲覧。
  18. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、51頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  19. ^ “Detroit Tigers acquire David Price from Tampa Bay Rays in exchange for Drew Smyly, Austin Jackson and Willy Adames” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Detroit Tigers), (2014年7月31日), http://m.tigers.mlb.com/news/article/87318052 2015年12月7日閲覧。 
  20. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、108頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  21. ^ ブルージェイズがまた電撃トレード!! タイガースからD.プライスを獲得”. ISM (2015年7月31日). 2015年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月7日閲覧。
  22. ^ Tigers trade David Price to Blue Jays” (英語). ESPN (2015年7月30日). 2015年8月1日閲覧。
  23. ^ Transactions | bluejays.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月3日閲覧。
  24. ^ Quinn Roberts (2015年12月4日). “Price charms as Red Sox announce 7-year deal” (英語). MLB.com. 2015年12月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]